薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


今年も肝炎患者の救済のために
d0081819_1485077.jpg


 あけましておめでとうございます。

 昨年は、年末の福田首相の救済法案提出表明により、薬害肝炎事件が解決にむけて大きく前進しました。
 皆様のご支援・ご声援に心からお礼申し上げます。

 昨年、原告団は、街頭や、国会、官邸前など様々な場所で必死に解決を求めてアピールしました。この原告団の行動は大きく報道され、世論となり、政治を動かしました。

 私も、原告団と共に行動しているとき、手応え、皆様の熱い声援をひしひしと感じました。銀座4丁目で宣伝していて、署名板に人が列を作る、署名に縁の無いようなきれいな人が署名して、がんばって下さい、と声をかけてくれる。こんな経験は初めてです。
 何も落ち度のない、そして力のない被害者が、状況を打開するために、大きな権力に立ち向かい、自分に鞭を打って必死に支援を訴え、泣いて、怒って・・・・・・しかも自分たちだけでなく、全ての肝炎患者の救済を掲げ、謝罪と責任を求めてたたかう・・・・・・
 国は、原告の必死の叫びが通じずに冷たい対応に終始・・・・・・

 このがんばりが社会に通じ議員の先生方の心も動かした、と思います。

 今回、報道でおやっ?と思ったところがあります。テレビで、原告が街頭でマイクなどでアピールしているシーン、ビラ撒きで通行する人がビラを受け取るシーン、署名に協力しているシーン、原告団が歩いているシーンがずいぶん報道されるのです。
 原告の必死の思いが、マスコミに通じ、「原告がこんなに頑張っているのだから、世論も応援してほしい」ということなのかもしれません。

 さて、薬害肝炎事件はまだ、解決したわけではありません。
 被告との基本合意を締結すること(特に企業との和解の話は進んでいません)、被害者をきちんと掘り起こし救済すること、肝炎総合対策の道筋をつけること等の大きな課題があります。
 引き続いてのご支援・ご声援よろしくお願いいたします。

 薬害肝炎訴訟を支援する会・東京は、オアシス法律事務所に事務所を置いています。年末だけで、たくさんの署名・ハンカチメッセージ・カンパがよせられました。とても感激です。励まされます。

 弁護団のホットライン(電話相談)にも電話が切れないくらいたくさんかかってきます。

 大変な肝炎の苦痛・被害、病院に問い合わせたけれどもカルテが廃棄されてしまっていたという悔しい思い、電話を受けて気持ちが沈んでしまうこともたくさんあります。原告になれない肝炎患者のために頑張らなければならないという決意が高まります。

 現在、国会では与党の肝炎対策基本法案、民主党からは肝炎医療費援助法案が出され、政府はインターフェロン治療費助成援助を打ち出しています。しかし、これらはまだまだ肝炎患者の救済のためには通過点としか言えないものであり、肝臓病患者会等とも協力・連携しながら肝炎総合対策を前進させなければならないと思います。

 今年もよろしくお願いいたします。

(東京弁護団・小松雅彦)
[PR]
by kanen-relay | 2008-01-04 00:00 | 東京から
<< 薬害肝炎救済法で対象となる方々 変わらぬ信念をもって >>