薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


Cの受難
最近出版・・・といっても、2007年2月に出版された書籍ですが、C型肝炎に関するおもしろい小説を読みました。辺見英「Cの受難」(新風舎、1700円)です。

書籍の帯によると、
C型肝炎、そのウイルスは長く体内に潜み、ある日、目を覚ます。
理不尽に奪われた150万患者の未来を、それぞれの手に取り戻すために―。
全世界に1億7000万人の感染者をもつ“静かな死病”
C型肝炎。新たな治療法と予防システムの構築に賭ける
女医・佳里陽子の苦闘を医療サスペンス!!

ということです。

・・・ですが、サスペンス!!というほど、不安をあおるような小説ではありません。肝炎専門医が主人公の小説で、小説としてふつうにおもしろく読んでいるうちに、C型肝炎の感染経路、肝硬変・肝がんにいたる病態、現在の治療法、肝がん発症の予防体制、新薬開発に向けての臨床試験など、ひととおり学べてしまいます。また、さまざまな肝炎患者、患者を取り巻く家族などの状況も描かれています。

難しい本はちょっと・・・という方でも、するする読めてしまうと思います。

毎日新聞の山形版によると、著者「辺見英」さんは、山形大学医学部の河田純男教授のペンネームだそうです。肝臓を専門とされる医師が著者というだけあって、なるほど、医療情報が豊富に盛り込まれているわけですね。

小説には、フィブリノゲン製剤により肝炎感染した患者(192ページなど)も登場し、薬害肝炎訴訟(226ページ)にも言及されています。そして、主人公の肝炎専門医や医局の医師たちが、薬害肝炎訴訟を熱心に取材する記者から、大阪判決について説明を受けるというシーンもあります(297ページ)。

このシーンを読むと、著者の方はきっと薬害肝炎被害者を応援してくれているんだなぁということを感じ、ちょっとうれしくなります。

みなさまも、ぜひ試しにお読み下さい。

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-07-15 00:00 | 東京から
<< 薬害肝炎東京訴訟・7月17日期... 薬害肝炎仙台訴訟 判決期日が決... >>