薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


カテゴリ:薬害肝炎資料室( 43 )
三権分立、訴訟切り離しへの反論
 柳澤伯夫厚生労働大臣は、訴訟係属中の原告団と協議することは、三権分立に反するとして、薬害肝炎原告団との面談を拒否しています。また、原告団との面談を拒否しながら、肝炎に関する「一般的政策」については「一番ふさわしい担当の者を通じて」話すことには支障はないと言っています。

 しかし、薬害肝炎全国弁護団は、三権分立に反するという見解、薬害肝炎訴訟の解決を肝炎治療政策と切り離すという見解に対して、以下のとおり考えています。

 薬害肝炎訴訟は、大阪・福岡・東京の3つの地裁において、国の法的責任を認めた。そして原告団は、薬害肝炎についての全面解決を求めている。

■1 政府が訴訟継続中の原告団と協議することは、三権分立に反するのか?
→行政府・立法府が司法判断を尊重することこそ三権分立の理念に合致する。

1 三権分立とは、そもそも、権力の相互チェックによって国民の人権を守るという統治上の概念である。その本質は、議会による行政の民主的コントロールと司法による行政のチェックにある。三権分立に反するとは、行政が司法に不当な干渉を行ったり、司法が行政に不当な干渉を行ったりすることを意味する。

2 薬害肝炎訴訟の3つの地裁判決は、薬務行政の違法性を司法が断罪したものである。このことが三権分立に反しないのは当然のことであり、行政や議会が三たび国の法的責任を認定した司法判断を尊重し、行政や議会が肝炎政策の転換をはかることは、三権分立の考え方に合致するものといえる。

3 民事訴訟中に当事者同士が直接話し合い、早期解決を希求することは、訴訟実務一般において、極めて日常的に行われている。

4 過去、薬害エイズ訴訟やハンセン病訴訟等の国が被告となった大型訴訟において、訴訟継続中に被害原告と政府との協議が実現し、これを契機として、全面解決に至っている。

5 「三権分立に反する」と述べることは、いたずらに訴訟を継続し、三権分立の理念に反して司法判断をないがしろにすることを意味している。

■2 薬害肝炎訴訟の解決と肝炎治療政策は別問題か?
→肝炎治療政策と、訴訟の解決は、切り離すことのできない問題である。

1 国が、薬害肝炎被害を惹起した法的責任を負うことは、これまでの判決ですでに明らかとなった。そのことは、国が、その被害の原状回復責任を負うことをも意味する。

2 現に薬害エイズ訴訟及びハンセン病訴訟においても、国は、被害者原告に対し、治療体制等の恒久対策を実施しているが、これらは、単なる社会保障政策の延長として実施されたものではなく、まさしく、訴訟によって認められた法的加害責任に基づく施策なのである。

3 すなわち、本件においては、薬害肝炎訴訟の解決と、肝炎治療体制の整備は、不可分の関係にあるといえる。

[PR]
by kanen-relay | 2007-03-27 00:00 | 薬害肝炎資料室
薬害肝炎抗議の座り込み 「かえせ! 生命を」について

 薬害肝炎原告団は、大阪訴訟、福岡訴訟、東京訴訟の3判決にもかかわらず、「薬害肝炎の全面解決」という原告団の要求に背を向け続ける厚生労働省に対し、抗議行動として座り込みをすることを決定いたしました。
 多くの方々に応援していただければ幸いです。

 1.座り込みスローガン
  「かえせ! 生命を」

 2.当面の目標
 政府・厚生労働大臣に対し、薬害肝炎全面解決の政治的決断を求めます。

 3.場所・日程
 厚生労働省周辺において、3月28日(水)朝から行います。
 なお、原告団は、3月23日、厚生労働大臣に対し、27日を回答期限とする面談申し入れを行っています。

(薬害肝炎原告団)

