薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


カテゴリ:なぜ薬害は起こったか?( 2 )
なぜ薬害は起こったか(下)
国とミドリ十字の癒着

1 前回、418例リスト問題以前の大問題、「再評価すり抜け」について書きました。フィブリノゲン製剤が第1次再評価を「すり抜け」ていなければ、これほどまでに被害が拡大することはなかったのです。

  では、フィブリノゲン製剤は、一体なぜ、第1次再評価を「すり抜け」たのでしょうか。

  実は、フィブリノゲン製剤についての疑惑は、この再評価すり抜けに限りません。そもそも、1964年の製造承認自体、極めてずさんでデタラメなものでした。製造承認の申請資料は、科学性のかけらもないような資料でしたし、さらには、ミドリ十字が作ったフィブリノゲン製剤ではない、アメリカで製造された別の製剤が臨床試験に用いられたりしています。それなのにフィブリノゲン製剤は、何の障害もなく、ごくあっさりと製造・販売が承認されてしまいました。

  私たちは、このような、違法に次ぐ違法がまかり通った背景には、国と製薬企業(当時のミドリ十字)の癒着があると考えています。

2 国・ミドリ十字の癒着 ~フィブリノゲン製剤承認~

続きを読む……
[PR]
by kanen-relay | 2007-11-01 00:00 | なぜ薬害は起こったか?
なぜ薬害は起こったか(上)
418例リスト問題以前の大問題~再評価すり抜け

1 「再評価すり抜け」問題

  今、毎日のように、418例リスト問題が報道されています。人の命を命と思わず、あえて肝炎感染者リストを隠蔽し続けた厚生省・企業の行為は、絶対に許されないものです。
  しかしそもそも、なぜフィブリノゲン製剤によるC型肝炎感染という薬害が生じたのでしょうか。もっと前に、この薬害を防止することはできなかったのでしょうか。
  いえ、薬害を防止する機会はあったのです。現在、薬害C型肝炎訴訟の原告になっている患者のほとんどは、この機会の後に感染した方です。つまり、この機会をとらまえて薬害防止策が実行されていれば、被害者のほとんどは、C型肝炎に感染せずに済んだのです。それなのにその機会は、厚生省・企業の癒着のために失われてしまいました。
  私たちは、この厚生省・企業の行為を、絶対に許すことはできません。

  418例リスト問題以前の大問題。私たちが「再評価すり抜け」と呼んでいる問題が、それです。

続きを読む……
[PR]
by kanen-relay | 2007-10-31 00:00 | なぜ薬害は起こったか?