薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


もう待てない!総理決断要求行動!!
6月25日、時折小雨が降りしきるなか、全国各地から約400人が首相官邸前に集まりました。
これは、3月30日に政府が与党一体となって肝炎問題の解決に取り組むことを約束したにもかかわらず、3ヶ月近く経った今でも目に見える進展が見られないことから、早期に解決に向けた取組をしてほしい、安倍総理にその決断をしてほしい、という再度の要請を行うためです。

1,自民党の中川政調会長との面談

13時15分、弁護団と原告団の代表6名が、自民党の中川昭一政調会長と面談しました。
面談のなかで、中川政調会長からは、党のプロジェクトチームに薬害肝炎問題を取り組ませる、という力強い言葉をもらうことができました。
また、面談をしているその場から塩崎官房長官に電話をかけ、「自民党でやる」ことを伝えてくれました。
短時間でしたが、実り多い面談となりました。

2,塩崎官房長官との面談

その後、13時45分過ぎに、全国弁護団代表の鈴木利廣弁護士と全国原告団代表の山口美智子さんが首相官邸に入りました。
参加者は、首相官邸の向かい側にある国会記者会前の歩道で待機し、交渉団の2人が出てくるのを待つことになりました。

この間に、民主党(仙石由人議員、山井和則議員、細野剛志議員)や社民党(阿部知子議員)の国会議員、そして薬害HIV訴訟原告の川田龍平さんが次々に応援に駆けつけて、激励や連帯の挨拶をしてくれました。

しかし、代表団の2人に対する塩崎官房長官からの返事は、政府を信じて待って欲しいというだけの、中身のないものでした。
険しい表情で官邸から出てきた山口さんは、「皆さんと目を合わせることができません。何か一つでも実現可能なことを具体的に言ってくださいと迫りましたが、自民党としても政府としても必ず取り組んでいくという言葉だけでした」と涙ながらに報告しました。

いまこの場で抗議の意思を表すべきではないかとの声も聞かれましたが、山口さんの「政府を信じていただくしかないという言葉をもう一度だけ信じてみようと思います」との言葉を受けて、支援者は報告集会に移動しました。

3,報告集会

その後日比谷公園内の「かもめの広場」で報告集会が開かれました。
東京、大阪、福岡等はもちろん、愛媛、滋賀、長野、熊本、京都、千葉等、裁判が係属している地域以外からの参加者も多く、運動の広がりが実感できる集会となりました。

4,今回の成果と今後求められること

残念ながら、今回は安倍総理の決断を得ることができませんでした。
しかし、自民党の政策決定責任者である中川政調会長が、解決に向けた取組みを約束したことは大きな成果です。
また、6月26日には、安倍総理が柳澤厚生労働大臣に「新たな措置を早急に協議し、訴訟問題についてもよく検討してくれ」と指示したとの報道もなされています。

短期間の取組であったにもかかわらず400人もの人々が首相官邸前に集まったことが、これらの成果を引き出す大きな力になったことは間違いありません。
直接的な抗議の行動をしていなくても、首相官邸近くに私たちがつくった長蛇の列は、政府・与党に強いインパクトを与えたことでしょう。

より幅広い人々がこの問題に対する政府や与党の動きに注目する状況を作り出すことこそが、解決を実現する最大の保証です。
7月13日に大阪高裁で開かれる期日が最初の大きな節目となります。

多彩な取組を各地で広げていきましょう!!

(東京弁護団・田中)
[PR]
by kanen-relay | 2007-06-27 00:00 | 東京から
<< 薬害肝炎全国原告団からのお礼 6・25行動をめぐる報道 >>