薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


切り捨ては許しません ― 原告たちの声 ―

【大阪原告11番】
私は、家族の太陽でいたかった。
子供達は私を「おかあちゃん」と呼び、夫や子供達は私の作った料理をおいしそうに食べ、
春になれば家族で満開の桜を見に行き、夏には潮干狩りに行き、明るく朗らかな母親として人生を送れると信じていました。
私は家族の太陽となって、満ち足りた生活を送っていました。
私がC型肝炎に感染するまでは。


【大阪原告6番】
私は子供のころ医者になりたいと思っていた。
ずっとずっと思っていた。
でも入退院を繰り返している母の看病・家事で、大学進学すら許してもらえなかった。
子供ができたら、好きな事を 好きなだけ 勉強させてやろうと思ってた。
それが私の願いだった。
でも、C型肝炎感染の原因を知った子供は、好きだった音楽の道をあきらめ,「薬と病気の研究をする」と言った。
そして、子供が大学2年生の夏、私の病気が進行した。
子供は打ち込んでいた研究もやめ、就職する道を選んだ。
好きなことを、好きなだけ、させてやりたかった。


【大阪原告22番】
私の夢は、夫婦で世界一周旅行をすることでした。
銀行でのパートがもうすぐ十年になるとき、肝炎がわかりました。
銀行合併での健康診断の時にわかりました。
二つ違いの男の子二人の学費稼ぎにと、働きに出た私です。
もうその学費も不要になり、やっと自分達の夢であった、夫婦での世界一周旅行のために、働けると思っていました。
60歳までは仕事をするつもりでした。
が、そう思った時に、仕事をやめざるを得なくなりました。
そのために、楽しみにしていた旅行もいけず、今に至っています。


【大阪原告15番】
出来ることなら、もっと子供を産んで、娘に妹を作ってあげることが夢でした。
私は、昔から、女姉妹のいる友達を羨ましく思っていました。
しかし、薬害肝炎によって、その夢は叶わず、娘は一人っ子になってしまいました。
不安と悲しみだけはずっと残っています。


【大阪原告14番】
少年の頃、中学高校と長崎に育ち、眼下には世界一の巨大船を作る造船所があり、毎日毎日、海にいそしみあこがれ育ちました。
高卒後、S社に入社し、クイーンエリザベス号のバーテンダーとして、世界一周するのが夢でした。
平成12年、平成14年、平成18年、インターフェロンの点滴治療。しかし、平成19年7月、体調不良で緊急入院。ウイルスがあり、肝硬変であるということ!
一体今までの治療は何だったのか。
預金は使い果たし、無念が残る。
僕の描いた人生は、こんなはずではなかった!


【大阪原告16番】
私がなくしたもの。
それは、平凡だけど楽しかった家族との生活、そして健康な身体です。
産後のひだちが悪いのか、いつまでたっても、身体のだるさが付きまとい、いったい私の身体が自分の身体ではない、借り物の身体みたいで 思うように動いてくれない。
どうしたんだろうと原因もわからず、生活してきました。
家庭の主婦が家事をこなせない、はがゆさ、いらだたしさからか周りの理解が得られず、結婚生活がうまくいかず、離婚しました。
子供達は、主人が引き取り、私はひとりこの病気と闘わなければなりません。
子供の成長を見守る夢をたたれ、また家族を失い、私を不幸にした原因が血液製剤によるものだと、後に知りました。


【大阪原告31番】
私が失ったものは、「安心」です。
感染を知って以来27年間、不安の連続でした。
生まれたばかりの我が子を抱くことが出来なかった。
夜はミルクを作る元気もありませんでした。
得体の知れない不安が日を追う毎に広がって、家族と共に居ながら孤独感を拭えませんでした。
息子が中学生となって間もなく夫とは離別しました。
以来、何時また噴煙を上げ出すかも知れない体に不安を抱きながら、仕事に打ち込むしかありませんでした。
私に安心と云う言葉を見つける日が来るのでしょうか?


