薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


カテゴリ:九州から( 17 )
新年のご挨拶~基本合意1周年
  薬害肝炎「基本合意1周年記念集会」へご参加ください

                          薬害肝炎全国原告団
                          代表 山口 美智子

 新年あけましておめでとうございます。

 昨年は、6年間にわたる激動の裁判活動終結へと邁進した一年でした。暮れの12月14日に、最後の被告である日本製薬との基本合意書に調印したことにより、裁判上の総論的闘い『薬害肝炎訴訟』は漸く終結に向かうことになりました。このことをご報告するとともに、これまでの皆さまのご支援・ご協力に感謝申し上げます。

 この6年を思い起こせば、数々の行動の度に、私たちの傍らには、いつも皆さまが居てくださいました。各地の裁判所での期日の度に、足を運び傍聴席をいつも一杯に埋めていただきました。また、原告等の不退転の座り込みにも結集していただきました。そして、原告等と共に街宣活動や団体要請行動を続けていただきました。本当にありがとうございました。

 これからは、肝炎問題に、被告国・企業がどのように今後取り組むのかその態度を根気強く監視し、再発防止のための協議を重ねていく使命があると考えています。世論の力を借りながら、薬害肝炎原告団の最終目標である『薬害根絶』と『一般肝炎対策の実現』に向けて進んでいきます。

 そこで、今国会では、全てのウィルス性肝炎患者救済のための法律を制定させるために、全国キャンペーン『もう待てない!―350万人のいのちー』を展開(請願署名など)しています。
 また、国との基本合意締結から1年が経ったことを記念して

1月27日(火) 18:00~20:00
発明会館ホール

   (東京都港区虎ノ門2-9-14 東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」下車徒歩5分)
にて
 「薬害肝炎訴訟
 国との基本合意1周年記念集会」
 

を開催致します。当日は、この1年間の原告団・弁護団の活動を報告するとともに、今後の獲得目標を明らかにして、皆さまと目標に向け心一つにしたいと思っております。皆さまのご参加をお待ちしています。

 肝炎患者のための支援法を成立させるためにも世論を盛り上げていきましょう。
[PR]
by kanen-relay | 2009-01-08 00:00 | 九州から
薬害肝炎「企業モラルを正せ!抗議行動」参加のお礼
 23日、大阪での抗議行動に約150人が結集することができました。原告団からの急な呼びかけにも拘わらず、行動の趣旨に賛同していただき、各地から支援に駆けつけていただきましたことに、心から感謝申し上げます。

 また、各地での集会が予定されていたり、諸々の所用があったりと、大阪会場には来ることができなかった支援団体の方々からも連帯して闘う支援の思いを受け取ることができました。みなさんの熱いパワーを受けながら、12時からのビラ配りや抗議パレード、抗議アピール(直接交渉)、そして5時からの報告集会(記者会見)を私たち原告団はやりきりました。インターフェロン治療中や病状悪化のために、体力が落ち歩くのもままならない原告たちも、皆さんの力強い支援を受けながら頑張ることができました。

 翌日の朝刊には、「和解」「合意」の見出しがおどっていましたが、予断を許さない状況です。しかし、抗議行動の目的であった「肝炎問題は終わっていない」「被告企業は社会的責任を未だはたしていない」のアピールは、達成することができました。来週中には、企業からの回答がきますが、直接交渉で提示した最終原告案である基本合意書案を企業が全面受け入れることを期待したいと思います。この最終原告案には、私たち原告の思いだけではなく、証明がとれず原告に加われない方、治療の機会を奪われ亡くなった方など多くの肝炎患者の思いが入っているのです。必ずや、企業には、薬害事件の反省と事実を踏まえ、命の尊さを認識させなければなりません。前水俣市長であった吉井正澄氏も「人命、人権、環境を大切にしない企業は、これからは生き残れない。」と提言しています。

 これからも、被告企業には、二度と薬害を起こさない体制と、安心して使用できる医薬品づくりを求め続けていきます。
 皆さま、私たち薬害肝炎原告は、『薬害根絶』『肝炎総合対策』の実現に向けて、更に活動を続けていきますので、今後も変わらぬご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

薬害肝炎全国原告団
代表 山口 美智子

[PR]
by kanen-relay | 2008-06-26 00:00 | 九州から
福田衣里子さんの手記(産経新聞より)
 薬害肝炎九州原告の福田衣里子さんが、1月11日付産経新聞に手記を寄せました。以下、福田さんの手記の全文です。

