薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


すべてのウイルス性肝炎患者のために
1 薬害肝炎救済法案の公表

 12月28日、与党のプロジェクトチームが「薬害肝炎救済法案」の前文と骨子を公表しました。
 これらは、被害の発生と拡大に関する責任の所在を明確にしていること、事実関係の検証と薬害再発防止への誓いが明記されていること等々から評価できるものです。

 しかし、被害者の「救済」はこの法律の成立をもって終わるわけではありません。
 それは、カルテ等が既に廃棄されてしまっているために製剤を投与された事実を証明できず、この法案によっても「救済」されない感染被害者の方々が多くいらっしゃるからです。
 そして、このことの根本的な原因は、国の対策の遅れにあります。
 本来であれば救済されるべきであるのに救済されない多くの被害者がいること、そしてその原因は国にあることについて、国は真摯に受け止めるべきです。

2 すべてのウイルス性肝炎患者が安心して治療を受けられるために

 原告団・弁護団は、これまでにも、350万人とも言われているウイルス性肝炎患者全体のための治療体制の整備・医療費の助成等の実施を求めてきました。
 今回、「薬害肝炎救済法案」において国の「責任」が明記されたことは、これらを実現するための大きな力になるものと思いますし、私たちの喜びはその点にこそあります。

 現在、民主党の法案が参議院に、与党の法案が衆議院に、それぞれ提出されています。

 私たちは、国会が党派を超えて、肝炎についての包括的かつ基本的な措置法案を成立させることを、改めて求めます。 

 また,基本合意書案では「定期協議」を行う旨の条項が盛り込まれています。
 この協議の場を最大限有効に利用して,患者会の方々とも力をあわせてすべてのウイルス性肝炎患者が安心して治療を受けられるための制度を実現させていきたいと考えています。
 皆様の引き続くご支援をお願い申し上げます。

(東京弁護団・たなか)
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-29 00:00 | 東京から
<< 変わらぬ信念をもって 「薬害肝炎全員救済法案」骨子... >>