薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


首相立法指示に関する記者会見
 福田首相は、本日午前中に、薬害肝炎被害者全員の一律救済を内容とする立法を指示しました。これを受けて、薬害肝炎原告団・弁護団は、東京・大阪・名古屋・福岡の各地で、午後4時から、全国一斉記者会見を開き、声明を発表しました。

d0081819_0211553.jpg 東京でも、霞ヶ関の厚生労働記者クラブで、鈴木利廣代表、実名原告の浅倉美津子さん、久野郁子さんが記者会見をしました。

 薬害肝炎原告団・弁護団が求めていた「全員一律救済」という理念で立法することは、一歩前進したと評価できます。私たちも、全員一律救済の議員立法に期待したいと考えています。

 しかし、福田首相の述べる「全員一律救済」の中味は、まだ不透明です。

 福田首相は、記者会見で「自由民主党の総裁」として全員一律救済の議員立法するとし「行政責任については免れることはできない」と述べました。しかし、他方で「行政の枠を超えて、立法する」「責任というものを超越して、立法作業をする」「立法過程において(責任について)どうするか、そのあたりは立法をされる方に任せたい」とも言っており、国の責任の有無については明言していません。

 福田首相の考えている「全員一律救済」が、原告たちの考えと同じかどうかは、本日の記者会見だけではよく分かりません。

 原告団・弁護団は、福田首相が「全員一律救済」をどのように理解されているのか、福田首相から直接説明を受けたいと思っています(今回の福田首相の立法指示については、原告団・弁護団も報道により知ったものであり、福田首相や与党・政府関係者から直接連絡を受けている訳ではありません。)。
 また、福田首相には、議員立法をするにあたり、原告団・弁護団の「全員一律救済」の考え・思いについても、ぜひ直接聞いていただきたいと思っています。
 そのために、改めて、福田首相との面談を求める予定です。

 また、原告団・弁護団は、薬害肝炎被害者全員に対する責任の明確化と謝罪を、国に求めています。薬害肝炎の発生と拡大に関する国の責任・謝罪について、議員立法(または原告団との間の基本合意協議)の中で言及するのか、それとも立法過程の中でうやむやにしてしまうつもりなのか、明日以降の内閣・与党の動きをしっかりと注目していきます。

(東京弁護団・まつい)

d0081819_019508.jpg【浅倉美津子さん】 私たちは大阪高裁の和解勧告で重い扉が開いて、今日の総理の会見で一歩その扉の中に入れたと思っています。今までの対応がありますので不安もありますけれど、直接私たちと面談して、私たちの被害の実情等を聞いていただきたいと思っています。
 ただ、今日総理は会見の中で、可及的速やかに法案を通していただき皆さんに安心して欲しいと思います、とおっしゃってくださいました。このことは、一刻も早く全員一律救済を望んでいた私たちにとりましても本当に嬉しい言葉だと思っています。
 また、私たちも総理と会ってお話させていただきたいということを総理に伝えていきたいと思いますので、ぜひ皆さんもよろしくお願いします。

d0081819_02048.jpg【久野郁子さん】 私たちは、線引きされたまま一律救済を認めてもらえなくて本当に落ち込んだ気分でした。そして、今日突然、立法において一律救済を行うことを聞き、一歩前進したという思いでこのニュースを聞きました。
 以前、司法の判断の枠内でしか認めない、責任範囲を小さくするための言い訳ばかりを聞いてきたので、一歩前進といえども、本当にそうなのかなと、すごく嬉しいとまではなりませんでした。私たちが求める本当の一律救済なのかな、という思いもあります。
 でもここ数日、国民のみなさん街頭宣伝などをしていても、みなさんの力、皆さんが応援してくれているということを受け止めることができました。
 その気持ちを総理にぶつけたいという気持ちでいっぱいです。


d0081819_0212961.jpg


Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-23 23:00 | 東京から
<< 薬害肝炎全員一律救済法に対する... 首相の立法指示発言を受けた原告... >>