薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


カテゴリ:肝炎患者支援法キャンペーン( 39 )
肝炎対策基本法の内容
昨日11月30日に成立した肝炎対策基本法の内容(法律、要綱)については、衆議院のホームページで見ることができます。
この法律案の内容のままで、参議院でも可決されています。

法律案  要綱 


 
[PR]
by kanen-relay | 2009-12-01 20:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
肝炎対策基本法成立についての党首発言
昨日、肝炎対策基本法の成立を受けて、薬害肝炎原告団、患者会、B型肝炎原告団の3団体は、各党の党首の方々と面談しました。

発言の要旨は、以下のとおりです。
なお、PDFファイルでもアップしました。

【民主党】
●鳩山首相
本当に長い間頑張られたことが実を結んだ。しかし、その間多くの方がなくなったのは残念。予算が不十分ならば皆様の期待には応えられない。まだ先は長いが新政権として、命を大事にする政治を実現すべく頑張っていく。

●小沢幹事長
これからの予算付けが重要となる。また、B型肝炎訴訟の解決も重要な課題である。今後とも頑張っていく。

●長妻厚労大臣
これを糧にB・C型肝炎患者の医療費助成をしていかなければならないと考えている。

【自民党】
●谷垣総裁
皆さんの長年の懸念が基本法という形で実ってよかった。基本法ができたことが、未だ未解決の問題(B型肝炎訴訟の解決など)についてのいいきっかけになれば良いと考えている。

●福田元首相
2年前の皆さんの必死の気持ちが伝わった。基本法で一歩前進。おめでとうございます。

●舛添元厚労大臣
未だ第1歩に過ぎない。法案が心残りだったので、成立してほっとした。まだまだやることがたくさんあるので、今後とも努力していきたい。二度と薬害が起きないように一緒に頑張っていきたい。

【公明党】
●山口代表
前政権中、そして政権交代後も成立に向けて努力してきた。これからの実施の面も含めてお手伝いしていきたい。

●赤松議員
B型肝炎の早期解決の問題も受け止めて今後もしっかりやっていく。

【共産党】
●志位委員長
皆さんの勇気ある戦いが背中を押してくれた。薬害の問題にとどめず、350万人の救済のために声を上げていく。これから、以下の3つの大きな問題がある。
①法15条の患者の経済的負担の軽減の具体化インターフェロン治療費の無料化はもちろん、抗ウィルス薬や強ミノなどについても、予算を付けていく。②法19条の肝炎対策協議会について、その委員構成や内容等について。③B型肝炎訴訟の早期解決。

【社民党】
●福島党首
一緒に頑張ってきた友達という感じをしている。患者の人達が苦労するのはおかしいと思っていた。本当にお疲れ様。基本法が成立した後のフォローをしっかりやらせて頂きたい。特に、予算措置、きめ細かいフォローを内閣の中でも、個人としても、党首としても、議員としても頑張っていきたい。

【新党日本】
●田中党首
一番恐ろしいのは、基本法ができてそれで終わりになること。そうならないように今後も協力していく。
[PR]
by kanen-relay | 2009-12-01 10:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
【声明】肝炎対策基本法成立に際して
本日10時22分、肝炎対策基本法が参議院で可決されました。
賛成154、反対0です(自民・公明党は欠席)。

* * * * * * * * * * * *

肝炎対策基本法成立に際しての声明
  
薬害肝炎全国原告団代表 山口美智子


 11月26日の衆議院可決を経て、本日30日参議院にて全会一致で可決し、肝炎対策基本法が制定しました。2年越し3度目の国会で、ようやく肝炎問題全面解決への大黒柱が立ちました。

 2002年10月の薬害肝炎訴訟の初提訴以来、5年の闘いを経て昨年1月の薬害肝炎救済特別措置法が制定しました。その際、薬害肝炎原告団は、やっと全面解決への土台ができただけなので早急に350万人の患者に対する支援策の実現をと、当時の福田首相や舛添厚労相に訴えました。全ての政党も超党派でウィルス性肝炎患者の支援策の実現に向けてさらに取り組むと約束してくださいました。

