薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


和解骨子案提示について-大阪高裁の様子
 12月13日午後3時半から大阪高裁において和解骨子案の提示がありました。

 その内容は,すでに報道されているとおり,基本的に国の主張に基づいて東京地裁判決基準での線引きをする内容です。
 私たちは,提示のあったその場で拒否をすると表明をしました。

 それでは,その様子をお伝えします。

 午後3時半,大阪高等裁判所内の会議室に大阪原告団の第1陣原告,原告弁護団,それに被告国・田辺三菱製薬の代理人が一斉に会した中で裁判長から和解骨子案提示について説明が始まりました。
 裁判長は,「和解骨子案」と「和解骨子案提示の際の所見・説明書」という2種類の書類を双方の当事者に交付するにとどまり,基本的にその内容の全体について口頭で説明することはしませんでした。

 裁判所が,和解骨子案の内容を口頭で説明することなく,回答期限等の事務手続き的な説明だけを行い,骨子案等については書面を交付するにとどめるという姿勢を示したことから,弁護団の松井俊輔弁護士から,その場で「我々の要求する全員一律救済の内容になっていない和解骨子案であれば,原告は拒否をする。」との意見表明をいたしました。

 この弁護団の意見表明を聞いた後,裁判長は,年内の基本合意を目指したいということ,和解解決に向けての追加,修正案を提案するようにとの要望を述べました。

 このように当事者を集めておきながら,和解骨子案提示を書面交付の形で行うことにした裁判所の姿勢から予想されたとおり,和解骨子案の内容は,線引きをするというものでした。

 和解骨子案には幻滅させられましたが,所見・説明書には,重要な一文が記載されていました。
 すなわち,「当裁判所としても,本件紛争の全体的解決のためには,1審原告らの全員,一律,一括の和解金の要求案は望ましいのではないかと考えております」と記載されており,原告らの主張してきた全員一律救済の理念が望ましいことが明らかにされているのです。他方で,「1審被告らの格段の譲歩のない限り,和解骨子案として提示しないことにしました」とも記載されており,今回の和解骨子案が線引き案となったのが,被告らの抵抗によるものであることも明白なのです。

 そこで,原告団・弁護団の連名で,和解骨子案提示の後,直ちに声明文を発表しました。


 和解期日終了後,裁判所の司法記者クラブで実名原告(武田,桑田,両川,加地,藤村,池田)及び松井弁護士が記者会見に臨みました。
 武田さんが声明を読み上げた後,松井弁護士から骨子概要を説明しました。
 その後,各原告さんから意見・感想が述べられましたが,桑田さんからは,「命の重さを訴えてきた。どうして命に差別されなければいけないのか。薬害被害者は平等に救済されるべき。」とのコメントが出されました。

 また記者会見の後に大阪原告団の原告さんに集まっていただいて和解骨子案のご説明を弁護団からしました。
 残念な和解骨子案でしたが,原告さんたちからは全員一律救済に向けて最後まで頑張るとの力強い言葉ありました。

 最後の戦いです。全国の被害者原告が連帯して,全員一律救済の政治決断を勝ち取りましょう。

(大阪弁護団・たなべ)

東京の模様は、こちらの記事を!
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-14 12:00 | 大阪から
<< 銀座四丁目で! 原告ら、大阪高裁の和解案を拒絶! >>