 やっとここまでたどり着けた。

 ここ数カ月、薬害肝炎問題が、マスコミで取り上げられるようになった。しかし、実際の私たちの闘いは、5年以上におよぶ。私は、23歳の時、この訴訟に加わり、現在27歳になる。肝炎のこと、薬害のことを話しても多くの人が何のことだか分からない。ビラを配ってもだれも受け取ってくれない。そんなころから今日まで闘ってきた。治療をしながらの活動は、耐え難かった。副作用がひどく、人と話すことも、会うことも嫌だった。しかし、この問題を、もっとたくさんの人に、伝えなければいけない。その思いから、話したくない、思いだしたくもない、つらい話を、4年間、毎日のように話し続けた。そして、ここ数カ月は、毎日のように国会に通い続けた。

 この裁判が350万人の肝炎患者のためになるのだと信じていたから、あきらめなかったし、そのためにも、譲れないものがあった。

 自分たちだけのための裁判であれば、きっと、とっくにやめていただろう。

 利益優先の、身勝手な思いがうんだ、「薬害肝炎」。そんな人間の対極に居続けたい。命を救う役に立ちたい。その思いだけだった。

 今、ようやく、国を動かし、法律の制定へと進むことができた。

 ゆるぎない思いと理念をもって、仲間とともにあきらめることなく闘い続けることで、到底難しく思えることも、なしえるのだと、うれしく思った。

 しかし、これは、350万人に及ぶすべての肝炎患者のためのより良い医療費助成、恒久対策へとつながる土台ができたに過ぎない。この法案で救済されるのは、ごく一部。これから、私の闘いの第二幕がはじまるのだと思っている。

 私の望むことは、提訴当初から変わらず、すべての肝炎患者が、少しでも、不安や負担なく、治療できる体制を作りたいということだ。そして、薬害を根絶したい。自分だけでなく、家族や周りをも苦しめ、健康だけでなく、人生にまで被害を及ぼす、このような悲劇を繰り返してはいけない。大切な人に一日も長く生きていてほしい。大切な人のために一日も長く生きていたい。だれもが、思うことだ。

 命の重さは、みんな同じで、命以上に大切なものはない。もっと、心豊かな国になってほしい。そのために、何かできることがあるとしたら、し続けたい。

[PR]
by kanen-relay | 2008-01-13 01:00 | 九州から
被害者認定は司法認定で
 福田首相と原告団との面談から一夜が明け、薬害肝炎被害者救済のための議員立法作業が本格化しています。

 原告団は、国が薬害肝炎を発生させたことの責任を法に明記することを求めています。
 同時に、薬害被害者の認定については、裁判所が行うものとするよう求めています。

 国の責任を根拠づける法律ができた場合、被害者として被害回復を受けるには、血液製剤投与の事実、それによってC型肝炎に感染した事実、現在の肝炎の症状等が証明されなければなりません。これは、法的請求をする場合、一般に要求される事実の証明といえます。

 それでは、そのような事実を認定する役割はいかなる機関が担うべきなのでしょうか。

 これまで、たとえば公害事件などの場合には、あらたに専門家による認定機関を設け、行政が被害者の認定を担ってきました(行政認定といいます)。
 原告団は、その役割を行政ではなく裁判所が担うべきであると考えています(司法認定といいます)。

 なぜなら、薬害という厚生行政の被害者に該当するか否かの認定を、加害者である行政が担うとするのは、背理というほかないからです。

 仮に行政が担うとすれば、認定範囲が狭められる方向に働くであろうことは容易に想像がつきます。そうなると、認定却下の決定に不服のある人は、あらためて行政不服審査の手続をとらざるをえませんし、別途訴訟で争うことにもなるでしょう。これでは、進行性の病気であるC型肝炎患者にとって最も重要な、早期に適切な治療を受けるという目的に背く結果になってしまいます。

 25日の毎日新聞の朝刊トップは、私たちのこのような考え方を報じていますが、奇しくもその裏の第2面には「イタイイタイ病認定再審査 女性再び不認定」、「認定申請9人棄却 新潟水俣病」との見出しの記事が並んでおり、このような考えが杞憂でないことを端的に物語っています。

