薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


<   2006年 08月 ( 47 )   > この月の画像一覧
朝から夜まで薬害肝炎
朝から、東京駅丸の内北口、薬害肝炎のビラ配布と街頭宣伝。

d0081819_124992.jpg出勤途中のみなさまに、支援者の方・弁護士たちが一緒にビラを配って、薬害肝炎の"宣伝”をしました。
新聞を広げながらのサラリーマンは、社会面トップの薬害肝炎福岡判決の記事と、ビラを見比べていて、ちょっと知名度は上がったカモ?


d0081819_130594.jpg午前中は、薬害肝炎ホットライン。

東京は、今日の朝刊にホットラインの電話番号が載せてもらえなかったので、ちょっと電話が少なかったのが残念。

でも、「大阪判決のときはダメだと思ったけど、福岡判決が出て、電話をかけました」という方がおられました!こういう方々のために、さらに前進しなければ。


午後からは、原告・弁護団会議でした。
会議で何が話し合われたのかは、秘密です・・・

原告団代表(で、もと学校の先生)の山口さんからは、福岡判決は「60点」・・・そのココロは、今はまだダメだけれども、努力次第で改善の余地あり・・・という採点を受けて、今後もみなで一丸となって、闘うことを誓い合いました。
優秀な生徒になるように、がんばるぞ!

夜は、リレー集会第2弾!でした。
鮮やかなオレンジ色のハンカチに、私たちの怒りのメッセージを書いて、ハンカチをつなぎます。9月9日に、そして、全面救済に向けて、さらにハンカチが長く長くつなげますように☆彡

d0081819_127144.jpg

写真は、ハンカチをつなぐ九州原告さんたちです。

そして、深夜、このブログを書いています。丸一日薬害肝炎。

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-31 00:00 | 東京から
福岡判決を武器に、新しい一歩を!
今日は、福岡地方裁判所の判決言渡の日でした。
私も東京から行って来ました!

12時から裁判所前にて、土砂降りの中、判決前集会が行われました。
原告さんや支援の方々の熱い思いが伝わったのか、終わるころにはすっかり雨を吹き飛ばして晴れやかに判決を迎えました。

あまりの人だったため、傍聴券も配布されていましたが、
弁護士も全員は入り切らず、私も緊張しながら裁判所の廊下で待機していました。
2時になり、判決言渡が始まりました。
10分くらい待っていると、旗を持った弁護士が出てきました。
見たくてしょうがなかったのですが、旗って、裁判所の中では開いてはいけないんです。

  後から「勝訴」の旗だったことを知りました。

肝心の判決の内容ですが…
フィブリノゲンについて、1980年11月以降の国・企業双方の責任が認められました。
クリスマシンについては、残念ながら、国・企業ともに責任なしという判断でした。

今回の福岡判決は、大阪判決よりも、認められる年代が早まったという点で評価できるものです。
1977年にアメリカのFDAがフィブリノゲン製剤に有用性が認められないとして承認を取り消したにもかかわらず、国が何の対策もしなかったことを、違法と判断したのです。
また、国の責任が認められなかった年代においても、判決は、国の行為が不相当であることを明確に述べています。

クリスマシンに関しては、責任が認められないという結果になってしまいましたが、判決中で、承認時において、クリスマシンが「後天性第Ⅸ因子欠乏症に有効であり、かつ有用性があると認めるには疑問があったというべきである」と明言されています。
国の承認行為が不相当であったことは明らかです。

原告全員について勝訴とならなかったことはとても残念ですが、今こそ、皆で一丸となって、新しい一歩を踏み出すときです!
私たちの目標は、原告全員の被害の回復、そして全ウイルス性肝炎患者の被害回復なのです。
国の責任は、今回の判決から明らかです。
私たちは、この判決を武器に、全面解決を実現しなければなりません。

明日からはあちこちで街頭宣伝も行われますし、各地でリレー集会もあります。
連日で大変ですが、皆で頑張っていきましょう!

