薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


TVタックル → ニュースジャパン → 10日与党PT
みなさん、本日のビートたけしのTVタックル(テレビ朝日)をご覧になりましたか?

肝炎問題が取り上げられました。
画面右下にはちゃんと「肝炎対策はなぜ遅れたか」というクレジットも。

政治評論家の三宅久之さんは、「厚生省の不作為によって、患者が広まったことは事実。患者が多くなったということだけで、インターフェロンをやれば治るといわれているのに、二の足を踏んでいるのは、与党の怠慢だ!」と鋭い指摘。

これに対し、自民党の大村秀章議員が「与党で1年間やってきた」と反論したところが、三宅さんのほか、民主党の山井和則議員らから、口々に、「やってないですよ!」「結論出てないじゃないか!」「1日に120人の肝炎患者が亡くなっているんですよ!」など大反撃されました。

三宅さんから、「(肝炎問題は与野党間に)決定的な対立点はないんだから、話し合ってやればいいんですよ」という筋の通ったご指摘があり、議論は終了しました。

三宅さんのおっしゃるとおりです!!三宅さんは、ご自身のブログでも、薬害肝炎問題の解決に言及されています。

その後、フジTVのニュースジャパンでも、肝炎特集です。
こちらでも三宅さんはコメントをされていました。
また、自民党の萩生田光一議員もインタビューに応じておられました。番組で、チラっとうつった萩生田議員のブログはこちらです。

さて、明後日10日午後は、自民・公明両党の肝炎対策に関するプロジェクトチーム(PT、座長・川崎二郎元厚生労働相)による公式ヒアリングです。
川崎座長は、これまで一度も、薬害肝炎原告被害者たちと面談して、薬害肝炎被害の実態を聞いたことがありません。今回が初めてです。明後日のヒアリングで、どう被害を受け止め、そして政策を実現していくのか。

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-10-08 00:00 | 東京から
<< 全国原告団・弁護団、和解骨子を提出 10月30日東京地裁第2陣期日 >>