薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


カテゴリ:東京から( 213 )
裁判と全面解決要求について
 皆さん、こんにちは。

 私は、1994年の弁護士登録依頼、厚生労働省を被告とする国賠事件である薬害エイズ、ハンセン病の訴訟に携わってきました。そして、これらの訴訟と同様に、今回の薬害肝炎訴訟においても、原告団・弁護団は「全面解決要求」というものを掲げ、裁判だけではなく、対国会、対政府に対して行動を繰り広げています。

これらの訴訟に共通なのは、単に裁判で国・企業の責任や賠償金を獲得することだけでは救済を勝ち得たとは言えず、その法的責任に基づく国の政策転換を実現させることが必要であるということです。薬害エイズで言えば全く放置されていた治療体制の整備でしたし、ハンセン病では退所者への生活支援策の実施等でした。

薬害肝炎訴訟でも、医療費支援策などの要求を掲げています。

これらの政策は、他の疾病とは異なる取り扱いを要求する訳ですから、行政の平等取扱原則に抵触する可能性が否定できません。
したがって、単なる福祉政策としては実現することが困難であり、国の法的な加害責任が認められ、被害者に対する原状回復責任が認められて初めて実現可能なものと言えます。その意味では、裁判はいわば手段であり、勝訴判決は武器である、と位置付けることが出来ます。

 先日の大阪地裁判決、そして、まもなく言い渡される福岡地裁判決という武器で、できるだけ早期に政府の決断を迫っていきたいと思います。 ご支援の程よろしくお願い致します。

(東京弁護団・のま)
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-09 00:00 | 東京から
インターフェロン療法の医療機関格差
2006年8月6日朝日新聞朝刊の記事です。
C型肝炎インターフェロン治療
専門医ほど積極推奨

C型肝炎患者のインターフェロン治療に関する考え方が、医療機関によって大きく違うことが久留米大などの調査で分かった。肝臓専門医がいる病院では70歳以上の高齢者にも勧めていたが、専門医がいない診療所では「高齢」を理由に勧めていなかった。インターフェロン治療に対し、患者の側には「副作用が心配」との見方が強いことも分かった。

やはり肝炎治療には医療機関格差があり、
薬害肝炎の原告さん、肝炎患者の方々が言っているとおり、
副作用に対する不安は消えないということですね。

肝炎の治療体制がより整備されることを目指して、
弁護団もがんばります!

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-08 00:00 | 東京から
2006年 AIDS文化フォーラムin横浜
 「2006年度第13回AIDS文化フォーラムin横浜」が、かながわ県民センターで開催されました(主催:AIDS文化フォーラムin横浜組織委員会)。

 8月5日午後1時~3時のコマで、「薬害エイズを考える山の手の会」が「薬害エイズから薬害肝炎/薬害は繰り返される」と題してパネルを行いました。

 パネルでは、薬害エイズの原告お二人、薬害肝炎の東京原告21番さん、毎日新聞の江刺記者に、弁護士小松から質問しました。原告の方々には、感染の経過、感染を知った状況・気持ち、被害、現在の生活、治療、将来の希望などを、江刺記者には、マスコミ全般の状況と江刺記者の関わりなどを、聞いていきました。

 薬害エイズの被害者も、今はHIVの治療をきちんとしていれば、エイズでは死なないが、血液製剤によって感染させられた肝炎で死ぬ人が多いこと、つまり、「薬害」肝炎に行き着くこと、薬害肝炎の被害の大変な実態 (21番さんの語る差別体験や、インターフェロン治療が費用がかかること、費用のこと仕事が出来ないこと等で治療を受けられない被害者がたくさんいること等々→みんなびっくりして聞いていました) 、マスコミの作為と不作為の問題点、薬害は繰り返されること等、がそれなりにわかりやすく提示できたかなと思います。東京原告21番さんが「山の手の会」と方たちと交流できたのも大きかったです。

(東京弁護団・小松)
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-07 00:00 | 東京から