(東京弁護団・後藤)
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-30 23:59 | 東京から
判決に対する声明
  2006年8月30日

    薬害肝炎全国原告団
    薬害肝炎全国弁護団

 本日、全国5地裁に係属している薬害肝炎訴訟のうち、福岡地方裁判所における判決が言い渡された。
 薬害肝炎訴訟は、血液製剤の投与によりC型肝炎ウイルスに感染させられた原告らが国と製薬企業を被告として、有用性のない血液製剤の製造・販売を承認し、製造・販売を続けたことが違法であるとしてその損害賠償を求めた訴訟である。

 フィブリノゲン製剤に関し、本判決は、遅くとも1980年11月をもって被告らの責任を認めた。本判決は、1977年にアメリカFDAがフィブリノゲン製剤の有用性を否定して承認を取り消したのに、我が国では何の対策も取られなかったことをにつき、違法と認定した。この点を始めとして、除斥期間、因果関係など、被告らが免責のために弄してきた詭弁を明確に排斥したものであり、高く評価することができる。

 被告らの責任を明確にした本判決に基づき、被告らは、早急に、何の落ち度もなく感染させられた被害者全員の被害回復に尽力すべきである。
 そして、被告らは、この司法判断を重大に受け止め、無益有害な控訴を断念しなければならない。被告らが控訴するとすれば、それは単なる解決の先延ばしに過ぎず、本判決で断罪された種々の怠慢行為に重ね、さらなる過ちを重ねていくことにほかならず、全国民からの非難は免れない。
 本判決は、予防接種B型肝炎最高裁判決、6月21日薬害肝炎訴訟大阪地裁判決に引き続き、本件においても、肝炎の問題は国に責任があり、国が解決すべき問題であることを示したものである。国は、全ウイルス性肝炎患者の被害回復に取り組まねばならない。そのためにまず国は、早急に、本問題解決のための場を設け、原告らと協議を行うべきである。

 なお本判決は、血液凝固第Ⅸ因子製剤クリスマシンについては、承認時において、「後天性第Ⅸ因子欠乏症に有効であり、かつ有用性があると認めるには疑問があったというべきである」と認定したにもかかわらず、被告らの責任を認めなかったものであり、明らかな誤りを犯している。クリスマシンにおける被害者も、フィブリノゲン製剤におけるそれと同じく、早急な被害回復が図られるべきである。

 われわれは、本判決を受けて、国の責任を前提とする全ウイルス性肝炎患者の被害回復につながる全面解決を早期に実現するよう全力を傾注する所存である。これまで本訴訟を支援していただいた国民の皆様にも本件の全面解決までこれまで以上のご理解とご支援をお願いする次第である。          以上
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-30 19:30 | 薬害肝炎資料室
8月30日 福岡判決!
 本日8月30日14時、福岡地裁で、薬害肝炎九州訴訟の判決が言い渡されました。判決は、国と製薬会社(三菱ウェルファーマ、ベネシス)の責任を一部認めました。

    「勝訴!」
d0081819_16513488.jpg


 判決全文、要旨、骨子は、薬害肝炎九州弁護団事務局長のホームページをご覧下さい。PDFファイルでダウンロードすることができます。


 福岡判決を受けて、東京弁護団も、17時から霞ヶ関の厚生労働省記者クラブで、記者会見をしました。
 18時からは、池袋東口で、支援の方たちと一緒にビラ配布を行い、薬害肝炎に対する理解と支援を求めています!

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-30 18:00 | 東京から
福岡判決後の薬害肝炎無料ホットライン
 薬害肝炎東京弁護団では、8月30日福岡判決を受けて、弁護士による薬害肝炎無料ホットラインを行います。
 弁護士が、フィブリノゲン製剤、第9因子製剤の投与の調査方法などについてご案内いたします。

 なお、東京以外の各地でもホットラインを行います。詳細については、薬害肝炎全国弁護団のホームページに掲載予定ですので、ご覧下さい。

 2006年8月31日(木)~9月1日(金)の2日間
  電話 03-3358-2110
  時間 午前10時00分~午後5時00分


※ 番号についてはお間違いのないようご確認下さい。
※ 9月2日以降も、同じ電話番号で、無料電話相談を行っています。開通時間は、(月)から(金)までの、午前10時00分から午後4時00分までです。
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-30 17:00 | 裁判日程・イベント
8月29日判決前日1000人集会in福岡
福岡の弁護士安倍久美子です。

いよいよ明日30日、薬害肝炎九州訴訟の判決が福岡地裁で言い渡されますが、本日、福岡判決前日集会が行われました。
出席者は700名、署名等で参加表明をしていただいた方が400名と、非常にたくさんの方に参加頂きました。
この場を借りて参加者の方にお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

