薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


切り捨てを許さない!院内集会
 11月28日17時30分から1時間半にわたり、東京霞ヶ関の衆議院第一議員会館にて、緊急院内集会「切り捨ては許しません―薬害肝炎の全面解決のために」を開催いたしました。

 薬害肝炎の全面解決のためには、原告ら薬害肝炎被害者の全員救済が不可欠です。すなわち、血液製剤の種類や投与の時期によって、切り捨てられる被害者を出すことは許されません。

 ところが、一部報道によれば,国や製薬企業は,血液製剤の種類や投与の時期によって切り捨てをしようとしているとのことです。薬害肝炎訴訟の原告は、現在170名です。血液製剤の投与を証明できるたった170名に対してでさえ、切り捨てをするのであれば、投与を証明できない多くの血液製剤による薬害肝炎被害者達,ひいてはC型肝炎感染者全員の救済をするはずがありません。
d0081819_2342408.jpg

 つまり、国や製薬企業に対し,現在判明している薬害肝炎被害者への切り捨てを許さないことこそが、今後の現れる薬害肝炎被害者、ひいてはC型肝炎感染者に対する充分な救済につながるのです。

 11月22日には、大阪で、田辺三菱への抗議行動(11月29日が回答期限です)がありました。12月7日には大阪高裁で和解手続きがあります。
d0081819_2322099.jpg 世論にアピールし続ける必要があります。このような事情で、この緊急院内集会は開催されたものです。
 緊急に開催されたにもかかわらず、当日は多くのメディア関係者が集まりました。

 国会議員では、民主党の山田議員(ネクストキャビネット厚労大臣)、山井議員、柚木議員、梅本d0081819_23181798.jpg議員、福山議員、菊田議員、大河原議員、松野信夫議員、社民党の阿部議員、共産党の小池議員、高橋議員、新党日本の田中康夫議員、無所属の川田龍平議員が集会に参加されました。d0081819_2323070.jpg

 国会議員の方々は、口々に「線引きは許されない」「与党は(肝炎法案の審議から)逃げて逃げて逃げまくっている」「政府与党は、無辜の民を棄民のように打ち捨てている」と、一部患者を切り捨てようとする国のあり方を、批判されました。
d0081819_2319951.jpg

 上の3枚の写真は、参加された国会議員の先生方。下の写真は、一部薬害被害者を切り捨てようとする国に対して怒りを訴える原告たち。

d0081819_0375915.jpg

[PR]
by kanen-relay | 2007-11-28 19:00 | 東京から
<< 薬害肝炎全国一斉提訴~原告数2... 切り捨ては許しません ― 原告... >>