 すなわち、製剤投与の事実等の証明を求め被害者認定を行うのに最も適しているのは、行政から独立した機関でありかつ事実認定の専門家である裁判所であることは明白です。

 幸い、薬害肝炎訴訟は、現在全国5カ所の地方裁判所と、5カ所の高等裁判所に係属しています。薬害肝炎問題について多くの情報を有するこれら10カ所の裁判所が被害者の認定を行うこととすれば、早期に適正な認定がなされ、ひいては被害の早期回復というみんなの願いを実現することができるのです。

 だからこそ、原告団は、今回の議員立法において、被害者の認定は司法によってするものとすることを求めているのです。

 すでに26日の夕刊各紙は、与党プロジェクトチームも、被害者認定を司法判断にゆだねることで一致したと報じました。
 今回の議員立法が、薬害根絶につながる充実した内容のものとなるよう、引き続き、注視していただきますようお願い申し上げます。

(九州弁護団・迫田学)
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-27 23:59 | 九州から
原告団代表の山口さんのコメント
 薬害肝炎原告団代表の山口美智子さんの、本日の記者会見におけるコメントです。


d0081819_191084.jpg
 昨日、福田総理が議員立法指示されたということで、我々はとんぼ帰りで、議員立法に関して意見をまとめました。

 細かいところまで、真剣に話しました。原告だけでなく、多くの薬害被害者に関わる一律救済ですので、難しい問題ではありますが、同じ被害者であるので、原告でない人のことも、我が事として話し合いました。

 譲れないことは、国は、「薬害の解決が遅れたこと」への責任といっていますが、「薬害を発生させたこと」についての責任であって、ここに大きな隔たりがあります。薬害を認めて謝罪しなければ解決につながりません。
 今こそ、総理の力で正義が実現されるか試されています。
 明日にでも、総理が我々と面談することを希望します。

[PR]
by kanen-relay | 2007-12-24 23:00 | 九州から
参議院厚生労働委員会を傍聴して
 10月13日(日)全国原弁会議から2週間。この2週間で薬害肝炎に対するマスコミ報道が激変したと思います。418リスト(命のリスト)問題が国会で取り上げられたからです。

 10月24日(水)の衆議院厚生労働委員会については「論戦がほぼ薬害肝炎一色になった」と報じられました。
 そして、10月25日(木)午前9時から、原弁支17名で民主党が与党となった参議院厚生労働委員会を傍聴しました。筆記具とメモ帳以外はすべて院内のロッカーにしまい、金属探知機のゲートをくぐり、配られた赤いリボンを左胸につけ進みました。このあたりまでは、みんな和やかに談笑しながらでしたが、一歩委員会室に入ると「一言も聞き逃さないぞ!!」とみんなの顔が厳しい表情に変わりました。

 民主党の家西議員は、自らの薬害HIV訴訟での経験を基に、厚労省の隠ぺい体質と厚労省が「国民の命と健康を守る」という職務を果たしていない事など、当時と全く変わっていないことを述べられました。フィブリノーゲンがフィブリノゲンとたった-(ハイフン)がなくなっただけで、医薬品再評価を逃れ、新薬として認められた事実を具体的に聞いた舛添大臣は、どう感じたのだろうか。こんな事が許されている厚労省の体質と製薬企業との癒着を本気で失さなければいけないと思っただろうか。

 2002年当時、医薬安全対策課長だった黒川達夫審議官は、リストについて問われた時、「リストに関して認識はなかった」「リストには関わっていない」と答えました。厚労省の役人はどこまで命の大切さを軽視するのか。「命より守るべきものは一体何なんだ!!」「あなたの息子が、愛する家族が投与されていたら、そんなに平然とした態度でいられますか。」と大きな声で叫びたくなりました。

 委員会で舛添大臣は、「全部、すべて、洗いざらい出します。厚労省の膿を出し切る!!訴訟も年内一括解決に向けて全力を尽す」と発言しました。この言葉が必ず実現するまで、原告として闘います。

 支援の皆様、どうぞこれからも私達原告を支え続けて下さい。よろしくお願い致します。

(九州原告19番の母)

[PR]
by kanen-relay | 2007-10-28 00:00 | 九州から
薬害肝炎全国原告団からのお礼
                              2007年6月27日