 ところが、国会も世論も、まるで肝炎問題は完結したかのような風潮でした。それからの1年半、薬害肝炎原告団は、あらゆる場で「肝炎問題は終わっていません」と言い続け、また肝炎患者3団体(日肝協、B型肝炎訴訟原告団、薬害肝炎原告団)が連帯し「もう待てない 350万人のいのち」のスローガンのもと、集会や街頭での全国キャンペーンを展開してきました。約28万筆の署名が集まり、国会に請願もしました。

 しかしながら、不安定な政局に振り回され、与野党から提出されていた2つの法案も廃案になってしまったのです。またもや肝炎患者の命が置き去りにされてしまったと、会期末ぎりぎりまで諦めずに活動してきた薬害肝炎原告団は打ちひしがれました。それは、この間、薬害肝炎原告団の元原告等が治療を開始し、強い副作用をおして国会要請活動を重ねてきたからです。私自身、「今こそ勝負の頑張り時」と何度呼びかけてきたことでしょうか。

 その後政権交代しての臨時国会では、政治の責任を果たして頂けると静観の体勢でいたのですが、国会召集となっても、肝炎法案は上程されないままでした。やはり当事者である患者自らが動かなければ何も進まない現状を改めて思い知らされ、薬害肝炎原告団は国会要請行動を重ねました。

 その結果、まったなしの肝炎患者の状況を理解していただいた超党派の国会議員の方々のご尽力により、ようやく今日という日を迎えることができました。
 薬害肝炎原告団の最終目標である「ウィルス性肝炎患者が安心して治療に専念できる恒久対策」実現への大きな一歩を踏み出したことは確かです。

 全面解決への「大黒柱」ができたからには、予算措置という「梁」ができてこそ、しっかりとした肝炎患者救済につながります。「命を大切にする政治」が「命を救済する予算措置」を実現してこそ、政権交代の意味があるのです。

 さあ、次なる闘いの先頭に立たれるB型肝炎訴訟原告団へ、薬害肝炎原告団から本日バトンを渡します。

 そしてこれまで私たち薬害肝炎原告団を支えていただき、共に闘っていただいた皆さまに対して心より感謝申し上げます。
[PR]
by kanen-relay | 2009-11-30 11:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
参議院厚生労働委員会(27日午前)
九州弁護団の古賀弁護士より、速報です。

本日10時14分~10時20分
藤村修議員から「肝炎対策基本法案」の趣旨説明(衆議院厚労委員会説明と同じ)
 質疑なし
 討論なし
 直ちに採決
全会一致で原案通り可決すべきものと決定しました。

.........................
d0081819_13403332.jpg

肝炎患者支援のための全国キャンペーン
もう待てない!350万人のいのち

肝炎対策基本法の制定を求めるための署名活動にご協力ください。

[PR]
by kanen-relay | 2009-11-27 10:22 | 肝炎患者支援法キャンペーン
衆議院で可決されました!
様々な不安要素を多く抱えた今臨時国会ですが、本日11月26日、全員一致で肝炎対策基本法が衆議院で可決されました。

明日午前10時から、参議院厚生労働委員会で、肝炎対策基本法について審議される予定です。
原告団も、傍聴に行く予定です。

<肝炎対策法>衆議院通過 治療費助成を増額 今国会成立へ




.........................
d0081819_13403332.jpg

肝炎患者支援のための全国キャンペーン
もう待てない!350万人のいのち

肝炎対策基本法の制定を求めるための署名活動にご協力ください。

[PR]
by kanen-relay | 2009-11-26 23:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
今国会で成立するのか?
報道されているように、肝炎患者支援法は、本当に今国会で成立するのでしょうか?

