薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


薬害肝炎全国一斉提訴~原告数200名に
 薬害肝炎全国弁護団は、本日、全国4地裁に一斉提訴を行いました。本日の提訴の意義は次の通りです。

1 製剤、責任時期を問わず全面一律解決を求めるものであること。

 大阪高裁は、12月7日までに書面で和解骨子案を出すと表明していますが、国は責任時期を限定する意向との報道もなされているところです。
 薬害肝炎全国原告団・弁護団は、フィブリノゲン・第9因子製剤など製剤の種類を問わず、また、責任時期を問わず、既提訴者・将来の提訴者を問わず全面一律解決を図れる和解案でなければ、決して応じることはできません。
 以上の基本方針を再度明らかにする意味で、本日、製剤の種類を問わず、時期を問わず、一斉提訴を行うものです。

2 提訴内容について
 以上の意義を持つ今回の一斉提訴は、過去最大規模の人数(30名)になり、全国の原告数も200名となります。
 また、418リストに該当していた方も全国で3名(東京2、九州1)も含まれます。

(薬害肝炎全国弁護団)


d0081819_20591719.jpg【朝】
 川田龍平議員の厚労省前街宣に参加しました。20人ぐらいの人が集まりました。こちらの原告は5名、山口さん、福田さん、浅倉さんが話をしました。

【夕方】
d0081819_2112873.jpg 本日の銀座4丁目街宣は大盛況でした!
 田中康夫議員が宣伝カーを出され、選挙さながらの演説、握手、挨拶などで、銀座を歩く多くの人の注目を浴びました。東京原告も10名ほど参加し(会見参加原告家族も同行)、全体で30名ほどの参加でした。
d0081819_212349.jpg 40分くらいで、ビラ1200枚はすぐにまきおわり、署名も108筆も集まりました。支援の広がりを実感できました。
 国民、市民の怒りに火をつけるため、さらに一層頑張りましょう。
 今回提訴された長野の原告さんが署名を220筆分持参されました。

(東京弁護団・小松)

写真=東京弁護団・中川&支援者・やすだ

 
[PR]
by kanen-relay | 2007-11-30 00:00 | 薬害肝炎資料室
<< 舛添大臣との面談がありました! 切り捨てを許さない!院内集会 >>