薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


HEARTS×薬つど ~薬害ってなんだろう?~
 9月15日午後1時から,国立オリンピック記念青少年総合センターで,薬害肝炎訴訟を支える東京学生の会(HEARTS)と全国的な薬学部生の組織である薬学生の集いとの共同企画「薬害ってなんだろう?」が行なわれました。

 この企画のねらいは,
・いかに薬害を起こさないようにするか
・どうすれば防げるか,もしくはどうすれば最小限まで抑えられるか
・薬を出す側,使う側,創る側から考えお互いの思うことを発表しあう
というものです。

 各団体の紹介が行なわれてから,薬害肝炎についてみんなで学びました。

 最初に薬害肝炎のビデオを上映した上で,私が今の医薬行政をめぐる状況や薬害肝炎訴訟の現状等について簡単に話しました。
d0081819_11421376.jpg その後,原告の久野郁子さん,原告17番さん,原告8番くんが,それぞれ自分の被害体験について話しました。参加した学生たちは,原告さんらの話を熱心に聞いていました。やはり,弁護士の話よりも,被害者の実体験に基づく訴えというのは,心に響くものです。

 そして,今までの学習会になかったのは,各団体の学生が薬害の再発防止に向けてプレゼンテーションを行なったことでした。行政の職務権限と責任の明確化,技官のあり方,承認と規制の分離,情報公開,教育,利益相反,安易な薬の使用の防止,日常的監視活動など,内容的にはまだ荒っぽいものではありましたが,基本的視点はズレていなく,よく調べて,考えていると感心しました。私は,学生時代に薬害エイズの原告支援運動に関わっていましたが,あの頃,こんなことまで考えていたかな?

 会が終わってからは,新宿で若い原告らを交えて懇親会をし,両団体の交流を深めていました。
 今後,参加した学生たちは,薬剤師,研究者,弁護士,報道関係など様々な道を進んでいくと思います。是非とも,一人でも多くの人が医薬品の安全に携わることに関わってほしいと思いましたし,その期待も持てました。

(東京弁護団・中川)

* 写真は、学生に話す東京原告・久野郁子さん
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-16 01:00 | 東京から
<< 滋賀県草津市での交流会 9月14日大阪高裁期日報告 >>