薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


薬害肝炎講演会&10月30日裁判期日など
10月13日に、北海道肝炎友の会はまなすの会主催、薬害肝炎訴訟を支える会・函館共催により、医療講演会が開かれます。薬害肝炎原告団・弁護団の原告・弁護士も、薬害肝炎についてお話にいきます。函館方面のみなさま、ふるってご参加下さい。

日時:2007年10月13日(土) 午後5時~8時
場所:函館市地域交流まちづくりセンター 2F 市民交流フロア
    函館市末広町4番19号 (十字街、旧丸井デパート跡)
    TEL:0138-22-9700


講演会の詳細やお問い合わせ先については、北海道肝炎友の会はまなすの会のホームページをご覧下さい。


10月16日18時からは、新潟市内にて、新潟の医学生さんたちによる肝炎訴訟学習会が開催される予定です。東京原告の平井要さんがお話されます。


10月30日10時からは、東京地方裁判所で弁論期日が開かれます。
東京地裁の場所はこちらをクリックして下さい。1階の103号法廷です。
毎回、裁判の始める30分くらい前に裁判所前集会を集会を行っています。詳細が決まりましたら、期日後の報告集会の場所と併せてお知らせいたします。

10月30日午前10時から東京訴訟第2陣の弁論手続が行われます。
今年6月19日に新しく提訴した3名の原告の第1回期日になります。

■原告番号40番意見陳述
■原告代理人鈴木利廣弁護士の意見陳述(5地裁判決を踏まえ、全面解決に向けた運動論的視点からの意見陳述になります)

弁論手続後、代理人の一部が別室に移り進行協議(責任論の争点に関するプレゼンテーション)を実施する関係上、弁論の時間は30分程度になりますが、意見陳述をする原告を傍聴席から励ましてあげて下さい。

従来どおり、弁論手続後に報告集会を実施しますので、こちらへのご参加もお願いいたします。報告集会の場所は決まり次第お知らせします。

みなさんの傍聴を是非お願いいたします。

(東京弁護団事務局長・福地直樹)

[PR]
by kanen-relay | 2007-09-26 00:00 | 東京から
<< HEARTS×薬つど企画~主催... 鈴木利廣代表の報告~07091... >>