薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


全国原告団・弁護団、和解骨子を提出
 ブログ更新が滞っておりましたが、薬害肝炎にとっては様々なことがあった1週間でした。

 10月15日、薬害肝炎全国原告団・弁護団は、大阪高等裁判所に、和解骨子を提出しました。

 この和解骨子を作り上げるまでに、東京・大阪・福岡・名古屋・仙台の各地域の原告団では、それぞれ原告団会議を開き、原告ひとりひとりの意見を伺いました。当日会議に出席できなかった原告については、担当弁護士を通じてそれぞれ個別に意見を伺い、和解に向けての意思を確認しました。そして、10月13日の全国原告団会議で、和解骨子を確定し、15日の提出にいたったものです。
 つまり、この和解骨子は、全国の原告たち全員の総意が反映されたものです。

 薬害肝炎を日頃からご支援いただいている皆さまの中には、和解骨子の内容をぜひ知りたい!と思われている方も、おられると思います。そのお気持ちは大変うれしく思っているのですが、裁判所からの指示により、皆さまに内容をお知らせすることができません。

 しかし、この和解骨子を実現していくためには、原告たちを応援しているという支援者おひとりおひとりの声が大阪高等裁判所第1民事部の裁判官に届くことがとても大事です!ぜひぜひ、原告たちをバックアップして下さい。よろしくお願い申し上げます!!

 国が和解案を提出するかどうかについても注目されていましたが、15日午前中に、国も、大阪高等裁判所に意向を伝えたとのことです。

 大阪高等裁判所の次回期日は11月7日(水)午後1時30分です。お近くの方はぜひ法廷傍聴をお願い致します。





 さて、和解骨子を提出する前の10月10日には、与党の肝炎対策に関するプロジェクトチーム(座長・川崎二郎元厚労大臣)によるヒアリングが開かれました。

 これまで川崎二郎座長は、薬害肝炎原告被害者たちからの訴えを直接聞くことがありませんでした。今回の与党PTで初めて被害者たちの声を聞いたということになります。

 山口さん、桑田さん、浅倉さん、金田さん、武田さん、大阪原告のご遺族、東京13番さんご遺族、福田さんの全国8名の原告はそれぞれ、PTメンバーの国会議員の方々に対し、自らの被害を訴えました。
 鈴木利廣弁護士からは、与党PTの議員の方々に面談できるまでに15ヶ月掛かったが、全面解決のために政府を動かしてほしいとして、原告団・弁護団の要望を伝えました。

 与党PTは、原告団・弁護団が話をした最初の25分以降は非公開でした。しかし、その後の報道によれば、インターフェロン治療の治療費助成に関する具体策を10月中にまとめるということが決まったということです。もっとも、訴訟については注視していくという回答にとどまりました。

 翌11日には、衆議院予算委員会において、民主党の山井和則議員が薬害肝炎問題について質問しました(国会質問については衆議院ビデオライブラリの平成19年10月11日予算委員会・山井議員質問の44分からご覧下さい)。舛添厚労大臣は、全力をあげて支援する体制をつくりたい、年内にでも与党に支援策をまとめるよう言っていると答弁しています。

 毎日120人の肝炎患者が亡くなっているという現状をふまえ、与党PTと政府には全速力で支援策を実行していただきたいものです。 

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-10-17 00:00 | 東京から
<< 薬害肝炎418問題!! TVタックル → ニュースジャ... >>