集会のテーマは、
「他人事(ひとごと)じゃない。薬害・肝炎」です。
薬害や肝炎は、決して他人事ではない。
薬害は、これで最後にしてほしい。
そう考えて、このようなテーマにしました。

第一部は、原告、支援によるスライドショー。この問題を他人事ではないと支援の学生らが考えるに至ったきっかけから始まります。

全国原告団代表の山口美智子さんが「お母さんの話と思って聞いてください。」と言って九州大学法学部のゼミでこの被害について講義をしました。
出産の際の出血に対してフィブリノゲン製剤を投与され、C型肝炎に感染してしまった山口さん。
学生たちは、「これは他人事ではない。私のお母さんが受けた被害かもしれない。」そう思って裁判の支援をはじめたのです。

その後は、支援の学生の手によるパワーポイントを巧みに使った原告、支援らのリレートークにより、原告らが本件被害を訴えます。
この被害は決して他人事ではないことを学生が、輸血等による肝炎患者が、他の薬害患者が、医療従事者が訴えます。
「信じるものに裏切られることのない世の中を。」スモン被害者は訴えます。

国と企業の責任を認めた去る6月の大阪判決を受けて、社会の受け止めが変わった実感を、支援が語ります。

そして、原告は、「他人事じゃない。」そう言ってくれる支援の方々の存在を励みに、当事者として取り組んでいくことを誓います。

最後に、原告ら皆の願いとして、肝炎問題の全面解決を訴えます。

写真を効果的に使用した、非常に完成度の高いスライドショーに仕上がっていました。御覧いただけないのが残念です。
(民主党の菅直人代表代行も、感動の涙を流されていたそうです!)

第二部は、集会に駆けつけていただいた政治家の方々と札幌B肝訴訟で原告全面勝訴判決を得た原告、弁護団事務局長からの挨拶をいただきました。

民主党菅代表代行は、自らの薬害HIV事件解決に尽力した経験をもとに政治を動かすのは議員ではなく、一人一人の国民であること。
HIVのときも当時の若者が政治を動かした。今回も若者の力が期待されると話していました。
(原告団、弁護団も、期待しています。これからもよろしく!)

最後に、全面解決への願いをこめて、会場の皆で「栄光の架け橋」を合唱し、会を終えました。

と、言葉で書いていると、全然伝わらない気がしますね~(^^;)
すみません。

でもほんとに、とてもすてきな会でした。
出席された方には、原告、支援者の心の声が、届いたと思います。
福岡判決後、各地でリレー集会を開きます。
この流れを、各地につないでいけたらと思います。

集会後、菅さんの感想を聞きました。
肝炎問題は、100万人単位の救済の枠組みを作ることになるので、非常に大きな力が必要だ。
まずは、判決を期待したい。
しかし、問題を解決するには、判決だけではなく、一般の支援者、一般の国民がどれだけ共鳴して行動にうつすかが決定的であると。

そのとおりだと思います。
今後も、より多くの方に、より一層の支援をお願いしたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いします。
集会でつないだ支援のハンカチの輪が、全国につながりますように。

明日14時、いよいよ福岡地裁で判決が言い渡されます。
全面解決につながる判決であると、信じます。

(九州弁護団・安倍)
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-29 23:59 | 九州から
9月9日リレー集会in東京
いよいよ福岡判決がやってきます。

おそらく、福岡訴訟の原告だけでなく、200万人以上のC型肝炎感染者、350万人以上のウイルス性肝炎感染者全員の生きる力となる判決が、なされるものと確信しています。

しかし、どんなに素晴らしい福岡判決だったとしても、国や製薬会社に控訴されたのでは、解決の先延ばしとなってしまいます。
福岡判決を控訴させず、1人でも多くのC型肝炎感染者、ウイルス性肝炎感染者の命を救うためにも、いまこそ、私たちの想いを結集させることが必要です。

そこで、私たちは、
「断ちきろう 薬害の連鎖 つなげよう 命のちから」

を合言葉に、8月31日から9月9日まで、全国5地域で、リレー集会を行うことにしました。

d0081819_23311554.jpgこのリレー集会では、いまもなお責任を認めない国や製薬会社に対し、被害者だけでなく、日本国民全員が心の奥底から「怒っている」ことを、オレンジ色の「ハンカチ」で示したいと思います。

