薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


カテゴリ:東京から( 213 )
2007 X'mas 薬害肝炎トークライブ
d0081819_949109.jpg2007年12月15日の土曜日、薬害肝炎訴訟を支える東京学生の会HEARTSと原告、弁護団、支援はひと足早いクリスマス会を開催しました。

めまぐるしく変わる情勢の中で、「たくさんの方の生の声を聞いてみたい!聞いてほしい!」との思いではじまったクリスマス企画は、トークライブという形で開かれました。

プログラムは、
1 原告・福田衣里子さん、参議院議員・川田龍平さんのお話し
2 Y新聞、N放送局の記者の方のお話し
(3 懇親会!!!)
と盛りだくさんの内容で、普段聞くことのできないお話しもたくさん聞くことができました。

d0081819_951452.jpg今回は「新しい学生仲間を取り込もう!」と学生が楽しめる企画を考えていたので、まさに今をときめく(?)福田さんや川田さんを目の前にして、聞き手の学生の表情も真剣そのものでした。
また、記者の方から意見をいただくことはなかなかないので、どんなことを考えて取材しているのか、どんな思いで原告を見つめているのかなど、これまで活動を続けてきた学生にとっても目からウロコのお話しばかりでした。

d0081819_9531430.jpg会場を早稲田大学にとったおかげで、ニューフェイスもちらほらとお目見えし、トークライブ終了後に行われた高田馬場駅での街頭宣伝も非情に盛り上がりました!
最近の情勢の後押しもあってか、テレビカメラもたくさん!署名に行列?!と、世論の関心の高まりを参加者みんな感じられたように思います。

今回の企画で、新たな仲間も加わりそうで・・「クリスマスが終わった ら今度は新年会か・・?!」と意欲を燃やすHEARTSの面々でありました。

仲間を増やしたHEARTSはこれからもがんばっていきます・・!!
少し早いですが、Merry X'mas!!
クリスマス本番は、みんなが笑顔で過ごせますように・・☆

(東京学生の会HEARTS・栗原未奈子)

d0081819_9575887.jpg高田馬場駅前の街頭で支援を訴える九州原告・福田衣里子さん。

d0081819_100457.jpg薬害肝炎への支援と理解を求めてチラシを配る東京原告・浅倉美津子さん。


※ 当日は、東京以外にも、大阪・福岡・名古屋の全国4ヶ所で、薬害肝炎被害者全員の救済に向けての福田総理の政治決断を求めて、原告・支援者・弁護士らによる街頭宣伝が行われました。新聞でも報道されています。
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-16 00:00 | 東京から
銀座四丁目で!
d0081819_2295626.jpg本日(=昨日の14日)17時から、銀座4丁目の三越の前で、街頭宣伝を行いました。

忘年会シーズンの金曜日の夕方ですから、たくさんの街行く人達でごったがえしていました。
これから買い物や食事など、楽しい場所に向かうであろう人で混雑している中での街頭宣伝は大丈夫だろうかとの不安もあったのですが…
(宝くじ売り場の方にはご迷惑をおかけしてしまいました。申し訳ありません。)

「薬害肝炎訴訟」の名前を耳にした瞬間、たくさんの方がビラを受け取ってくださいました。
中には、混雑で受け取りそびれてしまった方が、わざわざ「私にもください」と戻ってくることもありました。

4丁目の交差点の角では、実名公表原告の山口さん、福田さん浅倉さんがマイクを持d0081819_2265154.jpgって、線引きは絶対に許されない、薬害被害者は皆同じように救済されなければならないこと、そのためには政治解決が必要であること等を強く訴えました。
薬害エイズ被害者の川田龍平議員も駆けつけて下さり、今こそ政治解決が必要だと原告たちを応援するメッセージをくださいました。

署名活動も行いましたが、署名用紙を持って街頭に立つ浅倉さんの前には、たくさんの方が署名をするために並びました。
「どうか頑張って下さい」「総理は何をやっているんだ」などと応援のメッセージや、国や政治に対する怒りの言葉もたくさんいただきました。

私自身も、ビラを配っている最中に、「心から応援しています」「頑張って下さい」「本当になんとかしなければならない問題だ」などとおっしゃっていただき、数名の方にカンパをいただきました。
暖かい言葉、お心遣いに心が熱くなると同時に、たくさんの人が原告を後押ししてくれていることを感じ、早期全面解決に向けて、一層頑張っていこうと気持ちを新たにしました。

お声かけいただいた皆さま、本当にありがとうございます。
これからも、私たちを応援して下さい。

たくさんの人が、社会が、原告たちを応援してくれています。
原告、支援者の皆さん、線引きのない救済に向けて、頑張っていきましょう!