[PR]
by kanen-relay | 2007-03-26 18:00 | 薬害肝炎資料室
厚生労働大臣に対する面談要請書
2007年3月23日
厚生労働大臣 柳澤伯夫 殿
               薬害肝炎全国原告団 代表 山口美智子
               薬害肝炎全国弁護団 代表 鈴木 利廣


              面談要請書

要請の趣旨
 薬害肝炎全国原告団及び全国弁護団は、厚生労働大臣との面談を求める。

要請の理由
 本日、東京地方裁判所において、薬害肝炎東京訴訟に対する判決が言い渡された。
 本判決は、昨年の6月21日の薬害肝炎訴訟大阪地裁判決、同年8月30日の薬害肝炎訴訟福岡地裁判決に引き続き、フィブリノゲン製剤による薬害について、みたび国と企業の法的責任を認め、断罪した。さらに、第IX因子製剤についても、初めて企業の法的責任を認めた。

 本日の判決で、本件各血液製剤によるC型肝炎感染被害については、薬害であることが動かぬものとなった。
 厚生労働大臣は、裁判上の争いをやめ、薬害肝炎被害の全面解決、すべてのウイルス性肝炎患者の被害回復に向けた諸施策づくりに、早急に着手すべきである。そのためには、被害者との面談によって、薬害肝炎被害の実情を知ることが不可欠である。

 大阪判決及び福岡判決後、厚生労働大臣は、被害者との面会すら拒否し、何ら薬害肝炎問題の解決を図ろうとしなかった。国がみたび同様の対応をとるようなことがあれば、われわれは、不退転の決意で臨む所存である。

 本要請に対し、2007年3月27日までに、書面にて回答するよう求める。

                                     以 上
[PR]
by kanen-relay | 2007-03-23 17:30 | 薬害肝炎資料室
薬害肝炎東京訴訟判決を受けての声明
2007年3月23日

         薬害肝炎東京訴訟判決を受けての声明

                          薬害肝炎全国原告団
                          薬害肝炎全国弁護団


 本日、全国5地裁に係属している薬害肝炎訴訟のうち、東京地方裁判所における判決が言い渡された。

 本判決は、昨年の6月21日の薬害肝炎訴訟大阪地裁判決、同年8月30日の薬害肝炎訴訟福岡地裁判決に引き続き、フィブリノゲン製剤による薬害について、みたび国と企業の法的責任を認め、断罪した。さらに、第Ⅸ因子製剤についても、初めて企業の法的責任を認めた。

 本日の判決で、本件各血液製剤によるC型肝炎感染被害については、薬害であることが動かぬものとなった。国と企業は、直ちに被害者に謝罪し、薬害肝炎問題の全面解決に向けた協議を開始すべきである。

 大阪判決及び福岡判決後、厚生労働大臣は、被害者との面会すら拒否し、何ら薬害肝炎問題の解決を図ろうとしなかった。国がみたび同様の対応をとるようなことがあれば、われわれは、不退転の決意で臨む所存である。

 これまで本訴訟を支援していただいた国民の皆様にも、本件の全面解決及び全ウイルス性肝炎患者の被害回復に、これまで以上のご理解とご支援をお願いする次第である。

以 上

・・・・・・・・・・・・・・・・


薬害肝炎東京訴訟判決の骨子と要旨は、以下をご覧下さい。
PDFファイルです。
 ・判決骨子 (1068KB)
 ・判決要旨 (8113KB)
 
[PR]
by kanen-relay | 2007-03-23 16:00 | 薬害肝炎資料室
10月5日 厚生労働省への抗議の共同声明
 厚生労働省への抗議の共同声明

 私たちは、いずれも厚生労働省の所掌事務(薬事行政、被爆者援護行政、労働安全衛生行政)に関して、国ないし厚生労働大臣を被告とする集団訴訟を提訴し、複数の地方裁判所判決において勝訴判決を得た原告弁護団である。

 この間、私たちは、勝訴判決に基づき、厚生労働大臣に対して解決に向けての話し合いを申し入れたにもかかわらず、厚生労働大臣及び担当部署は、原告団・弁護団との協議・面談の要請をほぼ全面的に拒否した。厚生労働省は、それぞれの事件の被害の深刻さと早期解決の必要性を何ら顧みることなく、機械的に控訴することを繰り返している。

