薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


総理大臣面談の要請書
 本日16時、総理大臣面談の要請書を提出しました。

                               2007年12月6日

内閣総理大臣  福田康夫  殿

                        薬害肝炎全国原告団
                         代表     山 口 美智子
                        薬害肝炎全国弁護団
                         代表 弁護士 鈴 木 利 廣

                 要 請 書

               要 請 の 趣 旨
 薬害肝炎全国原告団・弁護団は、薬害肝炎訴訟の早期全面解決に向け、以下のとおり要請する。
1 福田総理大臣は、12月10日に、原告らとの面談に応じられたい。
2 福田総理大臣は、12月12日までに、薬害肝炎被害者全員救済の政治決断をされたい。

               要 請 の 理 由
1 薬害肝炎訴訟では、昨年6月の大阪地裁判決以降、福岡地裁、東京地裁そして名古屋地裁において、国の杜撰な薬事行政が指摘され、その法的責任が認められた。そして、大阪高裁は、本年11月7日、「早期に、判決よりも望ましい解決」を図りたいとの考えの下で和解勧告を行い、和解協議が行われているところである。しかも、原告らは、その多くが20年以上前にC型肝炎に感染しており、慢性肝炎、肝硬変へと、日々病状が進行している。提訴からは既に約5年が経過し、この間にも、病状が悪化し全国で5名の原告が亡くなっており、早期の全面解決が強く求められている。

2 この点、12月4日、舛添厚生労働大臣より、被害者原告との面談席上において、薬害肝炎は国の薬事行政の誤りによる薬害であり、謝罪するとの言葉をいただいた。また、福田総理大臣におかれても、11月29日、舛添厚労大臣に対し、訴訟を含めた早期全面解決の指示をなされているところである。

3 しかしながら、国が大阪高裁に提示した和解案は、既に提訴している原告らには一括して補償金を支払うが、これから提訴する患者らには、東京地裁判決基準を押しつけて線引し、基準からはずれる被害者を切り捨てる内容であるとのことである。
  薬害肝炎被害者は、同じ血液製剤を投与され肝炎に感染し、同じ被害に苦しんできた。そして、先の418人のリスト放置からも明らかなとおり、国は20年以上も被害者を見捨ててきた。にもかかわらず、国は、和解の場においてさえ、その被害者を切り捨てようとしているのである。薬害肝炎被害者を一人でも「切り捨てる」案は、同じ被害に苦しみ、見捨てられてきた原告らとして、到底受け入れることはできない。
  なお、大阪高裁は、本日までに予定されていた和解案の提示を1週間程度延期する旨表明した。これは、現段階での国の和解案では和解成立の可能性が困難であることを踏まえ、政治的決断のための時間的猶予を確保する趣旨と思われる。

4 このような状況を踏まえ、我々は、福田総理に対し、12月10日に原告らとの面談に応じ、原告らの声を直接聞いた上で、大阪高裁の和解案提示がなされる前である12月12日までに、薬害肝炎訴訟全面解決の政治決断を求める次第である。

以 上

[PR]
by kanen-relay | 2007-12-06 17:00 | 薬害肝炎資料室
<< 12月10日のTVタックル:薬... 12月10日、首相面談要請のチ... >>