薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


大阪原告36番・吉田さん、実名公表
d0081819_18231456.jpg 本日、大阪原告36番の吉田忠人さん(70歳・男性・大阪市在住)が実名公表しました。大阪では7人目、全国では19人目の実名公表となります。吉田さんは、1986年、49歳で頸椎血管腫の手術を受けたときに、フィブリノゲン製剤を投与されました。
 実名公表に踏み切った吉田さんのコメント全文です。

 私は、大阪原告番号36番、吉田忠人ともうします。

 私は、平成18年8月25日、薬害肝炎訴訟の原告として、製薬企業、国を提訴しました。

 私は、現在、肝がんの状態です。
 今年の9月、主治医の先生から、もはや、私の肝がんに対する治療法はないと宣言されました。いつまで生きられるのか、わかりません。

 私がフィブリノゲン製剤を投与されたのは、1986年10月です。
 東京地裁判決を基準とすれば、私の被害は救済されます。

 しかし、私だけが救済されても、他に切り捨てられる被害者がいれば、薬害肝炎の解決にはなりません。
 今日、私は、残された命を賭けても解決しないといけないと考え、実名を出して闘うため会見に臨みました。

 私は、命を賭けて訴えます。
 薬害肝炎は、早期解決しなければ、亡くなる人がこれからもどんどん出てきます。

 判決による救済が出るまで、私には待つ時間がありません。

 薬害肝炎の全面解決の、総理の決断を、切望します。


写真提供=大阪弁護団・あおと
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-11 16:00 | 大阪から
<< 薬害で死を宣告された人の気持ち... 世論調査でも全員救済に支持! >>