 その一方、本年8月27日付読売新聞朝刊によれば、国は厚生労働省を所掌とする事件の相次ぐ敗訴に対し、被害者救済と政策転換を図るのではなく、訟務の人的物的体制の強化に乗り出すとのことであり、被害者に対する誠意ある姿勢のかけらもないと言わざるを得ない。

 このような厚生労働省の「被害者無視・問題先送り」の姿勢こそ、各事件において被害を発生・拡大せしめた最大の原因である。私たちは、事件の教訓から学ばない厚生労働省に対し憤りを禁じ得ないだけではなく、被害発生の構造が現在もなお続いていることに深い憂慮を覚える。

 私たちは、厚生労働省に対して、被害者である原告らの要請に応じて協議の場を設けることを改めて強く求める。また、厚生労働省の不当な姿勢を糾弾するとともに、各事件の全面解決を早期に実現するため相互に協力,共同していくことを、ここに宣言するものである。

  2006(平成18)年10月5日

    薬害肝炎全国弁護団
    原爆症認定集団訴訟全国弁護団連絡会
    全国トンネルじん肺根絶訴訟弁護団
[PR]
by kanen-relay | 2006-10-05 00:00 | 薬害肝炎資料室
判決に対する声明
  2006年8月30日

    薬害肝炎全国原告団
    薬害肝炎全国弁護団

 本日、全国5地裁に係属している薬害肝炎訴訟のうち、福岡地方裁判所における判決が言い渡された。
 薬害肝炎訴訟は、血液製剤の投与によりC型肝炎ウイルスに感染させられた原告らが国と製薬企業を被告として、有用性のない血液製剤の製造・販売を承認し、製造・販売を続けたことが違法であるとしてその損害賠償を求めた訴訟である。

 フィブリノゲン製剤に関し、本判決は、遅くとも1980年11月をもって被告らの責任を認めた。本判決は、1977年にアメリカFDAがフィブリノゲン製剤の有用性を否定して承認を取り消したのに、我が国では何の対策も取られなかったことをにつき、違法と認定した。この点を始めとして、除斥期間、因果関係など、被告らが免責のために弄してきた詭弁を明確に排斥したものであり、高く評価することができる。

 被告らの責任を明確にした本判決に基づき、被告らは、早急に、何の落ち度もなく感染させられた被害者全員の被害回復に尽力すべきである。
 そして、被告らは、この司法判断を重大に受け止め、無益有害な控訴を断念しなければならない。被告らが控訴するとすれば、それは単なる解決の先延ばしに過ぎず、本判決で断罪された種々の怠慢行為に重ね、さらなる過ちを重ねていくことにほかならず、全国民からの非難は免れない。
 本判決は、予防接種B型肝炎最高裁判決、6月21日薬害肝炎訴訟大阪地裁判決に引き続き、本件においても、肝炎の問題は国に責任があり、国が解決すべき問題であることを示したものである。国は、全ウイルス性肝炎患者の被害回復に取り組まねばならない。そのためにまず国は、早急に、本問題解決のための場を設け、原告らと協議を行うべきである。

 なお本判決は、血液凝固第Ⅸ因子製剤クリスマシンについては、承認時において、「後天性第Ⅸ因子欠乏症に有効であり、かつ有用性があると認めるには疑問があったというべきである」と認定したにもかかわらず、被告らの責任を認めなかったものであり、明らかな誤りを犯している。クリスマシンにおける被害者も、フィブリノゲン製剤におけるそれと同じく、早急な被害回復が図られるべきである。

 われわれは、本判決を受けて、国の責任を前提とする全ウイルス性肝炎患者の被害回復につながる全面解決を早期に実現するよう全力を傾注する所存である。これまで本訴訟を支援していただいた国民の皆様にも本件の全面解決までこれまで以上のご理解とご支援をお願いする次第である。          以上
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-30 19:30 | 薬害肝炎資料室
東京結審の意見陳述06.8.1
毎日うだるような暑さですね。8月24日の薬害根絶デー、そして福岡判決を控えて、夏バテしないようにしなければ・・・