現時点の情勢では、今週11月20日までに与野党協議を行い、協議が整えば、11月24日の衆議院厚労委員会で可決するという段取りになるようです。

しかし、「支援法成立へ」という新聞見出しが躍った後でも、成立まで一直線に進んでいるというわけではなく、政治情勢ではいろいろな動きがあるようです。

今週末の与野党協議の内容によっては、どうなるかわからないし、与野党協議が整わないときは、法案提出見送りという危険性をはらんでいます。まだまだ予断を許しません。

肝炎患者たちは、最後まで手をゆるめず、声を上げ続けなければならないのですね025.gif

.........................
d0081819_13403332.jpg

肝炎患者支援のための全国キャンペーン
もう待てない!350万人のいのち

肝炎対策基本法の制定を求めるための署名活動にご協力ください。

[PR]
by kanen-relay | 2009-11-18 08:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
民主党への説明会要望書
薬害肝炎原告団は、本日、民主党に法案内容に関する説明会の開催を要望しました。
週明けの16日13時から民主党の法案説明会が開かれます。

-------------------


2009年11月13日

民主党代表  鳩 山 由紀夫 殿

肝炎対策基本法案についての要望書


薬害肝炎全国原告団 代表 山 口 美智子
薬害肝炎全国弁護団 代表 鈴 木 利 廣


【要望の趣旨】

 今般貴党がお考えの肝炎対策基本法案(原告団・弁護団は「肝炎患者支援法」と呼んでいます)について、原告団・弁護団に対し、早急にその内容をご説明いただく機会を開催していただきたく要望いたします。

【要望の理由】

 私たち薬害肝炎全国原告団・弁護団は,全国に350万人以上いると言われるウイルス性肝炎感染者の公的支援を求めて,昨年11月以来,B型肝炎訴訟原告団及び日肝協とともに,「国の責任」「全国的な肝炎治療体制の整備」「医療費助成と治療中の生活支援」を求めて全国キャンペーンを行ってきました。

 さて,去る6月30日,原告団・弁護団は,先の通常国会において「肝炎患者支援法」が成立されるよう,鳩山代表と面談し要請させていただきました。その際,原告団・弁護団は,鳩山代表から「少なくとも民主党が政権をとった暁は国としての責任を明記する形で,皆さんの思いに応えられる法案を成立させる」との約束をいただきました。

 そして今般,11月10日再び鳩山総理と面談し,「この臨時国会での解決,各党の皆さまも大変努力していただいている、政争の具とすることなく超党派での解決を目指したい。」と,今臨時国会での法案成立についてお約束いただきました。


 そこで今般原告団・弁護団は貴党に対し,与党案の内容について充分なご説明をいただきたく要望する次第です。

 なお、自公案につきましては,去る11月10日自由民主党及び公明党からその内容についてご説明をいただき、了解させて頂きましたことを付言いたします。
以上



.........................
d0081819_13403332.jpg

肝炎患者支援のための全国キャンペーン
もう待てない!350万人のいのち

肝炎対策基本法の制定を求めるための署名活動にご協力ください。

[PR]
by kanen-relay | 2009-11-13 23:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
今週末の街頭活動のお知らせ
法案成立に向けて、国会も動いてはいるようですが、さらにプッシュするために、今週末も街頭活動を行います。関東地方で行われる活動をお知らせします。

●11月14日(土) JR鎌倉駅(神奈川県)
 11:15  JR鎌倉駅東口集合
 11:30~12:30 街頭ビラ配り・署名活動(東口)
 13:30~15:00 ミニ集会

ミニ集会会場(西口側)  鎌倉商工会議所301会議室
住所 鎌倉市御成町17-29(鎌倉駅西口より徒歩3分)


●11月15日(日) 熊谷駅(埼玉県)
 13:00  熊谷駅北口集合、街頭ビラ配り・署名活動 
   (14:00ころまでを予定しています。)

 終了後の集会は予定していませんが、
 時間のある方は茶話会で、懇親を深めましょう。



飛び入り参加も歓迎いたしますので、肝炎患者支援法(肝炎対策基本法)の成立にご賛同いただける方は、ぜひご参加ください。

.........................
d0081819_13403332.jpg

肝炎患者支援のための全国キャンペーン
もう待てない!350万人のいのち

肝炎対策基本法の制定を求めるための署名活動にご協力ください。

[PR]
by kanen-relay | 2009-11-11 12:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
そして鳩山総理面談、それから自公懇談会
【鳩山総理面談のご報告】

そして、本日16時から首相官邸にて、鳩山総理との面談が行われました。
弁護団の小山弁護士から報告です。

(本日の出席者)
 鳩山首相
 松野内閣官房副長官
 長妻厚生労働大臣、山井厚生労働大臣政務官
 家西悟議員、梅村聡議員、柚木道義議員、内山晃議員
 福田衣里子議員(司会)