明日も、16時半から高田馬場で街頭宣伝を行います。
イベントに参加した学生さんがたくさん参加してくれる予定です。
お時間のある方は、ぜひご参加ください。

(東京弁護団・ごとう)

写真提供=東京弁護団・のま
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-15 02:00 | 東京から
原告ら、大阪高裁の和解案を拒絶!
d0081819_17235220.jpg 12月13日午後3時30分、大阪高裁より原被告らに対して大阪高裁の考える和解案が提案されました。報道等で既にご存じかとは思いますが、その内容は薬害被害者の救済範囲を線引きする、不当な内容でした。

 それゆえ、原告らは和解案が提示されたその場で和解案を拒絶しました。原告らは、薬害被害者全員の救済を求めて、2002年の東京地裁・大阪地裁への提訴以降戦い続けてきたのですから、到底大阪高裁の和解案を受け入れることはできません。
 舛添大臣等が「裁判所のリーダーシップを期待する」と繰り返し述べて来たにもかかわらず、そして国民世論の全面一律救済へ向けた支持があるにもかかわらず、大阪高裁はリーダーシップを全く発揮することなく、原告・被告のそれぞれの考える和解案を単に調整するだけのことしかしませんでした。
 そして、国(官僚)の全面一律救済への強い抵抗に屈し、全面一律救済案を提示しなかったのだと思います。

d0081819_17185093.jpg 大阪高裁の和解案の提案を受けて、東京では4人の原告が記者会見に臨みました。原告団代表の山口さん、福岡原告の福田さん、東京原告の浅倉さん、名古屋原告の金田さんです。会見は弁護士会館の一室で行なわれたのですが、100名近い報道関係者が集まり、会見の場は異常なほどの熱気に包まれていました。

 福田さんは、第9因子製剤の投与を受けた原告ですが、「国にも企業にも責任が認められなかった。自分の力が及ばなかった。自分の無力さが哀しい」と無念さを訴えました。また、和解案の中には訴訟遂行費用という名目で、弁護団・原告団に対して救済対象外被害者に分配するなどして自由に使用できる一時金を支払うとの提案がありました。かかる提案について福田さんは「まるで口止め料を払ってやるから、これ以上騒ぐなと言っているようなもの。命の尊さを全く理解していない。すd0081819_1722349.jpgごく人を馬鹿にした内容の和解案。こんなものを原告が飲むと思っているのか。馬鹿にしないで欲しい」と怒りを露わにしました。

 そして山口さんは、「被害者が線引きされ、切り捨てられる。到底受け入れられない内容」と断言しました。また、「私はまだある程度自分の夢を叶えられたからいい。だけど、福田さんやほかの若い原告は、夢を奪われた。将来に希望を持てないでいる。そんな若い人たちが『何を信じていいか分らない』と絶望している。そんなことがあっていいのか。『自分の力が及ばなかった』と謝罪の言葉を述べるべきなのは、舛添大臣や福田首相ではないか」と涙ながらに国の対応に強く抗議しました。

 果たして福田首相は原告たちの声、国民の声に耳を傾け全面救済の政治的決断をするのでしょうか。その判断が待たれています。

(東京弁護団・たけだ)
 写真提供=東京弁護団・なかがわ

大阪の模様は、こちらの記事を!

毎日新聞
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-14 10:00 | 東京から
民主党の小沢一郎代表と面談
 薬害肝炎原告団は、12月13日の大阪高裁の和解骨子案が出た直後、民主党の小沢一郎代表と面談しました。小沢代表、今後とも力強いご支援をよろしくお願い申し上げます。
d0081819_1747052.jpg



 【毎日新聞】
 民主党の小沢一郎代表は13日、党本部で薬害C型肝炎訴訟の原告団と面会した。大阪高裁の和解骨子案が救済対象を限定したことを受け「原因と結果、事実関係ははっきりしている。(被害者全員を救済する)みなさんの主張が正しい。政治の姿勢としてもそうあるべきだと主張していきたい」と述べ、政治決断による解決を政府に求める姿勢を示した。


写真=東京弁護団・なかがわ
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-13 22:00 | 東京から
世論調査でも全員救済に支持!
 報道ステーション・ANNの世論調査によれば、「福田総理は、薬害肝炎の被害を受けた患者全員に対して救済を行う政治決断をするべきだと思いますか、思いませんか?」との質問に対し、87% が「思う」と回答しました。

