薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


418人の命のリストについて思う事
隠されていた418人の命のリストの事を知った時、私は改めて、官僚の無責任さに茫然とする思いでした。

418人にとって、放置された5年間は、どれ程大切な時間だったか、日々病気の進行を実感している私達C型肝炎患者は、身を持って感じることができるのです。・・・それは死へつながる事なのです。

10月初旬に、私は、東京原告8番さんと“独立法人・医薬品医療機器総合機構”の新人研修会に行きました。この機構が、医薬品の審査や副作用被害救済などに関わっている所と聞き、自分の被害について有りのままを聞いてもらいたいと思い、何日間か一生懸命に考え、話させてもらいました。その時、一番前の席で一番熱心に聞いていたのが宮島彰理事長でした。

テレビの報道で、彼の顔を見、彼が418人のリストは患者に告知する為に作成したものではないと、平然と言っているのを聞いて、8番さんと同じく愕然としました。

何もかも承知で、私達原告の訴えを聞いていたんですね・・・。

私達の訴えの前に、“夢をかえして”という薬害C型肝炎のビデオで、東京原告13番さんの亡くなられる直前の心からの叫びを聞いている筈です。

私は数日前、厚生という言葉を辞書で調べてみました。

厚生とは“健康を増進し、生活を豊かにする事”と書いて有りました。

つまり、厚生労働省とは、“国民の健康を増進し、生活を豊かにする為の役所”と言うことです。でも、私達は全く逆の仕打ちを受け、長い年月放置されて来ました。

この国の厚生労働省が、一日も早く非を認め、本来の仕事をする事を祈るばかりです。

(東京原告17番)

[PR]
by kanen-relay | 2007-11-02 00:00 | 東京から
<< 薬害肝炎支援♪Le vociチ... 薬害肝炎 418 リスト問題~... >>