薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


カテゴリ:仙台から( 12 )
仙台判決を受けて
東北弁護団の若手弁護士から、仙台判決翌日に心境をつづった原稿をいただきました。

2007年9月7日,仙台地裁判決の言渡し日。
前日から全国的に台風という悪天候。ここ仙台でも,夕方頃から風雨が強くなり,判決当日は朝から暴風雨のために,県内の小中高校のほとんどが休校となるほど。
航空機は欠航,新幹線や在来線も運転見合わせ等の状態。
判決言渡しの1時間前である午前9時頃には,傘をさすこともできないほどの暴風雨。
裁判所の入り口には,壊れたビニール傘が散乱していた。
そんな悪天候にもかかわらず,法廷は多くの支援者の方々でいっぱいだった。

午前9時50分,原告団,弁護団が裁判所へ入構,そして入廷。
午前10時,判決言渡し。
緊張した空気の中,裁判長の声が響く。
主文・・・被告企業は,原告番号1番に対し・・・。その余の請求を棄却する。
原告番号2番から6番の請求をいずれも棄却する。
「・・・?!」
極めて限定的に被告企業の責任のみを認め,国の責任を否定した,まさかの不当判決。
国に対する責任を認めない?そんな判断があり得るの?我が耳を疑った。
気を取り直して,判決要旨を読んでみる。
国を擁護し迎合するような内容,原告らの受けた被害,C型肝炎という重篤な疾患に対する無理解な内容に愕然。

言渡し後,場所を仙台弁護士会館に移して判決後集会が行われた。
集会は,不当判決に対する強い「怒り」の中で行われた。
こんな不当判決で,これまで4地裁で認められた国の責任は揺らぐことはない!
支援者の方々等からも,心強い言葉を沢山いただいた。

集会が終わった頃には,午前中の暴風雨が嘘のように雨もあがっていた。
あの暴風雨は何だったのだろう。
不当判決の翌日,台風一過。真夏のような暑さとなった。
台風は次の2つのものを残していった。
風にとばされて道路に落ちた沢山のケヤキ並木の葉と,そして仙台地裁による不当な判決。
道路に落ちたケヤキの葉はすぐにでも片付けられるだろう。
不当判決に対しては・・・。
控訴して,いかに不当な判決であったかを強く訴えていく。
そして,全面解決,全面救済を勝ち取る!
逆に,この不当判決によって新たにうまれたものがある。
はじめて参加してくれた学生さんが,「許せない!」と10日からの東京での座り込みに行く,と言ってくれた。
支援者の方々も,我がこととしてこの事態をとらえ、これまで以上に大きな力を結集すると話してくれた。
もちろん,東北弁護団にもさらに強い火がついた。
「こんな判決は絶対に認めない!不当判決は控訴審で断罪!」
東北原告・支援者・弁護団は怒りをエネルギーに変える。戦いはこれからだ。
それが,仙台地裁判決を受けた,今の私の心境です。

2007年9月8日

(東北弁護団・小幡佳緒里)

[PR]
by kanen-relay | 2007-09-22 00:00 | 仙台から
薬害肝炎仙台訴訟 控訴コメント
■1 9月7日に仙台地方裁判所第2民事部により出された、国の責任を否定した薬害C型肝炎訴訟に対する不当判決に対し、本日原告6名全員、仙台高等裁判所に控訴状を提出した。

■2 平成14年~15年にかけて、全国5地裁で提訴された薬害肝炎訴訟は、全国の薬害被害で苦しむ肝炎患者の早期救済を目的とし、一つの原告団・弁護団として、国及び製薬企業に対する責任を、共通の主張及び立証を持って、闘ってきた。

■3 すでに7月31日までには他の4地裁の判決が出そろい、いずれの判決も少なくともフィブリノゲン製剤については、時期の違いはあるものの、国及び製薬企業に対して、本件薬害発生・および薬害拡大の法的責任を認め、当時の国の薬事行政の杜撰さを断罪するものであった。

■4 ところが、仙台判決は、仙台を初めとする全国の原告・弁護団はもとより、多くの国民、医療関係者、マスコミが予想もしなかった内容の、国の責任を否定し、また企業の責任を極力限定するものであった。
 なお、この様な結論は、国及び企業においても予想しておらず、判決直後のコメントにも困惑が見られるほどであった。

■5 この様な結論を導いた仙台判決・仙台地方裁判所第2民事部の問題点は次のとおりである。

(1) 戦後社会問題となり、また司法の場で長い時間をかけて責任と真相が究明されてきた、スモン・クロロキン・HIV等、薬害大国として多くの国民的被害をもたらしてきた、薬害の発生の歴史と実態について、余りに無関心・無知であり、裁判体(畑中芳子・中丸隆・松本英男)に対しては法曹人以前に、人としての良識を疑わせるものがある。