第1部 鳩山首相と三団体面談

●鳩山首相のあいさつ
 民主党が政権をとった暁には、肝炎問題を解決する約束をしたことを覚えています。
 肝炎対策基本法の成立に全力を尽す。法案の成立はいろいろなやり方でできると思う。臨時国会での成立の努力を約束する。これまでに十分な対応をとれていないのであれば、十分な対応をとることを約束する。皆様方に首相官邸まで足を運んでいただかねばならなかった以上、臨時国会の中での解決を図る。
 命に関わる問題だからこそ、今解決を図らねばならない。その強い意志を表明する。内容については皆様の意見を聞いて、成立の協力を約束する。今まで長い時間がかかったことを政府としてお詫びする。今こそ解決することを約束する。
 官邸に出向いていただいたこと厚く御礼申し上げる。

●薬害肝炎原告団山口美智子代表のあいさつ
 350万人の肝炎患者の代表として官邸に来た。
 今年6月30日、鳩山代表に会ったときに、鳩山代表は「一人の命も粗末にしない。政権をとったあかつきには肝炎法案を成立させたい」と言葉をもらったことを覚えている。
 肝炎基本法が成立した後には、法案に基づいて予算措置がとられることを願う。「命を救う政権、命を救う予算措置」をお願いしたい。

(ここで、山口代表は、要望書を、総理に手渡しました。)


第2部 鳩山首相との意見交換

●薬害肝炎山口代表
 臨時国会での成立を約束していただいたこと、感激した。薬害肝炎救済法では救済されない一般患者、抗ウイルス薬が聞かない者の救済を是非はかっていただきたい。そのためには長妻大臣の後押しをして欲しい。

●鳩山首相
 今までと違って、政治主導の政権を目指している。国の責任を認め、予算措置を執ることが大切。命を大切にする政権を標榜する以上、肝炎政策を最優先の課題とする。ここにいる全員で長妻大臣の後押しをしなければならない。また、財務大臣と戦わなければならない(笑)。

●長妻厚生労働大臣
 先日、山口美智子代表が厚生労働大臣室に来ていただき、官邸に行く約束をした。従前の厚生労働行政は、418リスト問題など、誠意に欠けた対応をしてきたこともあったが、今後はそのようなことがないようにしていきたい。
 B型肝炎、C型肝炎の治療薬について、医療費の助成を実行していきたい。全力で薬害の再発防止、医療費助成に取り組んでいく。

(鳩山首相より、他の方も意見も述べるよう、促されました)

●肝臓病患者会(岩手)
 肝炎対策基本法の成立、国の責任を認めること、患者救済は悲願である。岩手県の患者会をみていると、高齢者が多くインターフェロン治療が困難。お金だけでなくシステムを作っていって欲しい。

●B型肝炎原告九州代表
 母子感染の悲劇がある、B型肝炎の救済を求める。

●日肝協
 肝硬変、肝がんに進行している人が多く、一刻も早い対策をお願いする。

●薬害肝炎山口代表
 有言実行でお願いしたい。

●鳩山首相
 それぞれの立場の気持ちを大切にしたい。時間との勝負、お金ではなく仕組みづくりをと求める気持ちも理解できる。人の命を大切にするという政権の試金石の問題ととらえる。この臨時国会での解決、各党の皆様も大変努力していただいている、政争の具とすることなく超党派での解決を目指したい。

................

【自公懇談会のご報告】

続いて、16時40分から17時まで自公懇談会が行われました。
弁護団の濱野弁護士から報告です。

(本日の出席者)
石破議員(自民政調会長)、斉藤議員(公明政調会長)
大村議員(厚労委筆頭理事・司会)、
吉野議員(自)、菅原議員(自)、田村議員(自)、加藤議員(自)
赤松議員(公)、古屋議員(公)


●石破政調会長
 今回、肝炎対策基本法案提出の運びとなった。
 福田総理の時、自分も内閣にいたが、きちんとした法律を作らないといけない、 国の責任を果たすべき、とおっしゃっていた。基本法が1日も早く成立するよう最善の努力を、自民・公明ともにしていく。

