薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


いよいよ明日、官邸前で総理決断要請
 本日午後、東京御茶ノ水にある中央大学駿河台記念会で、薬害肝炎全国原告団・弁d0081819_22192877.jpg護団会議が開かれました。

 報道によれば、国は、投与製剤、投与時期、既提訴・未提訴といった条件により、薬害肝炎被害者を線引きして、区別する(一部被害者を切り捨てる)という和解案を提示しているとのことです。しかし、そのような和解案は、そもそも、薬害肝炎被害者の全員救済による全面解決を求める我々の理念とは相反するものです。切り捨てを前提とする和解骨子案やその延長線上にある微調整案が、大阪高等裁判所から提示されたとしても、原告団・弁護団は即刻和解を拒否します。その方針について、本日の会議で確認されました。

 報道によれば、福田総理大臣は、大阪高裁からの和解案提示を待ってから対応を検討するといったことを発言しているようです。しかし、我々は、その前に、正義にかなう政治決断を福田総理大臣に求めているのです。

 強い決意を持って、我々は、明日からの総理決断要請行動に望みます。日没を過ぎた寒い中での官邸前行動となりますが、ご支援いただきたく、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 なお、明日の参議院決算委員会では、午前10時から、民主党の福山議員が薬害肝炎問題について国会質問を行います。舛添厚労大臣、そして福田総理大臣も、決算委員会に出席しています。NHKで国会中継は生放送されます。ぜひご覧下さい。原告団も傍聴に行く予定です。

(東京弁護団・まつい)

d0081819_2224249.jpg記者会見で明日の行動に向けての決意を述べる薬害肝炎原告団代表の山口美智子さん

d0081819_22221467.jpg集まった多くのメディア関係者
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-09 00:00 | 東京から
<< 薬害肝炎支援・タップライブ i... 12月10日のTVタックル:薬... >>