【大阪原告25番】
私がなくしたもの、それは、安心です。
C型肝炎だと言われたときの驚きとショック。
さらに、その原因が製薬会社の作った薬であったことを知ったときの驚愕。
何が、どうして、こうなったんだろうって混乱してしまいました。
これから私の身体はどうなるんだろう、そんな不安から一時も逃れられません。
いまも家族に迷惑をかけています。
またいつ発症するともいえない不安と心配は、家族も感じています。
私の体調が悪いときは、家族も必要以上に心配します。
私の家族も不安から逃れられません。
これからもずっと同じです。


【大阪原告28番】
薬害肝炎に感染させられて私が失ったもの、それは普通の生活です。
今までは、普通に明るい家庭だったと思うのですが、私がインターフェロン治療をすることによって、がらっと変わってきました。
副作用による身体のつらさ、精神的苦痛から、家族にあたってしまうことが多くなったからです。
これまでしていたバレーも我慢しなければならなくなりました。
子どものスポーツでの応援、お世話もなかなかいけなくなりました。
私の生き甲斐が減りました。
なぜ病気にさせられ、こんなにも自分一人だけでなく、家族までも巻き込まれなければならないのでしょうか。


【大阪原告33番】
私が失ったのは、当たり前の幸せな家庭です。
私は双子を出産しました。
これから幸せな生活を送るものだと思っていました。
その矢先、劇症肝炎で入院しました。
子供との大切な時間が奪われました。
家庭にも大きな問題を抱えることになりました。
そのせいで、家業が傾いてしまいました。
せっかく見つけたパートも肝機能数値の悪化で続けられなくなりました。
インターフェロンも失敗しました。
私は薬害肝炎で全てを失ったと思います。


【大阪原告30番】
薬害肝炎で私のなくしたもの。
やる気・根気―
慢性肝炎が分かってから、いつどうなるか分からない、もういやだ、そういう気持がわいて来て、どうせ どうせ となげやりになる、何度も・・・。
体力―
これが何よりもきついです。もうないです。もう年だからといわれるかも知れないけど、わたしはまだ六十二。あれもしたい、あそこへも昔の様に行ってみたい。でもダメみたいです。


【大阪原告44番】
今、私は元気な身体を返してほしい。
でも、それは叶わないことだと分かっています。
いくらインターフェロンを受けても、それには色々な苦痛が伴い、本当の元の身体、生活にはならないと思います。
仮に治っても、それは一部の人です。
幸い、私は今は、調子が良いです。
でもいつ体調を崩すか私にもわかりません。
なるべく病気のことは考えないようにしている毎日です。


【大阪原告24番】
今、私がほしいのは、この36年の私の過去をうまれかえらせること。
昭和46年○月、夢と見た出産が悪夢に変わる。
身体がだるくて、思うように生活できない日々が何年も続いた。
私の姉家族は、乳飲み子を2ヶ月もあずかってくれ、今は亡き母は、毎日家にきて家庭をやりくりしてくれた。
買い物に行くのがやっとの自分に引け目を感じ、もう子供はうめないかと思い悩み、家のローンは主人の給料だけでは、家計は火の車。
働けない自分がつらい。
全部訴えることは、到底できません。


【大阪原告54番】
欲しいものはたくさんあります…。
健康な心と身体、家族の幸せ、不安のない生活、欲張ればきりがありません。
ごくごく普通に暮らし、自然に病気にもなり当たり前に年を重ねていきたいのです。


【大阪原告57番】
今、私がほしいものは、“時間と健康”です。
長女誕生と引き換えに、C型肝炎に感染しました。
私は薬剤師として、癌治療のエキスパートを目指し、化学療法の分野で頑張りたいと大きな夢を持っていました。
しかしながら、インターフェロン治療のため、退職を余儀なくされました。
家族に大きな負担をかけながら過ごしてきた長い時間と健康を、今、取り返したいと思う。


【大阪原告59番】
今、私がほしいものは、「全員救済」です。
1988年○月、5gのフィブリノゲンで私は肝炎になりました。
繰り返される薬害への反省があれば、早期に国が非を認め、全員を救済するのは当然のことです。
和解しても健康が取り戻せるわけではないのですよ。
患者の思いに応えて、国と製薬会社は全員を救済して下さい。
この国、日本に生まれてきて良かったと思える、心ある救済を望んでいます。


【大阪原告26番】
フィブリノゲン製剤によりC型肝炎になり、主人には多大な負担を、子供達は心配の余り身体を壊してしまい、大変な思いをしてインターフェロン治療とリバビリン療法を受け、辛い副作用に耐えたのに、ウイルスが消えず、二度目にペグインターフェロンとリバビリン治療を受け、また、副作用に泣きながら耐え、精神的・身体的・経済的にも大変な辛い日々を乗り越えた後も、いつガンになるのか怯えながら暮らしている現実があります。
これは全員に一生つきまとう 命の秒読みです。
いつフィブリノゲンを打たれたか、線引きをすることは絶対にあってはならないことで、全員救済は当たり前であり、苦しんでいる人たちの心の叫びを、国や製薬企業は本当に分かってくれているのでしょうか。

[PR]
by kanen-relay | 2007-11-28 00:00 | 大阪から
<< 切り捨てを許さない!院内集会 切り捨ては許しません >>