●斉藤政調会長
 先の通常国会で法案が廃案になり、大変残念な思いだったと聞いた。今回、山口公明代表も代表質問でとりあげ、私も予算委員会で質問した。 肝硬変、肝がんも新たに対象に加えている。

●大村議員
(法案の概略を説明されました)
 自民・公明で2年前の10月に肝炎対策基本法案を提出した。これは、総合的な肝炎対策を進めていこうというもの。
 ただ、今回3点修正した。
 (1) 前文に国の責任を入れた。法制局とも、つめてある。
 (2) 肝硬変、肝がんに関する施策の実施を加えた。
 (3) 臨時国会成立を前提に、平成22年1月1日施行。
 引き続き、全力で取り組んでいく。

●薬害肝炎山口代表のあいさつ
 (肝炎対策基本法案の提出に対する感謝の言葉を述べた上で)
 2年ぶりに斉藤政調会長と顔を合わせ、当時のことを思い出し言葉を詰まらせる。
 いま面談してきたが、鳩山総理も「超党派で」と言っていた。
 ただ、これまで何度も政局に翻弄されてきた。是非、1日も早く成立を。

●日肝協のあいさつ
 (肝炎対策基本法案の提出に対する感謝の言葉を述べた上で)
 ただ、ウイルス性肝炎に気付いていない人たくさんいる。検査体制を。

●B型肝炎原告のあいさつ
 (肝炎対策基本法案の提出に対する感謝の言葉を述べた上で)
 同時に、B型肝炎訴訟の全員救済を。

●赤松議員
 3年前に厚労副大臣だったが、その時原告団に会えなかったことの罪滅ぼしとして、この問題に関わってきた。

●古屋議員
 山口代表と同い年。女性の立場として他人事ではない。

●吉野議員
 厚労委理事。薬害肝炎救済法の時の原告の傍聴の姿に感動した。

●菅原議員
 2年前もこの場(舛添大臣面談のときと同じ衆議院第1議員会館地下の大会議室)にいた。寒風の中、行進する原告を見て、1人でも多く救済されるように。

●田村議員
 この臨時国会で成立することが目的。超党派でしっかりと協力してやる。

●加藤議員
 まだまだ運用面の話もある。厚労委員会で反映していきたい。

(最後に、今後の委員会の段取りについて、お伺いしました。)

●大村議員
 衆議院厚生労働委員会は明日始まり、所信表明がされる。来週、一般質疑が行われ、新型インフルが議論される。法案は、これからここにいるみんなで提出に行く。新型インフルと並行して、与野党協議をしていくことになるだろう。全会派一致に持ち込んで、委員長提案で質疑もなく成立させたい。

.........................
d0081819_13403332.jpg

肝炎患者支援のための全国キャンペーン
もう待てない!350万人のいのち

肝炎対策基本法の制定を求めるための署名活動にご協力ください。

[PR]
by kanen-relay | 2009-11-10 23:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
国会請願行動、そして・・・
本日午後、国会請願行動、鳩山総理との面談、自民・公明党懇談会がありました。
まず、弁護団の小松弁護士から、国会請願行動の報告です。

12時30分から、衆議院第二議員会館第一会議室で院内集会が開催されました。

参加者は約100名、薬害肝炎原告団・弁護団、支援者の皆さんも、全国からたくさん参加されました。

議員は、福田議員、柚木議員、柳田議員(以上3名民主)、大村議員(自民)、古谷議員(公明)、高橋議員、小池議員(以上2名共産)、阿部議員(社民)が出席され、挨拶をされました。

集会後、各党の衆参厚労委員に、請願紹介議員になってくれるよう、署名を持って要請に行きました。

民主党の議員のなかには、反応がいまいちだったり、紹介議員なってくれない人もいたとのことです。
決して気を緩めてはいけないと痛感しました。

署名数は、薬害肝炎が69,840筆、全体で88,655筆でした。
たくさんの署名を集めて頂き、ありがとうございました。お疲れさまでした。

.........................
d0081819_13403332.jpg

肝炎患者支援のための全国キャンペーン
もう待てない!350万人のいのち

肝炎対策基本法の制定を求めるための署名活動にご協力ください。

[PR]
by kanen-relay | 2009-11-10 22:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン