薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


薬害肝炎 418 リスト問題~原告たちの思い 第2弾
d0081819_11362858.jpg

 あの418名のリストを発表すれば、患者はパニックを起こすとの言い分は、患者より国の対面が大事、人の命の尊厳をどのように受け止めているのでしょうか。そして企業はこの薬をより長く売り続けたいと利益優先する体質は、エイズの時と同じではありませんか。国の隠ぺい工作には怒りとくやしさで胸が一杯になります。患者の命のリストを当時の局長は覚えていないとは信じられません。人間性を失っているとしか考えられません。
(東京原告9番)


 やっぱりか。。。
 国、製薬企業は本当に信用できない。
 当時の国の担当者は「そのリストは記憶に無い」、「当時、やるべきことはやった」「医療機関を通じて患者に伝えているはずだ」と発言している。製薬企業は「医療機関を公表して検査を呼びかけた」から対応に問題は無かったと発言している。
 ふざけないで欲しい。 
 国民の命と健康を守る厚労省と病気を治す薬を製造している企業が、このような考え・対応で問題ないと考えていたら、いつまでたっても薬害は無くならないではないか。
 今までの薬害で何を反省し、何を学んできたのか。
 先日、舛添大臣は「投与された人は全員危険がある」「投与された人全員に早く告知する」「ウイルスを打たれているのと同じ」と発言していた。やっと大臣に、私達の気持ちや思いが伝わってきているのだと感じています。
 早く反省し、この問題を解決してください。そして謝ってください。
(東京原告21番)


 厚労省、製薬会社が本来やるべき事をやらずに利益と保身ばかり。薬害は起こるべきしておきたんですね…人の命をなんだと思っているのか!命を紙切れ一枚にしか考えていない。本当にもう二度と日本から薬害をなくして欲しい!!今私の心は哀しみで一杯です。
(東京原告24番)


 先日来から毎日トップニュースになっている418名リスト。いったい日本の国のお役人さん達はどういう気持ちで倉庫に隠していたのでしょうか。20年以上も前のことなので、カルテがなかったり、その時の状況で投薬証明を作ってもらったり、本当に苦労しています。それなのに厚労省のトップの人たちは何を考えているのでしょうか。本当にこんな無責任な人たちに任せていいのでしょうか?
(東京原告25番)


 「62年(1987年)当時、お医者さんの中には危険だとわかっていて、その報告も上がっていました」との舛添大臣の言葉を聞いた時、愕然とし、その後、悲しみを伴う憤りを感じました。20年前、産婦人科退院の時、「1ヶ月の間に何かあったらすぐに来て下さい」。この意味をやっと理解できました。今となっては、病気にしてしまったすべての人に、誠実に考え得る最善のことをもって償って欲しいと思います。悔しいです!!
(東京原告26番)


 テレビの映像を見て一番言いたい事は、もう心のこもってない謝罪は要らない。私達の今までの肉体的、精神的な苦しみ、辛さを今貴方の身に置き換えた時に今までの様な言い訳が出来ますか?
 既に亡くなられた方々もいます。
 志し半ばで逝ってしまった方々の無念さ、一人一人の人生を考えた時に貴達の罪は本当に重いと思います。私達を元の健康な体に戻して欲しい…、そう願っても届かない夢。虚しくなるばかりです。
 そこで、国や製薬会社に言いたい事は未来のある子供達がこの先安心して暮らせる日本であってほしい。医療の安全に十分に気をつけて、私達原告のこの苦しみ悲しみが無駄に終わらないでほしいと幾重にも、幾重にもお願いします。
(東京原告31番)


なりたくてなった病気ではありません。
 私は19年前血液製剤を投与され肝炎という病気になりました。その為私達原告は沢山のものも失いました。国と厚生労働省の怠慢さは許せません。同じ過ちを2度も繰り返し生命をどう思っているのか。もう1度生命の根元を考えてほしいと思います。
(東京原告34番)


 20年前の出産時、輸血とともにフィブリノゲン製剤を投与されてC型肝炎に感染し、それ以来、肝炎に苦しんでいます。出産の喜びと同時に死の恐怖と闘う毎日です。危険性を知りながら何の手立てもせず人の命を軽視した国、厚生労働省、製薬会社を許せません。善悪のつかない人間がそういう仕事に携わるのはおかしい。同じ目に合わせたい。実情が報道されるにつれますます憤りを感じます。今すぐ私たちの前で謝罪と今後の和解を早急にして下さい。
(東京原告37番)


 私たち原告団は只の難病患者ではない。大きなリスクも知らされず選ぶ権利も無く汚れた製剤を使用され少なくとも私には効かなかった。
 なのにほぼ100%の大きなリスクを背負う事になり20数年間常に不安と痛みの中家族をも巻き込んで励まされながらどうにか生きてきた。
 フィブリノゲンのことを知り、それにかかわる人たちの態度を見ると怒りを通り越して涙が出てくる。自分たちの欲や保身の為にこんなに多くの人たちを犠牲にして平気な顔をしていられるものだ。人の不幸の上に己の幸せなど絶対にありえない。恥を知りなさい。
(東京原告41番)

[PR]
by kanen-relay | 2007-11-01 12:00 | 東京から
<< 418人の命のリストについて思う事 なぜ薬害は起こったか(下) >>