各 位

      薬害肝炎「もう待てない!総理決断要求行動」参加の
                     お礼

                              薬害肝炎全国原告団
                               代表 山口 美智子

 25日、北海道から沖縄の全国各地から首相官邸前にお集まりいただいた皆さま、本当にお疲れ様でした。

 当日、首相官邸で官房長官に会うところまでこぎつけたことを聞かれたとき、そして、私と鈴木利廣弁護団代表が官邸から出てくるのをずっと待ち続けていたとき、どんなにか期待をふくらませておられたことでしょう。

 しかし、官邸はわれわれの要請に応えようとせず、薬害肝炎訴訟の解決について明言を避けました。皆さまを失望させる報告となったこと、どうぞお許しください。そして小雨の降る中をずっと待ったあげくの解散ではどんなにかご不満であったことと察します。原告一同、無念と同時に、応援に駆け付けてくださった支援の皆さまに顔向けができない思いで一杯です。皆さまに報告したあの瞬間、原告代表として私は、針のむしろに座らせられているかのようで死にたいぐらいの精神状態でした。しかし、私たち原告は、これまでも決死の覚悟で闘ってきたのです。これしきのことで逃げ出すわけにはいきません。

 原告団は、今後も忍耐忍耐で走り続けていくことを25日の最後に確認しました。とは言え、多くの原告は体力体調がおもわしくありません。病状が重篤な原告もいます。そういう中で今後も闘っていかなければなりません。これまで原告の思いを共有し共に闘っていただいた皆さま、これまで同様お力をおかしください。

 今回も、官邸から目に見える結果を得ることはできませんでしたが、多くの支援の皆さまに官邸前に集結していただいたことで、政府を少しずつ動かす大きなプレッシャーとなったことは間違いありません。本当にありがとうございました。

 皆さま、薬害肝炎問題の早期全面解決に向けて、今後も変わらぬご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

[PR]
by kanen-relay | 2007-06-29 00:00 | 九州から
ここに本件薬害の本質がある
 東京判決から一夜明けた今日。

 各新聞朝刊の1面を原告勝訴の記事が飾りました。社説で取り上げてくれた新聞も複数ありました。ネットニュースを引用したブログも数十に上っています。弁護団のホームページにも、判決後多数の訪問がありました。いかにこの問題に対する社会の関心が高いかが分かります。

 さて。
 今日の朝刊のある記事を読んで、私は目を疑いました。厚労省幹部の言葉として、「3連敗どころか、大きな前進だ」というセリフが載っていたのです。

 ・・・一体、どこをどう解釈したら、あの判決を受けて「前進」などという言葉が出てくるのでしょうか。
 確かに大阪・福岡両判決と今回の東京判決の判断枠組みは異なりました。しかし東京判決は、明確に国の違法を認定しています。不適切な使用が繰り返されていたのに何の対策も取らなかった、「ここに本件薬害の本質がある」と言っているのです(ちなみに、大阪・福岡の判決文には「薬害」という言葉は使われていません。東京判決は、本件が国と企業に責任がある「薬害」であることを明言した画期的な判決です。)。

 自身の行為が違法であった、そのせいで重篤な疾患であるC型肝炎に感染させられた多数の被害者がいる。そのように認定されたことを、厚労省は一体どう考えているのか。厚労省はこの問題をどう解決しようとしているのか。そもそも解決するつもりがあるのか。

 国に責任があると明確に断じたという最も重大な事実を棚に上げて、個々の判決理由の細部に一喜一憂している。このような厚労官僚には、この問題を解決する意思も能力もないのではないかと疑わざるを得ません。

 今日は、昨日の判決を受けての今後の活動について、原告団・弁護団で会議を持ちました。大阪・福岡に続いて三度国の違法を断罪した本判決をてこに、全国350万人のウイルス性肝炎患者を含めた解決を絶対に勝ち取りたい。そのために原告団・弁護団は、精力的な活動を開始しています。

 今後もいろいろな動きがあると思いますので、みなさん、ぜひ引き続き薬害肝炎問題にご注目・ご支援をお願いいたします。

(九州弁護団・石田)

d0081819_22253668.jpg

[PR]
by kanen-relay | 2007-03-24 00:00 | 九州から
みなさん、C型肝炎に関心を持ってください
僕は、1986年4月に生まれました。
現在は、関東の大学に通っており、この春から大学3年生です。

僕は、1922gという未熟児で生まれました。生まれてすぐに血を固める力が弱かったらしく、そのためクリスマシンが投与されたのですが、前の年の12月に加熱された製剤が出来ていたのに、僕には加熱されていない製剤が投与されていました。そのせいで、C型肝炎という病気に感染しました。

C型肝炎に感染していることを知ったのは、1996年9月のことです。
子ども病院から「HIVに感染しているかもしれないから検査をしてください」と親に連絡がきたのがきっかけでした。「エイズにかかっているかもしれないから、検査に行こう・・・」と両親に言われました。(あまりにも突然で、みんながショックを受けていて、ほんとに気持ちが沈んでいたのを今も覚えています。)
検査の結果が出、「HIVには、感染していませんでした。」医師から言われた時、家族みんなで喜びました!!

