薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


薬害肝炎 418 リスト問題~原告たちの思い
d0081819_22313965.jpg

 20数年前の418名分の命のリストが倉庫から出てきた事は国、厚労省のずさんさの現れで、私達国民の命を何も考えていなかった事が、これではっきり見えたし、腸が怒りで煮えくり返っています。国、製薬会社はいったい何人を見殺しにしたら気が済むのか。親子三代の人生の希望、道をを滅茶苦茶にした事は許されない。少しでも健康で生きる時間がほしい、一刻も早い解決を望む。
(東京原告1番)


 リスト問題を聞いた時、もう怒りを通り越して情けなく思ってしまいました。大切な命がかかっている事なのに…隠していたとしか考えられない。そうまでして守らなければいけない物とは命より大切な物なのでしようか? 国(官僚)は、国民の命を守る責務が有る事を今一度認識しなをし国民の立場に立って物事を考えて欲しいと思います。
(東京原告2番)


 近頃の報道を見ていると、国や製薬会社はお互いに責任をなすりつけているようにしか思えません!人の命を軽視し過ぎで怒りを通り越して、恐ろしさまで感じています。普通に生活している人をウィルスに感染させたこと。そして、その人の人生を滅茶苦茶にした事。こんな恐ろしいことをしても国や製薬会社の人たちは非を認めないんですか…
(東京原告3番)


 今回の一連のリスト問題については、なんだか聞いた時に「あぁやっぱりな」と思いました。私は裁判が開始される前に当時三菱ウェルファーマに要望書を提出に行きました。資料があるなら出してください、というお願いです。
 その時、色々と言葉を濁していたのを今も忘れていません。当時はとても腹が立ったのは憶えています。
 そして、厚生労働省。何度も何度も同じ事を繰り返して。。。。。教訓を生かすという言葉を知らない、悲しい人たちですね。
 私は、怒り、というのを通り越してしまいました。なんなんでしょうね?この国というものは。
 もちろん怒りを通り越したからといっても、許しているわけではないですが。
 ただ、あきれるばかりで。
(東京原告5番)


ふざけんな厚生労働省!!!
 自分自身も病気で、C型慢性肝炎だし、抑うつ神経症だし、家族も障害を持っているので福祉のお世話になっているので、国民の「健康」と「福祉」を預かる中央省庁にこんなことは言いたくありません。
 でも、言います。ふざけんなと。
 おまえらは、「あなたの血液は、ウィルスで汚染されていますね。」と医者から言われた俺の気持ちがわかるか。
 そして、現在、身体が悪くなった両親に頭を下げながら治療費を捻出してもらっている27歳の俺の気持ちがわかるか。就職試験を受けても、絶対に健康診断でひっかかって精密検査をやらされる俺のむなしさがわかるか。
 お前らは、しらを切り続ければ何もなくて済むと思っていたし、思っているかもしれないが、俺はこんなに苦しんでいるんだ。そして、俺の大切な仲間である原告は、大好きで大好きでたまらない母親をC型肝がんで失っているのだ。ばかやろう。
 絶対おまえらはわかっていたし、隠していた。それは間違いない。
 それが官僚のやり方なのかもしれない。
 くだらないとお前らが思っていた事務書類みたいなもので、こんなに傷つく人たちがいっぱいいるんだよ。
(東京原告11番)


 亡姉はいま、(私はおこっている。わたしはこんな風になりたくはなかった。私は生きていたかったのに・・・)と。すごくきびしい顔をして・・。
 本当はチャプリンが好きで、第九を真剣に歌い、マーラーやショパン、歌謡曲どの音楽にも心を通わせ、楽しそうに子供と熱いお茶を片手に団欒をしていた人なのに。哀しそうに無言の怒りを投げかけています。
 この思いを子供たちも私たち姉妹も体一杯に痛いほど感じているこのごろです。 思いを通じさせる為、やらなければ・・・。
(東京原告13番の上姉・妹・子供たち)


怒り
 厚労省の官僚は当時の資料を見つけるのに2日か3日不眠不休をして精一杯がんばったといいます。私達の20年以上の苦しみに比べたら「そんなもん」と言う感じです。もうこれ以上の精神的な不眠不休から、私達を休ませてください。
(東京原告・浅倉美津子)


 国民がこんなに苦しんでいるのに418人のリストが出てこなかったら、ずーっと、国・厚生労働省は悪くないと言わんばかりに謝罪せずにしらん顔をしていたでしょう。国・厚生労働省・製薬会社が悪くなければ誰が悪いのか教えてほしい。自分がかってにこんなたいへんな病気になったとでも言うのか!ゆるせない!私には時間が残されていない!早く謝罪してほしい。
(東京原告・平井要)

[PR]
by kanen-relay | 2007-10-28 12:00 | 東京から
<< フィブリノーゲン資料に関する調... 参議院厚生労働委員会を傍聴して >>