薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


9月14日大阪高裁期日報告
 9月14日午後1時30分から,大阪高等裁判所で大阪訴訟第一陣の控訴審期日がありました。法廷は整理券を発行しなければならないくらいの超満員でした。

 まずは,国が申請していた証人(石井甲一氏・日本薬剤師会専務理事で厚生省の元官僚)の採否が問題となりました。

 国の代理人が一審原告側の意見書について反論したいと述べたため,この日は採否は留保となりました。しかし,続けて,裁判長は,証人の陳述書の提出ということで現時点では当裁判所は石井証人を調べる必要はないのではと考えているとも述べました。

 石井氏は,当時の厚生省の官僚であり,しかもフィブリノゲン製剤等に関与していたのも極めて限定的で,一般的抽象的な解説しか出来ないことは陳述書を見ても明らかです。当時の官僚が,国の裁判での主張を単に繰り返しても意味がないでしょう。国が固執するのは,単なる時間の引き延ばしです。裁判所もこのことを充分理解していますので,きっと証人採用はしないでしょう。

 その後,私たちが9月11日に和解勧告を求める上申書を提出したことを受けて,裁判所から和解についての考え方が示されました。

 その内容は,裁判所としても,判決より,より早期により妥当な解決が得られる可能性が高いので,和解による解決を望む。そして,できるだけ早期に当事者の和解に関しての希望を聞き,和解の可能性が全くないと考えれば和解勧告はしないが,少しでもその可能性があると判断した場合には和解勧告をするつもりであるというものでした。

 また,和解手続に入ることができたとしても,訴訟手続を並行してすすめることにより,いささかも和解の手続によって訴訟手続が遅れることのないようにしたいと思うとも述べました。

 さらに,口頭弁論後の進行協議でも,和解協議の進行について話になりましたが,裁判長は,双方から書面を出してもらっただけでは,和解の可能性はないということになるだろうから,その後の調整で考えさせていただきたいと思うと述べました。

 裁判長の話し方は淡々としたものでしたが,5つの地裁判決を通じて国・製薬企業の責任は揺るぎないこと,病状が進行していく被害実態を踏まえ,早期・全面解決すべきという裁判所の考えがひしひしと感じられました。

d0081819_11343672.jpg 口頭弁論後の記者会見も,ほぼ全てのマスコミが参加し,記者からは多くの質問が出て,活気のあるものでした。

 その後,報告集会に参加しましたが,立ち見が出るほどの満席でした。しかも土砂降りのなか座り込みを3日間続けた後であったにもかかわらず大阪の原告さんたちも多数参加しており,とても熱気にあふれていました。

 連日座り込みで現場に張りついていたのでヘトヘトでしたが,大阪高裁の熱意,大阪の原告・弁護団・支援者の活気を見て,とても元気づけられました。

(東京弁護団・中川)
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-16 00:00 | 東京から
<< HEARTS×薬つど ~薬害っ... 9月14日の大阪高裁期日に関する報道 >>