薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


銀座四丁目で!
d0081819_2295626.jpg本日(=昨日の14日)17時から、銀座4丁目の三越の前で、街頭宣伝を行いました。

忘年会シーズンの金曜日の夕方ですから、たくさんの街行く人達でごったがえしていました。
これから買い物や食事など、楽しい場所に向かうであろう人で混雑している中での街頭宣伝は大丈夫だろうかとの不安もあったのですが…
(宝くじ売り場の方にはご迷惑をおかけしてしまいました。申し訳ありません。)

「薬害肝炎訴訟」の名前を耳にした瞬間、たくさんの方がビラを受け取ってくださいました。
中には、混雑で受け取りそびれてしまった方が、わざわざ「私にもください」と戻ってくることもありました。

4丁目の交差点の角では、実名公表原告の山口さん、福田さん浅倉さんがマイクを持d0081819_2265154.jpgって、線引きは絶対に許されない、薬害被害者は皆同じように救済されなければならないこと、そのためには政治解決が必要であること等を強く訴えました。
薬害エイズ被害者の川田龍平議員も駆けつけて下さり、今こそ政治解決が必要だと原告たちを応援するメッセージをくださいました。

署名活動も行いましたが、署名用紙を持って街頭に立つ浅倉さんの前には、たくさんの方が署名をするために並びました。
「どうか頑張って下さい」「総理は何をやっているんだ」などと応援のメッセージや、国や政治に対する怒りの言葉もたくさんいただきました。

私自身も、ビラを配っている最中に、「心から応援しています」「頑張って下さい」「本当になんとかしなければならない問題だ」などとおっしゃっていただき、数名の方にカンパをいただきました。
暖かい言葉、お心遣いに心が熱くなると同時に、たくさんの人が原告を後押ししてくれていることを感じ、早期全面解決に向けて、一層頑張っていこうと気持ちを新たにしました。

お声かけいただいた皆さま、本当にありがとうございます。
これからも、私たちを応援して下さい。

たくさんの人が、社会が、原告たちを応援してくれています。
原告、支援者の皆さん、線引きのない救済に向けて、頑張っていきましょう!

明日も、16時半から高田馬場で街頭宣伝を行います。
イベントに参加した学生さんがたくさん参加してくれる予定です。
お時間のある方は、ぜひご参加ください。

(東京弁護団・ごとう)

写真提供=東京弁護団・のま
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-15 02:00 | 東京から
<< 薬害肝炎クリスマス・トークライ... 和解骨子案提示について-大阪高... >>