薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


<   2006年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧
9月25日 久しぶりの薬害肝炎集会・公判の参加
久しぶりに集会と公判に参加しました。

去年から色々とタイミングが合わず、行けないことに少し後ろめたい思いがありました。
気持ちと行動が伴わないときは、なんとなく、気持ちの悪いものです。
そして、参加できない事への申し訳なさが、今度は途中からまた行ったら、「もうついていけないんじゃないかなぁ」と、いう気持ちを生むものです。

でも、やはり久しぶりに参加してよかったと思います。

長く参加していないから他の方に申し訳ないなぁという気持ちのまま、参加しなくなってしまったら、もう参加できなくなると思いました。
仕事やその他、やらなければならない事は沢山ありますが、参加できるときはやっぱり気後れなく参加していくこと。
それが、今の私に出来ることなのだから、出来ることはやっていこうと、久しぶりの参加で思いました。

いつも沢山活動して下さっている方には感謝をしています。
ありがとうございます。

(東京原告5番)

[PR]
by kanen-relay | 2006-09-25 00:00 | 東京から
9月24日 朝日新聞「ひと」欄 九州原告えりちゃん
薬害肝炎訴訟の九州原告・福田衣里子さんが、2006年9月24日朝日新聞朝刊の「ひと」欄に載りました。
えりちゃん、がんばれ!

福田さんのブログはこちらです。
Piquer ~Ennrico’s  room
福田衣里子のブログ~薬害C型肝炎と闘いながら、刺繍をしつつ楽しく生きる25歳。


d0081819_2221964.jpg


ちなみに、写真で福田さんが持っているのは、福岡判決後の薬害肝炎リレー集会!のときに、薬害根絶・肝炎患者の全面救済に向けて、みんなにメッセージを書いてもらっているハンカチです。

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2006-09-24 00:00 | 東京から
9月19日 東京 裁判期日でした!
 9月19日午後1時から、東京地方裁判所で第5次提訴原告の初めての期日がひらかれました。
 第1次から第4次提訴までの原告さんが、いよいよ判決を待つだけとなった中、新しい原告さんをむかえて、また新たな裁判闘争の始まりです。

 
 お昼休みには、裁判所前で恒例のミニ集会もあり、集まった原告団、弁護団、支援者の方からは、「いよいよ東京の番(判決)だ、頑張って盛り上げていこう。」という熱気で溢れるものとなりました。


 さて、肝心の裁判の内容ですが、原告を代表して原告23番さんが、弁護団を代表して弓仲弁護士が、裁判所に対し意見陳述を行いました。 

 原告23番さんは、出産時の出血のためフィブリノゲン製剤を投与され、C型肝炎に感染した方です。
 原告23番さんはC型肝炎に感染して働けなくなり、病気も肝硬変まで進行してしまいました。インターフェロン治療を受けて現在はウイルス陰性となっているものの、肝硬変は治ることはなく、再発の不安を抱えたままの生活を続けておられます。

 時折涙をこらえながら2年間に及ぶインターフェロン治療の副作用との闘いを振り返り、「治らなければ、生涯、この副作用に耐えて生きていかなくてはならない。」という絶望感を語る姿、また、力強い声で「(国や製薬会社に)逃げないで患者と向き合ってください。」「(裁判所に)東京で全面解決への道を!」と迫る姿がとても印象的でした。

 期日後の報告集会では、初めて参加された方々からも、「(原告の話を聞けて)良かった。」という声があがりました。
 最初は弁護団からの意見陳述のお願いに尻込みしていた原告23番さんも、原告団や支援者の輪にすっかり溶け込んで、終わった後は(やってよかったという)笑顔で、無事大役をはたされました。
 お疲れさまでした。

 続いて弁護団を代表して弓仲弁護士が、大阪、福岡両判決によって明らかとなった国及び製薬会社の責任を指摘し、徒に争いを続ける両者の姿勢を厳しく糾弾されました。
 私たちの訴えで裁判所の良心をよびおこし、東京判決では大阪、福岡の水準を上回る画期的な判決を期待したいものです。

 今回は、初めて傍聴される方にも一から理解できる易しい内容の期日となりました。
 東京では、次回期日以降、第6次提訴の原告さんの審理も始まる予定です。
 気持ちも仕切り直して、頑張りましょう。

(東京弁護団・篠原)


【原告23番さんの意見陳述・抜粋】
 私は、肝炎になることも知らされず、この薬を投与されました。「自分が悪いわけでもないのに、どうしてこうなってしまったのだろう、他に方法がなかったのだろうか?」というもどかしさはずっと残ったままです。急性肝炎を発症して入院した時も、「これといった治療法がないんです。とにかく安静にして下さい。」と説明されたくらいで、この病気に対する情報も殆ど得られませんでした。

  国は、この薬でどんなに酷い病気に感染するかを、きちんと説明せず、誤魔化してきたように思います。

  製薬会社は、この薬で患者が受けている苦しみを逃げないで見て欲しいと思います。 
  「泣き寝入りをするべきではない、『悪いことは悪い』と誰かが声をあげて言わなければならない。」と思い、この訴訟に参加することを決意しました。

  経済的な理由で治療を受けられず肝炎を悪化させる患者がなくなるように、安心して治療を受けられる社会にして欲しいと思います。


[PR]
by kanen-relay | 2006-09-19 00:00 | 東京から
9月16日 仙台から九州に参加して
九州判決に行く前は、どちらかというと受身の立場でこの裁判に向き合っていた部分がありました。

しかし、九州に行って、原告の方々、弁護士先生方、支援の皆さんが心を一致して行動を起こし、判決の下るのをじっと見つめていらした姿に感銘を受けてきました。

肝炎訴訟は、決して、血液製剤ばかりの問題ではなく、広く国民一般にも関係しうる問題でもあること、すなわち厚生省=国の国民に対する姿勢に問題があることを再確認しました。
人の命を虫ほどにも思わない役人の姿が浮き彫りになり、日本はココまで成り下がってしまったのかと愕然とする思いでいます。

人が人として大切に扱われる国であって欲しい、その為には今の活動をマスコミ、また心有る政治家を味方につけて、世論を起こすことが必要かと思います。

私も出来る限りのことをしていきます。

(仙台原告1番)

[PR]
by kanen-relay | 2006-09-16 00:00 | 仙台から
9月13日 9日の日比谷公会堂で・・・
9月9日の日比谷公会堂。友人が来てくれた。
被害者の話に涙していた。彼の弟はC型肝炎。被害者の話を弟の姿と重ね合わせて聞いていたのだ。人知れずこの病と闘っている患者がまたひとり。知らなかった・・・。

この運動が広がらないわけがないと思った。私たちが広げていないだけなんだ、知らなかっただけなんだ・・・そう思った。

10日あまりの闘いの中で・・・思いが伝わったと思えた瞬間、気持ちが通じ合えたと感じられた瞬間があった。うれしかった。

まだ目に見えないほどだけど、わずかに空気が動いた。微風が吹き始めた。
これがきっと、誰にも止められない嵐に変わっていくはずだ。

さあ来い! 東京判決

(ふ)
[PR]
by kanen-relay | 2006-09-13 00:00 | 東京から
84日間(6.21~9.12)の熱い戦いを終えて
 2006年の夏は、9月12日九州訴訟原告控訴をもって終わろうとしています。涼しい秋風をうけては、気だるさのなかにも郷愁さえ感じられます。

 84日間という時間を費やし、体力・気力を消耗した原告等は勿論、弁護団の先生方も同様であったと思います。
しかし、それら失ったもの以上の得たものもあります。
それは、第1に、国・企業の責任を認めさせた判決を獲得できたことです。
第2に、薬害肝炎という病気や、この訴訟のことを世論に訴えることができ、多くの国民に認知されたことです。
第3に、五地裁で各々闘ってきた原告等が、全国原告団として一枚岩で闘っていることを確認し、この訴訟の当事者という自覚のもとに、原告としての意識(原告力)が高まったことです。

 私自身も原告団代表となり、大きく成長できたと自負しています。不運にも裁判を経験することになりましたが、それまで抱えてきた「どうしてこんな病気に?」の気持ちから、原告となって闘うことで、「どう生きるか?」の自己実現へと変容することができました。また、裁判を通じて、社会に被害を訴える機会を得て、社会の問題として世論に訴えることも可能になりました。そこに、社会に生きる意味を見いだしています。

 裁判上、損害賠償の形をとり、とりわけ国を被告としている民事裁判に対して、医原病であるにも関わらず、日本国民は消極的であると感じます。こうした社会認識を是正することも、実名でこれまで闘ってきた者としての使命があると思います。

 寒くて厳しい冬は、すぐやってきます。寒さ・厳しさを撥ね除けるためにも、原告団・弁護団ともに、更にパワーアップして闘っていきましょう。

(原告団代表 山口 美智子)

[PR]
by kanen-relay | 2006-09-12 18:00 | 九州から
薬害肝炎東京訴訟 9月19日期日のお知らせ
東京訴訟の次回期日のご案内です。

第5次提訴の第1回弁論期日です。

日時: 9月19日(火)午後1時00分~1時30分  
場所: 東京地裁1階 103号法廷


   【内容】
    ・ 中西弁護士の意見陳述
    ・ 原告23番さんの意見陳述
  
   【原告23番さんのプロフィール】
     女性、50歳代 、甲信越地方在住
     出産時にフィブリノゲン製剤投与により感染
     現在は肝硬変、インターフェロン治療経験あり

法廷終了後、報告集会を開きます(弁護士会館5階 502号EF)。
多くの方々の傍聴・参加をお待ちしております。

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2006-09-12 00:00 | 裁判日程・イベント
9月11日 ハンカチ伝道師からの薬害肝炎リレー集会報告
 8月29日の福岡判決前日集会(1000人集会)から始まったリレー集会は、8月31日の東京、9月2日の福岡、4日仙台、5日名古屋、6日大阪を経て、アンカー会場の9日東京日比谷公会堂まで成功裡に終わりました。

 「断ち切ろう 薬害の連鎖 つなげよう命のちから」をテーマにリレー集会をしよう、各地で「命をつなぐみんなのハンカチ」を結んで、最終日の東京で一つにまとめよう、ということが8月18日に決まり、急遽、各地で準備が始まりました。特に、元々、期日報告集会等の予定がなかった東京、大阪、仙台は準備に大わらわだったと思います。

 スタート会場となる福岡判決前日の1000人集会「薬害・肝炎 他人事じゃない」での原告・支援者の思いは、参加した各地の原告や支援者等の来場者にも届き、福岡を発火点としたいのちのバトンが各地をリレーしていきました。

 仙台では、一旦鎮火しかけていた学生支援の会に再び火が着きました。また、壇上で話す福岡原告に刺激を受けて、仙台の原告も皆の前で堂々と自身の被害を話されました。

 名古屋では、学生の会のパワーポイントによる薬害根絶デーでの活動報告、九州原告の話の後に、ご当地実名原告金田和子さんから闘いの決意が熱く語られました。

 大阪では、大阪のおばちