薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


薬害肝炎418問題!!
 薬害肝炎418問題については、9月15日のブログにてお伝えしました。ここでもう一度復習すると・・・
 フィブリノゲン製剤投与患者のうち、418名の住所と氏名を、製薬企業が把握している可能性が極めて高いにもかかわらず、国と製薬企業は、患者に対して、これまで製剤投与の事実を告知していない

・・・という問題です。大阪原告16番さんの投与事実に関する立証過程において、この問題が明らかになりました。

 大阪原告16番さんは、ベネシス社に対し、個人情報開示請求をしました。開示請求に対する回答書によると、製薬会社は、患者の氏名・住所のみならず、投与年月日、投与量、投与医療機関名、投与医療機関からの副作用報告の内容まで把握していたのです。

 フィブリノゲン製剤投与により肝炎感染をした患者の姓名等を把握しているにもかかわらず、患者本人には告知をしない。告知しなければ、患者本人は気づかず、治療が遅れるおそれがある。
 少しでも患者の生命健康に対し目を向けていれば、告知をしないという方針を選択する余地はなかったはずです。

 この418問題について、一昨日10月16日午前の参議院予算委員会において、民主党の福山哲郎議員が追求しました(国会審議については、参議院インターネット審議中継からご覧下さい。福山議員質問の5分頃からです。)。
 舛添厚労大臣は、418名のフィブリノゲン製剤投与患者本人に対して告知をしていないことを認め、メーカーに対して患者を特定するよう十分な対応をしていなかったという認識を示しました。また、福田総理大臣は、「私が良いの悪いのをいうのは難しいが、結果として、こういう事態が生じたことはよく考えていかなければいけない」と述べました。

 16日午後、薬害肝炎原告団・弁護団は、厚生労働省に対し、418名の肝炎感染被害者らに対し、緊急に感染及びフィブリノゲン製剤の投与について告知をし、病状及び治療状況の実態調査を行うことを求める抗議及び緊急要請書を提出しました。

 そして、17日の民主党厚生労働部門会議において、厚生労働省は、製薬企業がフィブリノゲン製剤による肝炎感染被害者の一部の姓名等を知っていたことについて、2002年の段階で、国も知っていた可能性が高いことを認めました。 

 1987年の青森県三沢市集団感染事件のときにも、読売新聞報道という外圧により厚生省は動き始めた訳ですが、それから20年経った2007年に至っても、国会質問やメディア報道という外圧がなければ、厚生労働省は動けないのでしょうか。

 この418問題については、16日と17日の報道ステーションにおいても、大きく取り上げられました。

(東京弁護団・まつい)

 418名リストのうち、368名の方については、フィブリノゲン製剤が投与された可能性のある日付が分かってい ます。薬害肝炎全国弁護団のホームページで、投与日を確認することができますので、ご参照下さい。

[PR]
by kanen-relay | 2007-10-18 00:00 | 東京から
<< 薬害肝炎418問題:抗議及び緊... 全国原告団・弁護団、和解骨子を提出 >>