さて、2006年8月1日の東京結審期日に、原告5名、弁護士7名が行った意見陳述をYahooブリーフケースにアップします。傍聴できなかった方々も、12人の怒れる男たち・女たちの叫びを、ぜひお読み下さい。

6.の原告11番さんの意見陳述には、この薬害肝炎訴訟が立ち上がることになった経緯について書かれています。

東京結審時の意見陳述書06.8.1← Click here!

【追記】PDFファイルで見られるようにしました。2423KBです。

1. 原告2番さん(フィブリノゲン製剤による被害者、女性)
2. 血清肝炎・非A非B型肝炎の予後について
3. フィブリノゲン製剤の危険性について
4. フィブリノゲン製剤の有効性について
5. 原告17番さん(フィブリノゲン製剤による被害者、女性)
6. 原告11番さん(第9因子製剤による被害者、男性)
7. 第9因子製剤について
8. 原告19番・平井要さん(第9因子製剤による被害者・実名原告、男性)
9. 国の違法性について
10. C型肝炎の被害・損害について
11.原告12番さん(フィブリノゲン製剤による被害者、女性)
12.まとめにかえて

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-19 00:00 | 薬害肝炎資料室
06.8.1原告最終準備書面in東京
遅ればせながら、8月1日の東京結審期日で、原告が提出した最終準備書面をYahooのブリーフケースにアップします。
薬害肝炎訴訟は、法律的な論点が多い薬害事件です。最終準備書面も第1編~第7編にわたる大部なものです。東京弁護団の弁護士たちが渾身の力を込めて書き上げました。

(目次)
  第1編   責任総論
  第2編の1 重篤性
  第2編の2 危険性総論
  第3編の1 フィブリノゲン製剤の危険性
  第3編の2 フィブリノゲン製剤の有効性
  第3編の3 フィブリノゲン製剤の有用性
  第3編の4 被告らの責任
  第4編    第IX因子製剤
  第5編    因果関係
  第6編    損害論(添付表付き)
  第7編    消滅時効・除斥期間
   
原告最終準備書面in東京06.8.1← Click!
「原告最終準備書面・・・」のフォルダをクリックすると、各編ごとの最終準備書面のファイルがありますので、ダウンロードされて下さい。

[PR]
by kanen-relay | 2006-08-17 00:00 | 薬害肝炎資料室
薬害肝炎パンフ 「沈黙をこえて」
d0081819_224455.jpg
 薬害肝炎弁護団では、薬害肝炎訴訟の概要、目的などについて分かりやすく解説するために、パンフレット「沈黙をこえて~薬害肝炎被害者とともに」を作成しています。ご希望の方は、各地の弁護団の事務局までお問い合わせ下さい。

各地弁護団の連絡先は、ここです。
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-14 00:00 | 薬害肝炎資料室
薬害肝炎訴訟の概要&論点説明in06.6.21
 薬害肝炎訴訟の概要と論点について、初めて勉強したい方、よく知っているけれども福岡判決前に再度確認したい方のために、東京弁護団の弁護士たちが大阪判決直前に作成した記者レク資料(記者会見で使った資料)をアップします。

 C型肝炎(非A非B型肝炎)の重篤性、フィブリノゲン製剤によるC型肝炎感染の危険性、フィブリノゲン製剤の有効性、第9因子製剤の有用性、因果関係論、損害論について、訴訟では何が問題になっているのかを解説したものです。

 以下のリンクをクリックすると、Yahooのブリーフケースに飛びますので、ファイルをダウンロードして下さい。PDFファイルのためちょっと重いのですが、ご容赦下さい。
  060621大阪判決前資料のファイルフォルダ←Click!
(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-13 00:00 | 薬害肝炎資料室