薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


舛添厚労大臣の会見発言を見よう!
 舛添要一厚生労働大臣が薬害肝炎についてどのように考えているか?
 これは、薬害肝炎原告団・弁護団のみならず、支援者の方々も注目しているところだと思います。

 弁護士たちは、「舛添大臣が記者会見で~と言った」とよく話していますが、舛添厚労大臣の記者会見発言は、Webで読むことができます。厚生労働省HPの大臣等記者会見に掲載されるのです。
 厚生労働省では、大臣の記者会見を毎週2回(通常、火曜日と金曜日)行っています。記者会見の何日か後にチェックすると掲載されています。

 平成19年8月27日(大臣就任記者会見)以降が、舛添厚労大臣の会見です。8月27日の記者会見では、薬害肝炎問題について言及はされていませんが、その後、8月28日、9月7日、9月11日、9月18日、9月21日の会見では、薬害肝炎について発言しています。

 いちばん最近の記者会見は、9月26日にありました。本日現在、まだ厚生労働省HPには掲載されていませんが、弁護団が入手した情報によると、次のような内容ということです。




 長文ですが、薬害肝炎に関する部分を全文掲載いたします。ポイントになる発言には下線部を引きました。

(記者)
昨日も、訴訟問題について触れられて、年内解決を目指すと、そういう趣旨の発言をされていましたが、年内解決というのは、例えばどういう手法が考えられるのでしょうか。
(大臣)
まず支援策、いろんな形で考えられる。予算の裏付けが必要ですけれども。野党からも原爆症にしても肝炎にしても、なるべく協力するから解決の方法模索してくれという申し出が既にあります。もちろん与党PTからもあります。従って支援策については、国民の皆さんの合意を頂く、国会の場で同意頂く、そうすれば財源の問題も含めて色んな措置が打てると思います。問題は訴訟の方ですね。まあ、これはその判決が様々である、でC型肝炎についてはこの前国が勝訴というのが出ました。従って、いろんな利害関係者がいる。それをどういうふうにして調整するのか。訴訟についての和解であり、妥協であり、一つの解決、つまり、これ以上訴訟は致しませんというのを、両方のサイドがきちんと合意するっていうのは、ある意味で政治決着になるわけです。そこから先はどっち、こっちが勝訴、こっちが敗訴って言わないってことなんで。そういう妥協できるだけの条件が整うのか。これは国側だけの問題じゃありません。例えば、それぞれの訴訟に同じC型肝炎でも異なった弁護団が付いている。その弁護団の中でも考えが異なる。じゃあどうするんですか。国は一つですから。政治的決断含めてダイナミックなことはできるし、やりたい、と思っていますが、相手がいる話です。どうか相手の方々も、小異を捨て大同につくという形でご判断なさって頂けば、これはかなり前進できるかなと思っていますけれども、こちらが旗が振っても、相手がある話ですし、相手も言い分あるでしょう。で、相手が一人なら非常に話がしやすいですけれども、複数あるということと、それから微妙な違いが原告の方と原告側の弁護団の方でもあるでしょうし、そういう問題を一つ一つクリアにしていくことができるかどうかと。私はやるための努力は尽くしたいと思っていますけれども、今はそういう状況です。が、そういう和解なり妥協なり、一つの解決策、訴訟について促進させるためにも、何とか年内にやりたいとどなたかが声を挙げた方が、はるかに条件が整うなと。やみくもに何でもやるということではないですけれども、今、私が判断している状況というのはよくご理解できてるように、非常に難しい、色んな方がいるから。だからぜひ皆さん協力してそういう方向に行きましょうよという提言も兼ねて、そういうことを申し上げています。
(記者)
何か、協議の場を設ける意志とか。
(大臣)
いや、それも含めて。私は調停者ではありません。国の代表です。で、原告の方々も国と対立している方々です。だから、サードパーティーというか、第三者の調停する人がでないといけないですけれども、それはこちらから云々というわけには。私の立場から言うわけには。片一方の立場を代表してますので、非常に言いにくいですけれども、あらゆる手を尽くしたいと考えています。
(記者)
大阪高裁で和解の提言が出たが、その件については。
(大臣)
裁判所が完全に調停できるだけの権能と、そういうことの政治力持っているか期待していいかというのがございますんで、しかし、それもまた一つのきっかけになりうることですから、真剣に検討したいと思っています。(記者)
訴訟では国としてスタンスは固まっているが、相手がバラバラであると。つまり相手次第ということか
(大臣)
いや、そういうことではなくて。何らかの、和解はできませんか、妥協はできませんか、解決はどうですかというときに、相手がある話なので、こちらだけがどうであったって、相手にも努力してもらわないといけない。例えば、特にC型肝炎は直近の判決は国が勝訴ですね。国が勝ちましたと。だけど、全面的に国が悪いから、100%あなただめですよというのは、判決の趣旨から言っても受け入れがたい形になる。司法の判断はなんだったのかということになりますから。司法に行政が介入するわけにはいきません。これは基本的には与党のPTに任せてある。与党のPTできちんと議論してください。その与党のPTと国も議論をやってます。それから、野党の意見もきちんと聞いています。その中であえて厚生労働大臣としてどうですかと聞かれたら、私は年内に解決する方向を模索したいと、こういうことであります。ただ、国がいくらどうやったって、相手がある話ですということです。それに尽きると思います。
(記者)
C型肝炎訴訟の大阪高裁の和解の提言。回答期限は来月15日だが、対応は固まっているのか。
(大臣)いやまだ固まってません。これも含めて検討します


 「それぞれの訴訟に同じC型肝炎でも異なった弁護団が付いている。その弁護団の中でも考えが異なる。」っっっって?!?
 弁護団から見ると???な発言ですが…

 大臣等記者会見を、ブラウザのお気に入りに登録して、今後も、舛添厚労大臣がどんな発言をするかチェックしていきましょう!

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-27 00:00 | 東京から
<< 原告団、民主党・小沢代表と3度... 薬害肝炎講演会&10月30日裁... >>