薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


カテゴリ:名古屋から( 5 )
今こそ患者の権利医療基本法を!
昨日10月31日、名古屋にて、患者の権利宣言案25周年記念シンポジウム「今こそ患者の権利基本法を!」が開かれました。

われらが原告団代表山口美智子さんも、シンポジストとして参加しました。
シンポのために山口さんが寄せたメッセージです。

私たち薬害肝炎患者は、その時の誤った政策によって感染し、その治療に未だ苦しみ不安を抱えています。政策に翻弄されず、医療を受ける権利が安定して保障されるために、「患者の命」を守るための基本法が不可欠です。
山口さんは、薬害被害者・患者としての立場から、患者の命を守るために、患者の権利を法制化して、誰もが必要な医療を受けられる社会にすることが必要だと訴えられました。

シンポジウムの最後には、アピール文が読み上げられました。

山口さんは、前政権下で、安心社会実現会議に委員として参加していました。
アピール文には、この会議の最終報告書が引用されていますので、全文を紹介いたします。

アピール文の全文はこちら
[PR]
by kanen-relay | 2009-11-01 12:00 | 名古屋から
ようやく正しい判断が下された~第Ⅸ因子製剤、企業に勝訴!

d0081819_13122790.jpg


判決当日の様子は・・・
[PR]
by kanen-relay | 2007-03-23 15:00 | 名古屋から
9月5日リレー集会@名古屋報告I (期日編)
 ~厚生労働大臣、命のウェーブが見えますか?~

 今日は、名古屋で、薬害肝炎名古屋期日とリレー集会がありました。
 台風12号もそれて、朝から晴天! 傍聴席もほぼ満席(^-^)でした。

 期日では、原告3番さんにPPSB-ニチヤクという第IX因子製剤(日本製薬製)を投与した医師の尋問が行われました。

 日本製薬の代理人は、「投与したのはクリスマシンではないか」というトーンで主尋問をしましたが、名古屋弁護団の間瀬弁護士が反対尋問で、投与されたのはPPSB-ニチヤクに間違いないことを裁判所にアピールして、期日は終了しました。

(名古屋弁護団・大辻)
[PR]
by kanen-relay | 2006-09-05 23:30 | 名古屋から
9月5日リレー集会@名古屋報告II (リレー集会編)
つづいて、期日の報告集会兼リレー集会の始まりです。

 会場では、前日の仙台から引き継いだ「断ち切ろう、薬害の連鎖 つなげよう、命のちから」の横断幕が掲げられ、会場もほぼ一杯になりました。

 司会は、お馴染みというか、相変わらずというか、私です・・。

 まず、名古屋訴訟を支援する学生の会「エール」の学生さんが、8月24日薬害根絶デーでの活動の様子を、パワーポイントで紹介してくれました。

 その後、名古屋期日の簡単な報告につづいて、九州の八尋弁護団長からご講演をいただきました。d0081819_9181170.jpg曰く、
「国の代理人である法務省は、原告の意見も聴かず、わずか2日で控訴を決めた。法務省(Ministry of Justice)は、正義(Justice)の代理人であるはずなのに、官僚の弁護ばかりする態度は許し難い。」


・・うーん、そのとおり!

 さらに、九州原告団代表の山口美智子さんから、「このハンカチは、国や製薬会社に対する、私たち原告の怒りの声です。」とのお言葉を、同じく九州訴訟原告の小林邦丘さんから、「福岡判決を受けたクリスマシン投与原告の福田衣里子さんの涙が、九州で新たなクリスマシン原告を掘り起こした。彼女の涙は、今後、この訴訟が前進するために大きな意義がある。」とのお言葉をいただきました。
d0081819_919740.jpg

 東京原告8番さん、福岡原告19番さんからも、今後の抱負を語ってもらい、名古屋原告の金田和子さんも、「厚生労働省は、福岡判決からたった2日で控訴の方針を決めた。許せない。でも、今は落ち込んでなんていられない。」という怒りと今後の闘いへの決意を表明。
・・みなさん、熱くてよかったです~。

 最後に、リレー集会になると必ず現れるハンカチの伝道師・中山弁護士が登場!
 伝道師のかけ声のもとで、参加者全員がハンカチにメッセージを書き、隣の人と順次つなぎ合わせて、会場全体の50枚以上のハンカチが1本のオレンジ色の長い鎖になりました。
d0081819_9244070.jpg

 命をつなぐハンカチの鎖。
d0081819_921486.jpg
 これを、会場のみんなが並んで手に持って、ウェーブ、ウェーブ、ウェーブ!・・まるで、キャンプファイヤーの燃え上がる火を見ているようで、実に壮観でした。

 名古屋のリレー集会報告は以上です。

 さあ、明日のリレー集会は、被告企業である三菱ウェルファーマの本拠地、大阪です。原告さんたちの命の声を、思い切りぶつけてください!

(名古屋弁護団・大辻)
[PR]
by kanen-relay | 2006-09-05 23:30 | 名古屋から
名古屋発の活動報告
 薬害根絶デーと九州訴訟判決が迫ってきましたが、名古屋でもお盆休み返上で9月5日の名古屋訴訟期日に向けた準備を進めています。
 
 さて、名古屋弁護団では、2004年8月からブログ形式で活動状況の紹介を続けています。現在までに記事の数は133件。最近の記事では、先日行われた懇親バーベキューの様子をお知らせしました。

 過去の記事では、名古屋市の市議会で全国に先駆けて採択された「C型肝炎対策の推進に関する意見書」や、原告本人尋問を終えた金田和子さん原告4番さんの感想なども掲載してます。
 
 名古屋の様子だけでなく、昨年の薬害根絶デーの様子なども写真付きで紹介してますので、是非こちらの方ものぞいてみて下さい。
 
(名古屋弁護団・ほり)
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-16 00:00 | 名古屋から