薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


福田総理宛て全員一律救済要請書(全文)
 薬害肝炎原告団・弁護団は、12月18日14時、薬害肝炎被害者に対する全員一律救済の政治決断を求めて、福田康夫総理大臣宛ての要請書を、内閣府に提出しました。回答期限は、本日、19日です。

            平成19(2007)年12月18日

内閣総理大臣  福 田 康 夫   殿

                       薬害肝炎全国原告団
                       薬害肝炎全国弁護団

              要 請 書

            要 請 の 趣 旨

 薬害肝炎事件に関し,原告らと面談した上で,12月19日までに薬害被害者に対する全員一律救済の政治決断をされたい。

            要 請 の 理 由

 原告らが求めているのは,製剤の種類,投与時期,提訴時期等によって差別することなく,薬害被害者に対して全員一律の救済を行うことです。原告らは,このような差別的な和解に応じることはできません。原告らは,同じ被害を受けた被害者を最後の一人まで切り捨てることはできません。
 多くの世論もこれを支持しています。
 12月13日の大阪高等裁判所所見においても,全員一律救済の理念について理解が示されており,そのためには国の格段の譲歩が必要であるとの指摘があります。
 もはや,薬害肝炎事件は,総理大臣のリーダーシップによる政治決断なしには解決できない段階に至っています。
 つきましては,原告らと面談して被害の実情と早期全面解決の必要性をご認識いただき,薬害被害者全員を一律に救済する政治決断をされるよう要請致します。
 原告らは,本日,大阪高等裁判所に対し,原告らの和解修正案を提出しました。大阪高等裁判所は,各当事者に対し,12月20日までに追加,修正案を提出するよう要望しています。総理大臣におかれましても,期限の前日である12月19日までにご決断頂くようお願い申し上げます。

以 上


毎日新聞
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-19 12:00 | 薬害肝炎資料室
<< 19日夕方の街頭活動 19日も街頭活動をやります >>