 福田総理!世論調査の結果をよく見て、政治決断して下さいね!
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-11 00:00 | 東京から
薬害肝炎原告ら、総理に会えず
 いよいよ総理決断要請に向けての官邸前行動です。
 15時30分に、日比谷のかもめの広場に集合。原告、弁護士、支援者ら約300人が官邸前行動のために集まりました。
d0081819_1413553.jpg
 

 16時、出発直前に日比谷公園かもめの広場にて。
d0081819_9162934.jpg

 薬害肝炎原告団代表の山口美智子さんの、総理決断要請行動の出発宣言を聞く原告ら。
d0081819_9164230.jpg

 16時10分、厚生労働省庁舎前において、「切り捨てるな!薬害被害者を!」と訴えました。
d0081819_9165330.jpg

d0081819_12383452.jpg


 約1時間かけて、日比谷公園かもめの広場から、永田町の総理官邸前まで徒歩で移動。途中「総理、今こそ決断を!」「薬害被害者と面談せよ!」と声をあげました。

 総理官邸前の要請行動。薬害肝炎原告ら、支援者らは、官邸に聞こえるようにマイクで、総理の政治決断を求めて訴えました。
d0081819_924992.jpg

d0081819_12402383.jpg

 大阪原告の加地さん(下の写真右端)。加地さんは、418問題では告知されないまま放置され、国の提示する和解骨子案では切り捨てられる原告です。官邸に向かおうとする原告代表者らを強く激励しました。
d0081819_9262936.jpg

 川田龍平議員も応援に駆けつけ、原告らとともに、総理の政治決断を求めました。
 その他、高橋千鶴子議員、森ゆうこ議員、山井和則議員、福島みずほ議員、仁比聡平議員、姫井由美子議員、市村浩一郎議員、小池晃議員、川崎稔議員、外山斎議員、梅村聡議員も、応援に駆けつけてくれました。
d0081819_9263891.jpg


 17時15分過ぎ、原告代表として実名原告4名、弁護士2名のみが総理官邸に入ることを許され、総理官邸に向かいました。

 代表者が総理官邸にいる間、訴え続ける原告たち。
d0081819_12411632.jpg


d0081819_927541.jpg
 官邸前の路上にて、総理官邸から原告代表者らが出てくるのを待つ支援者らの長い列。
d0081819_9265340.jpg
 官邸前行動を取材するために集まった多くのメディア。
 日本テレビ、フジテレビ、テレビ朝日は中継車を出し、本日の官邸前行動は全国に生放送されました

 その後、18時頃まで、総理官邸前で待機するも、原告代表者らはまだ何の連絡もなく、総理官邸からも出て来ず。夜間の寒い中での行動であり、原告らの体力を考慮し、星陵会館にて待機することになりました。

 原告代表者らが総理官邸から出てきたのは、18時20分頃。

 18時45分頃から、星陵会館における記者会見と報告集会の開始。

 あれほど強く総理の決断を求めていたにもかかわらず、福田総理とは面談できず。大野官房副長官が対応しましたが、総理との12日までの面談の約束すらしてもらえませんでした。

 悲痛な声で嗚咽しながら、薬害被害者らに対する冷たい対応について報告する実名原告ら。
 いつもは気丈な原告団代表の山口美智子さんも、「福田総理が何とか政治決断をしてくれるものと今日まで信じていた。しかし、裏切られた。もうこの内閣には期待できない」と涙声でふるえていました。
d0081819_9552255.jpg

d0081819_9554064.jpg


   
 大野官房副長官からの返事は、福田総理が面談することは約束できない、12日までに面談するかどうかの返事をするかどうかについても約束できない、個人的には面談するのは無理だと思うというものでした。

 総理が面談しない理由は、大阪高裁の13日の和解勧告まで和解の努力を続けているし、多忙のため面談日程が取れないというものでした。

 原告・弁護団の代表者から、「大阪高裁の和解骨子案については、すでに双方当事者に伝えられている。その和解骨子案では、原告団は和解を拒否するということも言っている。政治決断をするのに、13日まで待つことに意味はない。」「薬害肝炎問題について、多忙を理由にして面談を拒否する程度の認識しか持っていないのか。」と訴えましたが、大野官房副長官は、ただ同じ回答を繰り返すだけでした。

 原告団は、体力も気力も限界まで頑張ってきているのに、官邸は、冷たい対応を繰り返すばかりです。しかし、薬害肝炎原告団は、全国の肝炎患者の代表選手なのですから、何としてでも全員救済による全面解決まで、闘い続けなければなりません。 

