薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


カテゴリ:薬害肝炎とは?( 3 )
薬害肝炎救済法で対象となる方々
 平成20年1月11日に薬害肝炎救済法が成立いたしましたが、この救済法で救済の対象となる方は、以下の2つの条件を満たす方です。

1. 昭和39(1964)年から平成6(1994)年頃までの期間に血液製剤(フィブリノゲン製剤あるいは第9因子製剤)を使用されたことが、何らかの手段で証明できる方
2. 血液製剤により、C型肝炎に感染された方(現在、既に治癒された方も含む)

 上記の条件を満たしているか否かは、各地裁判所において訴訟を提起し、各地裁判所が上記2点を証明できるか否かを判断します。
 上記2点が証明できれば、遺族の方も救済の対象となります。

■ 原告になるためには
 血液製剤の投与されたか否か、本人には知らされていない場合がほとんどです。
 ひとまず、弁護団にご相談いただければ、投与の事実の確認方法についてアドバイスさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

■ 弁護団の連絡先
 薬害肝炎弁護団の連絡先(電話相談、メール相談)については、全国弁護団のホームページをご覧下さい。
 なお、現在、多数の相談電話が寄せられているため、電話が大変かかりにくい状況となっております。何度もおかけいただくことになり、お手数となり恐縮ではございますが、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
[PR]
by kanen-relay | 2008-01-13 00:00 | 薬害肝炎とは?
薬害肝炎をご存知ない方へ
このブログは、薬害肝炎弁護団に所属する弁護士たち、薬害肝炎の被害者である原告たちの活動や声を伝えることを目的としています。

薬害肝炎って何のこと?はじめて聞いたから分からない!!原告になりたいけどどうすればいいの?!という方には、このブログは、ちょっと不親切です(ごめんなさい)。
そういうときには、薬害肝炎全国弁護団のホームページに詳しい説明がありますので、ご一読下さい。

そして・・・薬害肝炎を応援したいなと思って、このブログをふたたび訪れていただけると、うれしいです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-05 00:01 | 薬害肝炎とは?
薬害肝炎とは?
 薬害肝炎って知ってますか?

 薬害肝炎は、「フィブリノゲン製剤」と「第9因子製剤」という血液製剤(ヒトの血液から作られる薬)を投与された人たちがC型肝炎に感染してしまった被害のことです。

 フィブリノゲン製剤や第9因子製剤は、もともと、生まれつき(先天性)の血液の病気(先天性フィブリノゲン欠乏症や血友病)のための薬です。

  しかし、先天性の血液の病気以外の患者たちにも、止血剤として広く使われていました。フィブリノゲン製剤は、出産時の出血のときや手術のときに使われていました。第9因子製剤は、新生児出血症、消化管出血や手術のときに使われていました。

 フィブリノゲン製剤や第9因子製剤は、C型肝炎ウイルスに汚染されていました。そのため、これらの血液製剤を投与された患者たちは、C型肝炎に感染してしまいました。

 2002年10月、東京13名、大阪3名の被害者が、国と製薬会社(三菱ウェルファーマとベネシス=旧ミドリ十字、日本製薬)を相手に、損害賠償を求めて裁判を起こしました。その後、福岡、名古屋、仙台でも、次々と裁判が起こされました。現在、5つの裁判所で、裁判が行われています。

 このブログでは、薬害肝炎弁護団の弁護士たちの活動や原告たちの声をお伝えしていきます。

 薬害肝炎のこと、肝炎で苦しんでいる被害者・患者たちのことを、ぜひ知って下さい。

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-05 00:00 | 薬害肝炎とは?