(2) 国の責任は認めたくない・出来れば企業の責任も認めたくない、という結論先にありき、という姿勢が露骨であり、薬害を垂れ流してきた旧来の薬事行政に携わってきた官僚の代理人とも言うべきスタンスによって立っている。

(3) クロロキン最高裁判所判例の理論に則っているかに見えて、前述の浅薄かつ意図的思考のもと、似て非なる、犯罪的結論をが導き出しているものである。

(4) 犯罪的結論と評価したのは、判決が「原告が主張するような立場を前提とすれば、当該医薬品の持つ有効性が過小評価される一方で、その危険性が過大評価される結果、本来当該医薬品によって保持され得る国民の生命、健康がその使用が認められないために失われるといった不合理な結果を招くことにもなりかねない」として、医薬品には危険が付き物であり、多少の被害発生はしょうがないのだ、という危険性を軽視した薬害被害容認の姿勢をとっていることである。
  他地裁が安全性への配慮を重視して予見義務を論じていることと大きく乖離しているところである。

(5) また、更に見逃せないのは、「医薬品の添付文書には,肝炎の危険だけがかいてあればよい、その病態や予後の重篤性については特段の事情がない限り情報提供は不要である」とし、さらに「医師が医薬品の是非を検討するにあたり、予期される治療効果と副作用の危険性とを比較考量することは、添付文書に記載するまでもなく、当然のことであるから、特段の事情がない限り、製薬会社はこの点について注意喚起や警告する義務は負わない。」として、医薬品副作用による危険性について、医療現場にその責任を押し付けていることである。
 この様な判断がなされたことが、今後医師・薬剤師をはじめとする、医療現場関係者が知ることになれば、大きな怒りを買うことになるのは明らかである(実際すでに怒りと批判の声が上がっている)。

■6 結論
 人としての想像力・社会人としての良識を欠き、また法的思考の浅薄を露呈した、お粗末判決で,司法の果たすべき最低限の役割をも果たしていない、不正義判決である。

(薬害肝炎仙台弁護団)
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-20 00:00 | 仙台から
仙台判決まであと7日
d0081819_1214288.jpg

[PR]
by kanen-relay | 2007-08-31 10:01 | 仙台から
仙台判決期日のご案内
d0081819_12112397.jpg

[PR]
by kanen-relay | 2007-08-31 10:00 | 仙台から
薬害肝炎仙台訴訟 判決期日が決まりました
薬害肝炎仙台訴訟の判決言渡期日が決定しました。
多くの皆さまの傍聴とご支援をよろしくお願い申し上げます。

日時 2007年9月7日(金)午前10時
場所 仙台地方裁判所1階101号法廷



今夏は、7月31日(火)には名古屋判決が出ますので、薬害肝炎の判決でサンドイッチされた夏休みです!
[PR]
by kanen-relay | 2007-06-30 00:00 | 仙台から
薬害肝炎仙台訴訟の結審
 今週の月曜日4月16日に仙台訴訟が結審しました。
 仙台弁護団の増田弁護士からの報告です。

 4月16日、仙台地方裁判所でも、結審致しました。
 判決日は、追って指定。但し、裁判所は、判決日については6月下旬頃に、当事者に知らせるということになりました。

 仙台地方裁判所の最終弁論は、原告2人の陳述と、鈴木代表の意見陳述、および増田がパワーポイントで6名の原告のプロフィールおよびフィブリノゲンの1964年責任、第9因子製剤1980年責任を論じました。

 原告番号2番-実名原告小松さん(裁判中に亡くなられた小松忠雄さん遺族)-は、法廷に遺影を持ち込んで陳述。期日後も遺影を前に会見したので、各紙で写真入りの報道をしました。また2人の原告の意見陳述について各紙で取り上げて報道しています。

 ところで、被告国が18頁にわたる意見陳述を行ないましたが、重篤性を争う部分の意見陳述が「被害者の気持ちを逆なでする」との批判が、傍聴者からも出ています。

 その箇所は、インターフェロンの効果について所々論じたあげく、「仮に肝がんが発症したとしても、消して治療が不可能なものではない」「精度の高い画像診断や高感度の腫瘍マーカー検査等により、早期にがんを発見することが可能となり、また、新しい肝がんの治療方法の開発などにより、肝がん発症後の延命期間は飛躍的に延びている」という、くだりです。

(仙台弁護団・増田祥)

[PR]
by kanen-relay | 2007-04-16 00:00 | 仙台から
薬害肝炎仙台訴訟の期日お知らせのビラ配り
昨日2月18日、12時からビラ配りをしました。
2月26日にある本人尋問と、4月16日にある結審の告知です。

今日も明るく元気に!ご通行中の皆さまに声をかけながら、ビラ配りをしました。
「裏面に詳しいことが書いてあるので読んで下さい」と伝えてビラを渡すと、自転車に乗っていた小学生くらいの女の子二人が裏面を読んでくれて、嬉しかったです。
しかし、やはり受け取ってもらえない人がいるのも事実です。

もっと知ってもらえる人が増えるように、これからも配っていきます!

