薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


国会議員要請2日目 その2
 国会議員要請2日目の続きのご報告です。

d0081819_13372266.jpg17時30分 民主党ヒアリング(肝炎対策本部会議)
 菅直人代表代行、藤村修議員(ネクスト厚生労働大臣)、山野井和則議員をはじめとして15名以上の議員が出席されました。

 民主党は、厚生労働省の健康局結核感染症課・疾病対策課肝炎対策推進室・総務課、医薬品食品局血液対策課から、6名の役人を呼び、以下の3点についてヒアリングを行いました。
・来年度肝炎対策予算について
・国会病院機構への訪問調査によるフィブリノゲン等の投与に関するカルテ調査結果について
・B型肝炎訴訟について

 最も質問が集中したのは、B型肝炎訴訟に対する国の対応です。
 「B型肝炎訴訟について、国は和解するつもりがあるのか?」という質問に対し、役人は「お答えはできない」と言い、「最高裁の5名の原告のケースだけでは、どのような証拠が必要か分からないので、決められない。話し合いでは決められない。」と言いました。
d0081819_1338648.jpg これには、議員から、「国に責任があることを、認めていないのか。」「あなたたちの言っていることは、よく分からない。要するに、みんな裁判してくれと言っているのか。」などと質問と批判が集中しました。
 厚生労働省は、最高裁判決を何だと思っているのでしょうか。司法を軽視していると言わざるを得ません。

 B型肝炎原告の桜井さんは、「国には2度裏切られました。1度目は、集団予防接種で肝炎に肝炎させられたことで、裏切られました。2度目は、最高裁判決が出たのに、何もやってくれず、また裏切られました。」と訴えました。

 菅直人代表代行は、「財源の問題はあるが、全ての人が肝炎治療を受けられるような体制をつくっていきたい。治療を早くすれば、治療費も少なくなるという意見もある。肝炎患者の方からも案を出していただきたい。精一杯取り組んでいきたい。」と述べられました。


 民主党ヒアリングをもって、長い2日目の国会議員要請はお開きになりました。
 肝炎患者さん、B肝・C肝原告のみなさん、支援者のみなさん、お疲れさまでした!
 今後は、また全国各地の地元で、キャンペーン活動をがんばっていきましょう!
[PR]
by kanen-relay | 2009-01-31 00:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
<< 肝炎患者支援のための法律を! 国会議員要請2日目 その1 >>