薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


変わらぬ信念をもって
 1年が暮れようとしています。

 国の責任に基づく薬害被害者の全員一律救済実現という目的に向かって活動してきた原告団にとって、この年末、国の和解修正案提出によって後退した目標が、福田首相の全員一律救済法案提出表明、法律案・基本合意案の公表という激動の中で、全面解明に向けて一転大きく前進しました。

 公表された救済法案骨子は、国の責任と被害者への謝罪、薬害被害者の一律救済(投与時期や提訴時期による線引きのない症状に応じた一律の給付金支給)が盛り込まれるなど、原告団の要求がほぼ全面的に受け入れられ、原告側としても評価できる内容になりました。
基本合意の締結、和解による解決に向けて大きく前進しました。

 今年は、3月に東京地裁、7月と9月には名古屋地裁、仙台地裁と、次々に判決が言い渡されました。一連の判決言渡が遠い日のできごとのような錯覚を覚えるほど、この1年は大きなうねりを見せた年でした。
 3月、9月の二度にわたる原告団の座り込み行動、7月参議院選挙による「ねじれ国会」の誕生、二度目の座り込みのさなかに起きた安倍首相の退陣表明、福田政権の発足、10月には418名の被害者リストの放置問題によって連日にわたってこの問題が報道され、薬害肝炎問題が社会的に認知されました。薬害肝炎が福田政権にとって解決を避けられない問題になりました。11月7日の和解勧告によって開始された大阪高裁という司法の場での和解協議が行き詰まりをみせ、主戦場を司法から政治の場に方向転換しての官邸行動。12月20日には国の線引き修正案提出によって全体解決が先延ばしにされ落胆にくれた3日後に、一転して福田首相の一律救済実現に向けての政治決断。そして救済法案骨子の公表。主な動きを振り返るだけでも、原告団は司法、メディア、政治情勢に否応なく翻弄されてきました。

 年の最後にこうした成果を生むことができたのは、原告団・弁護団、そして支援者のみなさんが一貫して、「一人の取りこぼしも許さない。薬害被害者全員の一律救済を実現する」との強い信念を貫いてきた結果です。
 年末の官邸行動、連日にわたる街頭宣伝、福田首相の政治決断がメディアで大きく取り上げられるなど、とかく終盤の活動の大きさに目を奪われがちです。しかし、この問題がなかなか社会的認知を得られないときにも、原告・支援者は小さな活動を地道に続けてきました。組合・薬局・診療所などを丹念に回りながらの協力要請、規模の大小にかかわらず積極的に足を運んだ学習会での被害の訴えと支援要請、肝炎患者会との連携、全国的な署名活動などなど、数え切れないほどの小さな地道な活動でした。それは、いつか花を咲かせるとの信念、決して諦めないとの信念に支えられたものでした。
 終盤の大きな世論形成、しかも何があっても揺るがなかった世論形成の実現は、こうした地道な活動の積み重ねがなければ決して成し遂げることはできなかったでしょう。社会の目に触れない小さな活動の積み重ねが立法による解決という福田首相の決断、和解解決への大きな前進を生み出しました。これまでの活動に、無駄なものは何ひとつありませんでした。

 救済法案は年明け早々にも提出され、今国会期間中にも成立すると伝えられています。いよいよ来年は最終決戦の年になります。
 大きな前進をみせていますが、問題のすべてが解決したわけではありません。真の全面解決といえるためには、乗り越えなければならない問題も山積しています。
 政治の力が試されているとともに、私たちの団結力も同時に問われています。
 全面解決のその日まで、変わらぬ信念をもって頑張りましょう。

 支援者のみなさん、最後まで熱い支援をお願いします。

(東京弁護団事務局長・福地直樹)
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-30 00:00 | 東京から
<< 今年も肝炎患者の救済のために すべてのウイルス性肝炎患者のために >>