(薬害肝炎訴訟を支える仙台学生の会・佐藤はるか)


仙台訴訟の今後の期日は以下のとおりです。
仙台の皆さま、ぜひ傍聴にいらして下さい。
2007年2月26日13時30分~4時00分
  仙台地裁101号法廷
  追加提訴した最後の原告の本人尋問

2007年4月16日 結審

[PR]
by kanen-relay | 2007-02-19 00:00 | 仙台から
10月30日 高校生からも「C型肝炎じゃん」
10月30日は仙台期日でした。

仙台地裁の今後の日程については、以下のとおり決まりました。

 平成19年
  2月 2日 午後3時~ 弁論準備期日 (非公開)
  2月26日 午後1時30分~4時 原告本人尋問 (公開)
  4月16日 弁論終結予定 (公開)

(情報提供:仙台弁護団・坂野)

仙台から、期日までの活動について、仙台学生支援者たちの声が届きました。

 ☆ ★ ☆ ★ ☆

8月22日、裁判の一週間前です。
ビラ配りをしました。
今回も約800枚、仙台の街頭でビラ配りをしました。
今回は、前よりも配るのに慣れてきたせいか、街の人の声を耳にすることが出来ました。
ビラを手にしてくれた高校生は「C型肝炎じゃん」、
また20代くらいの男性は「30日、行ってみようかな」と言っていました。
仙台でも認知されてきているのかなー、と思います。
これからもビラ配り、続けます!

(仙台学生の会・佐藤はるか)

 ★ ☆ ★ ☆ ★

d0081819_22535975.jpg9月30日、錦町公園で行なわれた「教育基本法を守りいかす9・30宮城のつどい」において、この事件についても知ってもらえるよう、ビラを配ってきました。

みなさん関心が高かったのか、ほぼ100%近くビラを受け取ってくださいました!
おかげで短時間だったにもかかわらず、700枚も配ることができました。
たくさんの人に関心を持ってもらえると嬉しいです。

判決が出るまで、これからもできるだけビラを配っていきたいと考えています!

(仙台学生の会・鳥羽田祐至)

d0081819_22541855.jpg

[PR]
by kanen-relay | 2006-10-30 00:00 | 仙台から
薬害肝炎のビラを配りました☆
9月24日、仙台の支援する学生の会、いよいよ行動し始めました!
まずは出来ることからということで、街頭でビラ配り!

集まってくれた学生、弁護士の先生のおかげがあって、なんと800枚、配りました☆
もらってくれる人、くれない人、様々でしたが、
手にしてくれる人がちょっとずつでも増えるように、
続けていきます!

来週も配ります。
頑張りましょう☆

(薬害肝炎を支える仙台学生の会・佐藤はるか)

※ 写真は、街頭でビラ配りをする学生の皆さんです。

d0081819_23251763.jpg

d0081819_2326358.jpg

d0081819_2326227.jpg

d0081819_23263562.jpg
[PR]
by kanen-relay | 2006-10-03 00:00 | 仙台から
9月16日 仙台から九州に参加して
九州判決に行く前は、どちらかというと受身の立場でこの裁判に向き合っていた部分がありました。

しかし、九州に行って、原告の方々、弁護士先生方、支援の皆さんが心を一致して行動を起こし、判決の下るのをじっと見つめていらした姿に感銘を受けてきました。

肝炎訴訟は、決して、血液製剤ばかりの問題ではなく、広く国民一般にも関係しうる問題でもあること、すなわち厚生省=国の国民に対する姿勢に問題があることを再確認しました。
人の命を虫ほどにも思わない役人の姿が浮き彫りになり、日本はココまで成り下がってしまったのかと愕然とする思いでいます。

人が人として大切に扱われる国であって欲しい、その為には今の活動をマスコミ、また心有る政治家を味方につけて、世論を起こすことが必要かと思います。

私も出来る限りのことをしていきます。

(仙台原告1番)

[PR]
by kanen-relay | 2006-09-16 00:00 | 仙台から