でも、その後に言われたのが、C型肝炎にかかっていると告げられたのです。しかし、HIVではなかったという事実が嬉しかったのと・・・理解するには難しいところもあり、その時は、肝臓が悪いのだということは分かりましたが、それ以上にどういう病気なのか詳しいことまでは分かりませんでした。

大学に入るころ、いま国・企業に対して戦っている裁判に参加することになりました。
両親がこの裁判を知り、僕にも意見を求めてきたので、「とりあえず名前だけ参加ってかたちね!」と何度も何度も確認して、裁判に参加することに同意しました。裁判は、僕にとって他人事であり、あまり意欲的に参加するつもりはありませんでした。

しかし、参加して初めて、自分がC型肝炎に感染することは避けられたことを知ると同時に、一緒に戦っている皆さん(原告・弁護士・支援してくださっている人)の活動が凄くて、触発されたのと、自分がどういう状況に置かれているのかが分かってきたのもあり、自分も動かないといけないと思うようになり、ビラを配ったり同年代の学生の前で被害を訴えました。
「僕がC型肝炎に感染してしまったことは避けられなかったことではない!国・企業の責任が認められて、しっかりと治療体制ができれば、僕にもC型肝炎じゃない生活が送れるかもしれない。僕達の裁判を応援してください。」

と訴えています。

僕は、不幸中の幸いか、まだC型肝炎による症状というのは出てないけど、自分が病気になって1番辛いことは、友達や親友に言えないこと・・・何度も伝えようと思っていても、いざ、言うとなると怖くなって口に出せなくなる。みんなを信頼してるし、病気なんか関係ない!と言ってくれる人達だと思っている。だけど、心のどこかで、伝えることによって、もしかしたら離れていったりするんじゃないかという気持ちがいつも邪魔をしてしまう。隠し事をしながら接しているという罪悪感があり辛い。

ただ、1人だけど・・・とても大切な人に去年、自分の病気のことを打ち明けることが出来た。伝えようと考え始めてから本人に伝えるまで、1年間かかったが、その人は病気のことを理解してくれて裁判も応援してくれている。ほんとに、ほんとに嬉しかった。これから、少しずつでもいいから自分のことを言えるようになりたい。


3月23日に東京判決が出ます。
僕が、投与されたクリスマシンは、いま裁判では負けている状況です。今回の判決でも負けると、きつい状況に追い込まれてしまいます。それだけは、どうあっても避けなければいけないので、みんな必死になって現在活動しています。

政治の力・メディアの影響力は大きく、その2つの力を動かすには、世論の関心の高まりが重要です。
みなさん、C型肝炎という病気について関心を持ってください。
全国には、350万人の患者がいるといわれています。もしかしたら、身近な人・大切な人が知らない間に病気になっているかもしれません。知らないところで苦しんでいるかもしれません。この病気は、決して他人事ではないんです。

今度の東京判決、肝炎患者全員が納得できる全面解決を勝ち取りたいです!!

どうか応援よろしくお願いします。

(九州原告19番)

[PR]
by kanen-relay | 2007-02-27 00:00 | 九州から
九州原告・福田衣里子さんを映画化
exiteニュースに薬害肝炎の記事が載りました。

<薬害C型肝炎>訴訟原告の女性を映画化 大阪芸大生が制作

薬害C型肝炎訴訟で、実名を公表した原告の中で最も若い福田衣里子(えりこ)さん(26)=長崎市=を追ったドキュメンタリー映画を大阪の大学生が制作した。20歳で感染を知り失意のどん底に突き落とされながら、「被害を訴えることが社会に役立つ」と裁判に参加して前向きに歩み始めた彼女の生き様を描いた作品で、3月に大阪で上映される。【江刺正嘉】

[PR]
by kanen-relay | 2007-02-17 23:00 | 九州から