薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


418人の命のリスト と 宮島彰理事長
 最近、夜のニュース番組を見ているとよく薬害肝炎の4文字を見るようになりました。418人の命のリストの問題が追求されればされるほど、官僚の態度が見えてきます。

 個人的な出来事としても、たまたま官僚の態度を伺える機会がありました。

 10月初旬のある日の午後。私と東京原告17番さんで、財団法人 医薬品医療機器機構(以下、機構と略します)の新人研修会に行きました。

 新人研修会の時間をお借りして、私たち薬害肝炎原告団や他の薬害の被害者が薬害の被害についてお話をしました。

 計2時間くらいの講演だったと思います。機構の職員の方々、特に新人の方は熱心に聴いていたように感じました。こういう直接薬の審査に関わっている人に被害を話す機会は少ないので、光栄に思っていました。

 私たちの講演が終わった後、機構の宮島理事長が感想を述べました。

 たしか、「私たちの業務は医薬品の安全性とニーズという非常に難しい判断を強いられる部分がある。…私たちの業務は仕事に追われてしまいがちである側面があるが、こういう被害者の言葉を頭のどこかに入れながら仕事をしていかなければならないと思った。」といった内容だったと思います。

 この日はまだ、418人の命のリストの問題はマスコミに大きく取り上げられる前でした。

 後日、418人の命のリストが大きく報道されるようになり、私はテレビを見て愕然としました…

 それは、2002年に418人の命のリストを製薬企業から報告を受けながらも、該当者に対してなんら対策を取らなかった当時の厚生労働省の担当局長が、機構の宮島理事長だったからです。

 彼は、自ら薬害の被害を増大させたにも関わらず、私たちの前では平然と慰めのような言葉をかけることができるんですね。

 しかも、インタビューでは2002年当時のことは覚えていないの繰り返し…

 ブラウン菅の前で彼を見ると非常に腹立たしい気分になります。

 正直なところ、これが官僚なのかなと思ってしまいました。(もちろん、彼みたいな人ばかりが官僚じゃないと思いたいですが…)

 とにかく、今の厚生労働省の態度を見ているとあきれます。

 本当に早く国には動いてほしいんです。

 そのためにも、このブログを読んでくださった方、薬害肝炎を取り上げた新聞、ニュース番組に意見を投稿する、署名、この問題を周りに広めてもらうことなど、ぜひ行動に出て欲しいと思っています。ご支援よろしくお願いします。

(東京原告8番)

[PR]
by kanen-relay | 2007-10-31 01:00 | 東京から
<< なぜ薬害は起こったか(下) なぜ薬害は起こったか(上) >>