薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


原告ら、大阪高裁の和解案を拒絶!
d0081819_17235220.jpg 12月13日午後3時30分、大阪高裁より原被告らに対して大阪高裁の考える和解案が提案されました。報道等で既にご存じかとは思いますが、その内容は薬害被害者の救済範囲を線引きする、不当な内容でした。

 それゆえ、原告らは和解案が提示されたその場で和解案を拒絶しました。原告らは、薬害被害者全員の救済を求めて、2002年の東京地裁・大阪地裁への提訴以降戦い続けてきたのですから、到底大阪高裁の和解案を受け入れることはできません。
 舛添大臣等が「裁判所のリーダーシップを期待する」と繰り返し述べて来たにもかかわらず、そして国民世論の全面一律救済へ向けた支持があるにもかかわらず、大阪高裁はリーダーシップを全く発揮することなく、原告・被告のそれぞれの考える和解案を単に調整するだけのことしかしませんでした。
 そして、国(官僚)の全面一律救済への強い抵抗に屈し、全面一律救済案を提示しなかったのだと思います。

d0081819_17185093.jpg 大阪高裁の和解案の提案を受けて、東京では4人の原告が記者会見に臨みました。原告団代表の山口さん、福岡原告の福田さん、東京原告の浅倉さん、名古屋原告の金田さんです。会見は弁護士会館の一室で行なわれたのですが、100名近い報道関係者が集まり、会見の場は異常なほどの熱気に包まれていました。

 福田さんは、第9因子製剤の投与を受けた原告ですが、「国にも企業にも責任が認められなかった。自分の力が及ばなかった。自分の無力さが哀しい」と無念さを訴えました。また、和解案の中には訴訟遂行費用という名目で、弁護団・原告団に対して救済対象外被害者に分配するなどして自由に使用できる一時金を支払うとの提案がありました。かかる提案について福田さんは「まるで口止め料を払ってやるから、これ以上騒ぐなと言っているようなもの。命の尊さを全く理解していない。すd0081819_1722349.jpgごく人を馬鹿にした内容の和解案。こんなものを原告が飲むと思っているのか。馬鹿にしないで欲しい」と怒りを露わにしました。

 そして山口さんは、「被害者が線引きされ、切り捨てられる。到底受け入れられない内容」と断言しました。また、「私はまだある程度自分の夢を叶えられたからいい。だけど、福田さんやほかの若い原告は、夢を奪われた。将来に希望を持てないでいる。そんな若い人たちが『何を信じていいか分らない』と絶望している。そんなことがあっていいのか。『自分の力が及ばなかった』と謝罪の言葉を述べるべきなのは、舛添大臣や福田首相ではないか」と涙ながらに国の対応に強く抗議しました。

 果たして福田首相は原告たちの声、国民の声に耳を傾け全面救済の政治的決断をするのでしょうか。その判断が待たれています。

(東京弁護団・たけだ)
 写真提供=東京弁護団・なかがわ

大阪の模様は、こちらの記事を!

毎日新聞
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-14 10:00 | 東京から
<< 和解骨子案提示について-大阪高... 民主党の小沢一郎代表と面談 >>