薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


薬害肝炎東京原告団会議で承認
 本日13時から、東京都内で、薬害肝炎東京原告団会議が開かれました。1月11日に薬害肝炎救済法が成立、明日15日には基本合意書に調印することになっていますが、この基本合意について、東京原告団として承認するかどうかを決定をするためです。

 1月12日には、福岡原告団と仙台原告団が、昨日13日には名古屋原告団が会議を開いており、いずれも全員一致で、基本合意を締結することを承認しました。本日14日には、東京原告団と同時に、大阪原告団も会議を開きました。

d0081819_1925456.jpg 東京原告団会議には、原告35名(家族・遺族を含めて42名)が参加しました。議長は、実名原告の浅倉美津子さんが務めました。
 まず、弁護団の弁護士から、薬害肝炎救済法が成立に至るまでの経緯、救済法の内容、基本合意案の内容を説明しました。その後、質疑応答と意見交換をしました。

 原告たちからの質問が一段落したとき、亡原告13番さんの妹さんが手をあげ、これまでの山口美智子全国原告団代表をはじめとする実名原告たちの毎日の活動をねぎらい、心から感謝したいとの発言をされました。そして、東京の実名原告として毎日のように仕事を休んでまで頑張ってきた浅倉美津子さんに、会場の原告団みなで拍手を送りました。

 浅倉さんは、「この場に13番さんがいないのが残念です。ここまで、マスコミや世論が盛り上がったのは、死の間際に残された13番さんのメッセージ(のビデオ)があったからです。そのお陰で法案が成立し、合意が成立することになりました。でも、13番さんのビデオテープがテレビで何度も流れる映像は、遺族としてはお辛かったことでしょう。どうも有難うございます。」と応えました。

 また、実名原告の山本さん(新潟県在住)は、「ここまで来たのは、実名原告の活動や家族や周囲の人たちの支えがあったから。(救済法では)救済されない方々にも、治療費助成で何とかできたらいいと思います。そのために、私ができることをやっていきたい。」と発言されました。

 第二陣の原告である久野郁子(千葉県在住)さんは、「この2年間の活動だけでも大変だった。このことを思うと、第一陣の原告の方々に感謝しつつ、第二陣は、(救済法では)救済されない方々のために頑張っていきたい。」との決意を述べられました。

d0081819_1934242.jpg そして、会場の東京原告全員が、基本合意を締結することに賛成するとの決議をしました。決議後、浅倉さんは、「基本合意では、今後も国と継続協議ができる場を設定することになっています。原告になれない人たちのために、医療費助成が受けられるように、もう一踏ん張りしましょう。」と、挨拶されました。原告たちは皆、うなづき合いました。

 会議の最後に、原告団の今後の課題として、被告製薬企業にも薬害の責任を認めさせて謝罪してもらうこと、基本合意にある国の恒久対策義務を監視し実現させることなどを確認しました。

 東京原告団会議を終了した頃、大阪原告団からも、基本合意の締結を全員一致で承認したとの連絡が入りました。 

 いよいよ明日は、福田総理大臣面談と基本合意の締結です。

(東京原告団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2008-01-14 15:00 | 東京から
<< 「薬害肝炎」全面解決への礎-基... 薬害肝炎救済法の法案提出から成立まで >>