薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


薬害肝炎原告ら、総理に会えず
 いよいよ総理決断要請に向けての官邸前行動です。
 15時30分に、日比谷のかもめの広場に集合。原告、弁護士、支援者ら約300人が官邸前行動のために集まりました。
d0081819_1413553.jpg
 

 16時、出発直前に日比谷公園かもめの広場にて。
d0081819_9162934.jpg

 薬害肝炎原告団代表の山口美智子さんの、総理決断要請行動の出発宣言を聞く原告ら。
d0081819_9164230.jpg

 16時10分、厚生労働省庁舎前において、「切り捨てるな!薬害被害者を!」と訴えました。
d0081819_9165330.jpg

d0081819_12383452.jpg


 約1時間かけて、日比谷公園かもめの広場から、永田町の総理官邸前まで徒歩で移動。途中「総理、今こそ決断を!」「薬害被害者と面談せよ!」と声をあげました。

 総理官邸前の要請行動。薬害肝炎原告ら、支援者らは、官邸に聞こえるようにマイクで、総理の政治決断を求めて訴えました。
d0081819_924992.jpg

d0081819_12402383.jpg

 大阪原告の加地さん(下の写真右端)。加地さんは、418問題では告知されないまま放置され、国の提示する和解骨子案では切り捨てられる原告です。官邸に向かおうとする原告代表者らを強く激励しました。
d0081819_9262936.jpg

 川田龍平議員も応援に駆けつけ、原告らとともに、総理の政治決断を求めました。
 その他、高橋千鶴子議員、森ゆうこ議員、山井和則議員、福島みずほ議員、仁比聡平議員、姫井由美子議員、市村浩一郎議員、小池晃議員、川崎稔議員、外山斎議員、梅村聡議員も、応援に駆けつけてくれました。
d0081819_9263891.jpg


 17時15分過ぎ、原告代表として実名原告4名、弁護士2名のみが総理官邸に入ることを許され、総理官邸に向かいました。

 代表者が総理官邸にいる間、訴え続ける原告たち。
d0081819_12411632.jpg


d0081819_927541.jpg
 官邸前の路上にて、総理官邸から原告代表者らが出てくるのを待つ支援者らの長い列。
d0081819_9265340.jpg
 官邸前行動を取材するために集まった多くのメディア。
 日本テレビ、フジテレビ、テレビ朝日は中継車を出し、本日の官邸前行動は全国に生放送されました

 その後、18時頃まで、総理官邸前で待機するも、原告代表者らはまだ何の連絡もなく、総理官邸からも出て来ず。夜間の寒い中での行動であり、原告らの体力を考慮し、星陵会館にて待機することになりました。

 原告代表者らが総理官邸から出てきたのは、18時20分頃。

 18時45分頃から、星陵会館における記者会見と報告集会の開始。

 あれほど強く総理の決断を求めていたにもかかわらず、福田総理とは面談できず。大野官房副長官が対応しましたが、総理との12日までの面談の約束すらしてもらえませんでした。

 悲痛な声で嗚咽しながら、薬害被害者らに対する冷たい対応について報告する実名原告ら。
 いつもは気丈な原告団代表の山口美智子さんも、「福田総理が何とか政治決断をしてくれるものと今日まで信じていた。しかし、裏切られた。もうこの内閣には期待できない」と涙声でふるえていました。
d0081819_9552255.jpg

d0081819_9554064.jpg


   
 大野官房副長官からの返事は、福田総理が面談することは約束できない、12日までに面談するかどうかの返事をするかどうかについても約束できない、個人的には面談するのは無理だと思うというものでした。

 総理が面談しない理由は、大阪高裁の13日の和解勧告まで和解の努力を続けているし、多忙のため面談日程が取れないというものでした。

 原告・弁護団の代表者から、「大阪高裁の和解骨子案については、すでに双方当事者に伝えられている。その和解骨子案では、原告団は和解を拒否するということも言っている。政治決断をするのに、13日まで待つことに意味はない。」「薬害肝炎問題について、多忙を理由にして面談を拒否する程度の認識しか持っていないのか。」と訴えましたが、大野官房副長官は、ただ同じ回答を繰り返すだけでした。

 原告団は、体力も気力も限界まで頑張ってきているのに、官邸は、冷たい対応を繰り返すばかりです。しかし、薬害肝炎原告団は、全国の肝炎患者の代表選手なのですから、何としてでも全員救済による全面解決まで、闘い続けなければなりません。 

 全国の支援者の皆さま、国会議員の皆さま、どうぞ薬害肝炎被害者のご支援、応援、バックアップをよろしくお願い申し上げます。13日までの2日間、原告たちは精一杯活動いたします。

(東京弁護団・まつい)

日本テレビニュース
TBSニュース
フジテレビニュース
テレビ朝日ニュース 
NHKニュース
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-10 21:00 | 東京から
<< 世論調査でも全員救済に支持! 総理決断要請行動に一緒に参加し... >>