薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


野党代表との面談&大臣面談申入に対する回答
 薬害肝炎名古屋判決から2日目、薬害肝炎原告団・弁護団は、野党各党の代表と面談し、薬害肝炎訴訟の早期全面解決に向けた取り組みに直ちに着手することを、政府に働きかけをするよう、要請しました。

d0081819_2351169.jpg 14時、衆議院第二議員会館にて、社会党の福島みずほ党首と面談しました。福島党首からは、薬害肝炎問題の早期全面解決に向けて、「厚生労働大臣に対し原告と面談するよう早急に働き掛ける」「野党として全力を尽す。一緒にがんばりましょう。」とのメッセージをいただきました。
 右の写真は、山口美智子原告団代表が、福島党首に、要請書を手渡ししているところです。

d0081819_231256100.jpg 15時30分、新党日本党本部にて、田中康夫代表と面談しました。
 田中代表は、長野県知事時代に、肝炎治療の補助の制度を設けた実績もあることから、肝炎問題に対する理解も深く、「党として全面的に応援する。やれることがあったら教えてほしい。」という力強い言葉がありました。肝炎患者に対する治療費補助による医療費削減効果について、大変興味を示されました。

 16時30分、民主党党本部にて、小沢一郎代表と面談しました。小沢代表とお会いするのは、本年3月30日に座り込み会場(日比谷公園かもめの広場)に来訪いただいて以来、2回目です。
 小沢代表は、原告たちの訴えに真摯に耳を傾けてくれました。そして、「国の対応が決まらずにグズグズしている間に多くの方々が亡くなってしまった」と述べ、今後の薬害肝炎問題の早期解決に向けて、「立法化を目指していきたい」「法案成立に向けて頑張っていきたい」との決意を明らかにされました。
d0081819_23314496.jpg
  

 下の写真は、東京原告の浅倉美津子さんの被害経験を聞いているときの小沢代表です。表情に注目です。

d0081819_23334635.jpg

d0081819_2334936.jpg


 参議院は、今回の選挙で民主党が第一党になりましたから、小沢代表から、秋の臨時国会に向けての法案提出の決意が語られたことは、大きな意義があることです。
 ちなみに、本日の小沢代表との面談は、ニュースにもなっています(会場はメディア関係者でいっぱいでした)。
  ↓↓↓
毎日新聞朝日新聞フジテレビ
民主党のホームページもご覧下さい。
d0081819_0442116.jpg



 17時、薬害肝炎原告団・弁護団の代表メンバーは、昨日要請書を提出した厚生労働大臣への面談要請に対する回答を聞くために、厚生労働省の中へ。

 その間、厚生労働省前では、原告団・弁護団・支援者たちが、厚生労働省に対する抗議行動を行いました。川田龍平議員も駆けつけて、原告らとともに、厚労省に対する抗議の声を上げてくれました。d0081819_2346599.jpg


 18時少し前、一様に険しい表情をした代表メンバーが、厚生労働省から出てきました。結局、本日もまた官僚だけの対応であり、厚生労働大臣との面談はできませんでした。それどころか、黒川達夫大臣官房審議官は、「原告の声を私が聞いて、大臣に伝える」と言うばかりで、大臣は面談してくれるのか?という原告団の問いに対しては、yes/noの回答すらしないという不誠実なものでした。

d0081819_034128.jpg 原告団・弁護団は、厚生労働大臣が原告団に面談するのかどうか、8月7日(火)までにきちんと回答するよう、再度要請しました。
 左の写真は、厚生労働省の不誠実な対応についてメディアと支援者に説明する山口原告団代表です。

 司法は、国を4度も断罪しています。厚生労働省は、この司法判断を真摯に受け止めて、誠意をもって被害者の声に耳を傾けるべきです。

(弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-08-02 23:00 | 東京から
<< 今後の薬害肝炎の予定(8月~9... 厚労省前行動&報告集会のお知らせ >>