薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


参議院厚生労働委員会を傍聴して
 10月13日(日)全国原弁会議から2週間。この2週間で薬害肝炎に対するマスコミ報道が激変したと思います。418リスト(命のリスト)問題が国会で取り上げられたからです。

 10月24日(水)の衆議院厚生労働委員会については「論戦がほぼ薬害肝炎一色になった」と報じられました。
 そして、10月25日(木)午前9時から、原弁支17名で民主党が与党となった参議院厚生労働委員会を傍聴しました。筆記具とメモ帳以外はすべて院内のロッカーにしまい、金属探知機のゲートをくぐり、配られた赤いリボンを左胸につけ進みました。このあたりまでは、みんな和やかに談笑しながらでしたが、一歩委員会室に入ると「一言も聞き逃さないぞ!!」とみんなの顔が厳しい表情に変わりました。

 民主党の家西議員は、自らの薬害HIV訴訟での経験を基に、厚労省の隠ぺい体質と厚労省が「国民の命と健康を守る」という職務を果たしていない事など、当時と全く変わっていないことを述べられました。フィブリノーゲンがフィブリノゲンとたった-(ハイフン)がなくなっただけで、医薬品再評価を逃れ、新薬として認められた事実を具体的に聞いた舛添大臣は、どう感じたのだろうか。こんな事が許されている厚労省の体質と製薬企業との癒着を本気で失さなければいけないと思っただろうか。

 2002年当時、医薬安全対策課長だった黒川達夫審議官は、リストについて問われた時、「リストに関して認識はなかった」「リストには関わっていない」と答えました。厚労省の役人はどこまで命の大切さを軽視するのか。「命より守るべきものは一体何なんだ!!」「あなたの息子が、愛する家族が投与されていたら、そんなに平然とした態度でいられますか。」と大きな声で叫びたくなりました。

 委員会で舛添大臣は、「全部、すべて、洗いざらい出します。厚労省の膿を出し切る!!訴訟も年内一括解決に向けて全力を尽す」と発言しました。この言葉が必ず実現するまで、原告として闘います。

 支援の皆様、どうぞこれからも私達原告を支え続けて下さい。よろしくお願い致します。

(九州原告19番の母)

[PR]
by kanen-relay | 2007-10-28 00:00 | 九州から
<< 薬害肝炎 418 リスト問題~... 衆議院厚生労働委員会での追及 >>