薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


舛添大臣との面談がありました!
 本日与野党の議員から舛添大臣に対して「薬害C型肝炎訴訟の全面解決に関する申し入れ」がなされました。そしてそれに舛添大臣が応じ、午後2時55分頃から舛添大臣と原告団・弁護団との面談が実現しました。

d0081819_2314310.jpg 面談においては、冒頭舛添大臣より「これは薬害です。ですから、その犠牲者は救われなければなりません。国はHIVという先例がありながら、また同じことを繰り返してしまいました。このことは真摯に反省・謝罪しなければなりません。薬害の被害者は、できる限り広く救済したい」とのご発言がありました。

 そのあとに、原告らが和解成立に向けた思いを各自が伝えました。
 「報道で国は未提訴の被害者は救済範囲に制限を設けると聞いているが、同じ薬害被害者なのに原告になる時期で救済されるかどうかが違うのはどう考えてもおかしい」
 「418人のリストに載っている患者でも、国が言っている線引きがなされると3分の1程度は切り捨てられてしまう。感染を告知せず放置しておきながら、提訴してないから救済しないというのはおかしい」
 「投与された時期が1週間、2週間違うだけで切り捨てられてしまう。そんなことはとても容認出来ません」
d0081819_23151571.jpg
 そして舛添大臣が退席したあとも、民主党の山田議員らと原告団・弁護団との間でやりとりが続きました。原告団代表の山口代表が、「数日後になされるはずの大阪高裁の和解勧告が被害者の線引きを前提とするものであるならば、原告団はこれを受け入れることはできない。大阪高裁が和解案を提案する前に、大臣に線引きのない全面救済を考えていることを明言してもらえないと、線引きを前提とされた和解案が提案されてしまう可能性が高い。原告団はそのことをとても危惧しています。今、舛添大臣に政治決断をしていただくことが必要なんです。」と強く訴えました。
 それに対して、山田議員はそのことを必ず舛添大臣に伝えておきますと約束してくださいました。

 原告団は、舛添大臣が必ず原告団と心を一つにして、この薬害肝炎の全面解決に導いてくれると信じています。

(東京弁護団・たけだ)
d0081819_13504177.jpg

写真提供=東京弁護団・あびこ&なかがわ
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-04 20:00 | 東京から
<< 2008年2月2日チャイリティ... 薬害肝炎全国一斉提訴~原告数2... >>