そして、日本全国から集めたオレンジ色の怒りの「ハンカチ」によって、厚生労働省を取り囲む予定です。

東京では、
9月9日(土)13:00~ 日比谷公会堂
で、リレー集会を行います。

いまこそ、私たちの「怒り」を示すときです。
みなさんの参加をお待ちしております。

(東京弁護団・はまの)
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-29 23:00 | 東京から
8月24日から9月9日に向けて -原告から-
僕にとって今年で3回目の薬害根絶デー。

毎年文科省交渉と厚労省交渉がメインの真面目な日なんですが、今年は楽しい根絶デーでした。初めてパレードを行いました。多少恥ずかしかったですが、支援者の皆さんと一緒に歩いて訴えができて良かったです。とてもいい汗をかきました。

今回パレードに使った「薬害はもうイヤだ!!」のパネル。これは支援してくれる学生が作ってくれました。僕もその準備に参加したのですが文字が大きいので結構作業は大変した。それをプランニングから作業までやった学生には感謝しています。

今回の根絶デーは前回よりもたくさんの人が参加していただいたのですが、9月9日の集会にもたくさんの方の参加が必要なのでお時間のある方はご参加よろしくお願いします。

(東京原告8番)

[PR]
by kanen-relay | 2006-08-29 22:30 | 東京から
薬害肝炎全国5ヵ所緊急リレー集会
「断ちきろう 薬害の連鎖 つなげよう 命のちから」

8月30日から、全国各地で、ほぼ毎日緊急リレー集会があります!

東京以外の各地の詳細については、薬害肝炎全国弁護団のホームページに掲載予定です。みなさまのお近くの集会に、ぜひご参加下さい。

第1弾 8月30日(水) 福岡
     16時30分 あいれふ9階大研修室

第2弾 8月31日(木) 東京
     18時30分 弁護士会館2階クレオ

第3弾 9月2日(土) 福岡
     16時00分 福岡県弁護士会館3階ホール

第4弾 9月4日(月) 仙台
     16時30分 仙台期日~仙台弁護士会4階

第5弾 9月5日(火) 名古屋
     10時00分 名古屋期日~桜華会館

第6弾 9月6日(水) 大阪
     18時00分 エル大阪
 
Final ! 9月9日(土) 東京
     13時00分 日比谷公会堂&パレード
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-29 22:00 | 裁判日程・イベント
9月2日訴訟説明会のご案内
 6月21日、全国5地裁で審理されている薬害肝炎訴訟の全国初の判決が、大阪地方裁判所で言い渡されましたことは、すでにご存知のことと思います。
 大阪地裁判決は、製薬会社については1985年8月以降の責任を、国については1987年4月以降の責任を、それぞれ認めました。また、それにとどまらず、1987年以前の薬務行政のあり方を厳しく批判しています。
 来る8月30日午後2時には、福岡地方裁判所においても判決が言い渡されることになっています。

 そこで、薬害肝炎東京弁護団では、福岡地裁判決にあわせ、下記の要領で訴訟説明会を開催することといたしました。この訴訟説明会では、ご来場いただいた方に対し、訴訟・判決の概要をご説明させていただいたうえで、弁護士による個別相談を実施する予定です。

 血液製剤が使用された可能性があるとお考えの方、訴訟についての質問をお持ちの方は、是非、ご参加いただきますようお願い致します。

日時: 2006年9月2日(土)午後2時~4時
場所: 大手町サンケイプラザ3階311号室

地下鉄大手町駅A4・E1出口直結(千代田区大手町1-7-2 Tel:03-3273-2257)

内容: 薬害肝炎訴訟の概要の説明、薬害肝炎福岡地裁判決の説明、個別相談会など

※ 当時の診療録、手術記録、分娩記録、母子手帳、レセプト等の関係資料をお手元にお持ちの方は、 是非ご持参ください。

【連絡先】
福地・野田法律事務所     
〒124-0025 東京都葛飾区西新小岩1-7-9
西新小岩ハイツ506
TEL 03-5698-7511/FAX 03-5698-7512

(薬害肝炎東京弁護団)
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-28 01:00 | 裁判日程・イベント