薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


【6・25】 「もう待てない!」 総理決断要求行動
■■■  薬害肝炎訴訟
■■  6月25日(月)13時~ 首相官邸前
■  「もう待てない!」 総理決断要求行動


3月の東京地裁の勝訴判決を受け、薬害肝炎訴訟の原告らは、早期全面解決を求めて、3日間の座り込みを行いました。

その結果、下村官房副長官が安倍首相宛ての要望書を受け取り、安倍首相の言葉として聞いて欲しいと断った上で、「政府と与党が一体となって、薬害肝炎問題の解決に取り組む」と約束していただきました。

しかし、3か月経過しましたが、いまだ解決策は示されていません。
むしろ、与党・自民党は、原告らの被害の声すら聞こうとせず、裁判では、依然として、争い続けています。
この間、原告の病状は日々悪化しています。
肝硬変に苦しみながら裁判を闘い続けてきた九州原告は、解決に手が届かないまま亡くなられました。

もう、時間がありません。もう、待っていられません。
その思いから、原告らは、全国から結集して首相官邸に赴き、直接、安倍総理に決断を求めることにしました。
ハンセン病国賠訴訟の控訴断念行動以来の、官邸前行動です。
弁護団も支援者もこれをサポートすべく、全国から結集します。

安倍総理に決断を求めるには、多くの人の声が必要です。
原告がこの行動をやり遂げるにも、多くの人の支えが必要です。
一人でも多くの人にご参加いただけますよう、心よりお願いいたします。

【スケジュール】
2007年6月25日(月)
  13:00      日比谷公園「かもめの広場」集合
  13:30      首相官邸へ向けて移動
  14:00      薬害肝炎訴訟原告による総理決断要求行動
    ~総理面談・決断まで


【問い合わせ先】
東京都新宿区新宿1-24-2長井ビル3階
オアシス法律事務所内 
TEL 03-5363-0138
FAX 03-5363-0139
薬害肝炎訴訟を支援する会・東京
[PR]
by kanen-relay | 2007-06-22 00:00 | 裁判日程・イベント
<< 6・25行動をめぐる報道 薬害肝炎解決のための再要請書 >>