薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


「命のリスト」に関する意見陳述など
本日10月30日、東京地裁において第2陣の期日が開かれました。

原告40番さんが自ら被害を訴えられました。
 職場で病気のことを話したところ、「同じコップを使うと病気が移る。」などと言われたのです。私は、こんなことを言われて辛い思いをするくらいなら言わないほうがよいと思い、それからは人に病気のことを話さなくなりました。

 (インターフェロン)治療の副作用は辛いものでした。治療中は食事が喉を通らなくなって6キロも痩せ、38度の発熱に苦しみました。退院後も、微熱と食欲不振が続き、髪の毛もごっそり抜けました。体力もなくなってしまい、通院のために駅へ行ったものの、駅の階段が上がれなかったこともありました。
 (中略)このような辛い思いをして受けた治療でしたが、残念ながら私の体からC型肝炎ウィルスは無くなりませんでした。あれほどの辛さに耐えて頑張ったのに治らなかったことを知ったときは、ショックとか悲しいなどといった言葉では表現しきれない、やりきれない気持ちでした。

 次男の出産の際に肝炎に感染したことを知ると、長男が次男に対して、「お前のせいでお母さんは病気になったんだ。」と言ったことがありました。私は、「違うんだよ。お前のせいじゃないんだよ。」とあわてて言いましたが、子どもが自分のせいだと考えることが一番辛いことです。

   (原告40番さんの意見陳述より引用)



 弁護団の石井麦生弁護士は、命のリスト418問題について、鈴木利廣弁護士は、5地裁判決にみられる国の責任について、意見陳述を行いました。
 弁護団の意見陳述書をご覧になりたい方は、全文をPDFファイルでアップいたしましたのでここをクリックしてダウンロードして下さい。
 期日の30分前から、東京地裁前でミニ集会を開きました。参議院議員の川田龍平議員がミニ集会にかけつけていただき、法廷も傍聴されました!

d0081819_23122413.jpg

[PR]
by kanen-relay | 2007-10-30 12:00 | 東京から
<< なぜ薬害は起こったか(上) 東京地裁の期日~10月30日(火) >>