薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


9.17集会~今こそ最終解決・全患者の恒久対策を!
d0081819_1314050.jpg

 9月17日午後1時30分から、千代田区の星陵会館において、「薬害肝炎訴訟 報告・決起集会 ~今こそ最終解決・全患者の恒久対策を!~」を行いました。この集会は、9月7日に仙台地裁判決が言い渡されて全国5地裁の判決が全て揃ったこと、その後の座り込み行動等を経たこの時期に、判決の総括を行うとともに、肝炎対策を求めて行った運動の成果と今後の展望について報告し、話し合うために開いたものです。3連休の最終日でしたが、約120名の方々が参加してくれました。

d0081819_1291417.jpg 集会の第1部では、まず薬害肝炎東京弁護団の石井麦生弁護士から全国5地裁判決の総括、次にB型肝炎訴訟弁護団の奥泉尚洋弁護士から平成18年6月16日のB型肝炎訴訟最高裁判決について報告しました。会場からも活発な質問がなされ、B,C型肝炎訴訟双方の理解を深めることが出来たと思います。

 集会の第2部は、運動の到達点と今後の展望について、考えました。

 最初に、日本肝臓病患者団体協議会(日肝協)の高畠譲二氏より、全国の患者会が肝炎対策を求めて行ってきた活動、2006年に「ウイルス肝炎総合対策の推進を求める全国連絡会(肝炎連絡会)」を設立し、百万人署名や国会請願に取り組んできたことなどをお話いただきました。高畠さんは、「肝炎患者はもう待てないのです。」と訴えましたが、この思いは、薬害肝炎訴訟原告団も同じ、全国の肝炎患者の願いです。

 次に、薬害肝炎訴訟全国弁護団代表の鈴木利廣弁護士が、d0081819_1344042.jpgこれまでの運動の到達点、今後の展望について話しました。大阪高裁が和解へ意向を示していることをふまえ、司法と国会の圧力のもと、政府に政治決断させる時期にきていることを熱く話しました。原告も壇上に上がり、支援者への感謝、大阪高裁の和解勧告への期待、座りこみの成果などについて話しました。


d0081819_139583.jpg 国会議員からは、社民党党首の福島瑞穂氏が会場に訪れ、原告を力強く激励してくれました。そのほか、当日、民主党衆議院議員 仙谷由人議員、民主党参議院議員 梅村聡議員、民主党参議院議員 外山斎議員、日本共産党参議院議員 小池晃議員、日本共産党衆議院議員 高橋千鶴子議員より熱い激励メッセージが届きました。
さらに、全国各地から激励に訪れてくれた支援者が挨拶し、東洋大学社会学部教授の片平洌彦先生からも激励のお言葉をいただきました。

 集会の最後は、参加していた原告全員が壇上に上がり、薬害肝炎大阪弁護団事務局長の山西美明弁護士、薬害肝炎全国原告団代表の山口美智子氏が挨拶し、集会のテーマである「今こそ最終解決・全患者の恒久対策を!」を全員で大唱和し、熱気の中、閉会となりました。 

 集会後の懇親会では、原告、弁護団、支援者や学生が入り交じって語り合いました。懇親会には、ネットをみて当日かけつけてくれた方も参加してくれて、新たな支援の輪が広がりました。私も、支援者の人たちとじっくり話すことができ、とてもよい機会でした。原告、弁護団、支援者や学生がお互いの理解を深め、より密に連帯して活動していきたいものです。

(東京弁護団・三枝)

d0081819_148219.jpg

[PR]
by kanen-relay | 2007-09-21 00:00 | 東京から
<< 仙台判決を受けて 民主党、肝炎対策で法案をまとめる >>