 全国の支援者の皆さま、国会議員の皆さま、どうぞ薬害肝炎被害者のご支援、応援、バックアップをよろしくお願い申し上げます。13日までの2日間、原告たちは精一杯活動いたします。

(東京弁護団・まつい)

日本テレビニュース
TBSニュース
フジテレビニュース
テレビ朝日ニュース 
NHKニュース
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-10 21:00 | 東京から
総理決断要請行動に一緒に参加して下さい!
d0081819_23255959.jpg
日時:
 平成19年12月10日(月)
 15時30分
集合場所:
 日比谷公園かもめの広場



詳細は、ここをクリック

[PR]
by kanen-relay | 2007-12-10 17:30 | 東京から
薬害肝炎支援・タップライブ in 仙台
【仙台・12月8日】
 薬害根絶・薬害C型肝炎訴訟支援イベント熊谷KAZUNORIさんのタップライブの参加報告です。

 大成功のライブでした。仙台の先生方、支援の方、特に趣向に大変な力を発揮され実行された学生さん、ご苦労様、そして有難う。満員の観客、それを学生中心に、多くの支援の方々が参加して作られたライブでした。 

 今回のタップライブのすばらしさはもとより、HIVより支援で、川田さんと友達になられた熊谷さん(ニューヨーク在住)が、弁護士先生の連絡に支援として参加し、言葉でなく、タップを通して皆さんに訴え、それを観客がしっかり受け止めたライブでした。

 300余の観客が先生方・学生・支援の皆さんがまとめたビデオをみて、この肝炎問題の現状をしっかりメッセージとして受け止められた様子が、閉会時の福田首相へのメッセージの回収箱へ入れる方の多いことでしっかり判りました。

【東京・12月10日】
 それを参加者皆に語りかけ、熊谷KAZUNORIさんも、東京にお姉さんと一緒に参加して下さる以外、司法修習生の参加者他たくさん東京に参加されるということでした。
 HIV同様、ひどいなー、それが聞こえたライブでした。

(原告13番妹)
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-10 08:00 | 東京から
いよいよ明日、官邸前で総理決断要請
 本日午後、東京御茶ノ水にある中央大学駿河台記念会で、薬害肝炎全国原告団・弁d0081819_22192877.jpg護団会議が開かれました。

 報道によれば、国は、投与製剤、投与時期、既提訴・未提訴といった条件により、薬害肝炎被害者を線引きして、区別する(一部被害者を切り捨てる)という和解案を提示しているとのことです。しかし、そのような和解案は、そもそも、薬害肝炎被害者の全員救済による全面解決を求める我々の理念とは相反するものです。切り捨てを前提とする和解骨子案やその延長線上にある微調整案が、大阪高等裁判所から提示されたとしても、原告団・弁護団は即刻和解を拒否します。その方針について、本日の会議で確認されました。

 報道によれば、福田総理大臣は、大阪高裁からの和解案提示を待ってから対応を検討するといったことを発言しているようです。しかし、我々は、その前に、正義にかなう政治決断を福田総理大臣に求めているのです。

 強い決意を持って、我々は、明日からの総理決断要請行動に望みます。日没を過ぎた寒い中での官邸前行動となりますが、ご支援いただきたく、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 なお、明日の参議院決算委員会では、午前10時から、民主党の福山議員が薬害肝炎問題について国会質問を行います。舛添厚労大臣、そして福田総理大臣も、決算委員会に出席しています。NHKで国会中継は生放送されます。ぜひご覧下さい。原告団も傍聴に行く予定です。

(東京弁護団・まつい)

d0081819_2224249.jpg記者会見で明日の行動に向けての決意を述べる薬害肝炎原告団代表の山口美智子さん

d0081819_22221467.jpg集まった多くのメディア関係者
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-09 00:00 | 東京から
12月10日のTVタックル:薬害肝炎が大議論!
 ご承知のとおり、12月10日(月)夕方から総理決断要請行動を行いますが、その夜の21時から、TVタックル(テレビ朝日系)で、薬害肝炎が取り上げられるそうです。
 民主党の山井和則議員、自民党の松浪健太議員らが、薬害肝炎問題について大議論のバトルを繰り広げるとのことであり、要注目です!

 総理決断要請行動に参加される方は、21時の段階ではまだ永田町界隈にいる可能性もありますので、ぜひ録画しましょう。
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-08 00:00 | 東京から