薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


原告団、民主党・小沢代表と3度目の面談
すでに報道されているとおり、薬害肝炎原告団・弁護団の代表らは、本日午前、民主党の小沢一郎代表と面談しました。東京原告の浅倉さんからの報告です。

本日、民主党小沢一郎代表との三回目の面談が叶いました。

最初に小沢代表とお会いしたのは 東京判決直後の座り込みの現場に激励に来て頂いた時でした。そして参議院選挙後に肝炎対策の立法化をお願いした面談でも、責任をもって立法化する、と言って頂けました。

その立法化に向けて今日案が示され、小沢党首から「参議院に法案を提出して成立に向けて頑張っていく」との発言を頂きました。小沢党首は「あなた達の頑張りのお陰で」といった労いの言葉もかけてくださり、短い時間でしたが、強固な決意を述べてくださいました。山口さんは「肝炎患者全体の支援措置として考えて頂けて、感謝してる」と述べられました。

きょうはマスコミも沢山来てましたが、私達原告の代表である山口さんは、全く物おじせず、しっかり民主党をたてて的確に返答してらっしゃいました。私は山口さんの隣りで、ここまできた事に感激して涙が止まりませんでした。

参議院で可決されても衆議院がどうなるかわかりませんが、でもこれが和解への後押しになる!と山西弁護士も言ってましたので治療体制や訴訟の解決にも大きな一歩になったのではないでしょうか。

私は今後もこうした活動に頑張って行きます。
皆さんもどうか見守っていてください。

(東京原告・浅倉美津子)


民主党のHPは、上記模様を写真入りで報じています。



時事通信
2007/09/28-12:34 肝炎対策法案、来月2日に提出=「実現へ全力」と小沢代表-民主

産経新聞
B型・C型肝炎の法案を参院提出へ 民主党
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-28 00:00 | 東京から
<< 民主党 特定肝炎対策措置法案を提出 舛添厚労大臣の会見発言を見よう! >>