薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


薬害肝炎仙台判決後の記者会見
本日午後4時30分から、薬害肝炎弁護団・原告団は、東京霞ヶ関の厚生労働省記者クラブで、記者会見を行いました。

原告たちは、仙台地裁の不当判決に対し、「僕は仙台判決を楽しみに行ったのに、残念な日になりました。くやしいです」(東京原告8番)、「冷酷な判決でした。これまでの4つの判決を分かりながら、全く考慮せずに、あのような判決を出すのは冷酷です。やりたい放題の薬事行政を仕方ないとする判決では、薬害はなくなりません。仙台判決には、正義も真実も、全くありません」(九州原告の福田衣里子さん)、「仙台判決は、人間としての尊厳を無視しています。350万人の肝炎患者が一緒に闘おうという気持ちになっています。国会でも国民の問題であると理解し始めて、動き出しつつあります。そういうことを全く無視した判決です」(原告団代表の山口美智子さん)と、口々に怒りを訴えました。

東京原告の浅倉美津子さんの涙ながらのコメントです。
 今回は、女性の裁判官だから、きっとよい判決を出すと信じていました。しかし、法廷に入ってくる姿を見て、冷たいものを感じました。 国側の、官僚側の立場に立った不当な判決です。
 私たちは、慢性肝炎、肝硬変です。57歳で亡くなった人もいます。その姿を、あの裁判長は知っていたのでしょうか。怒りが込み上げてきて、具合が悪くなりそうです。4つの裁判所の判決に逆行する、時代遅れの判決です。
 重篤性も有用性も、私たちの主張とは全く逆です。私たちにとって、これからの活動に、強いものを奮い立たせました。
 不当な判決であると、みなさんのペンで書いて下さい。

[PR]
by kanen-relay | 2007-09-07 22:00 | 東京から
<< 仙台判決に対する各紙の評価 不当な仙台判決に対する声明 >>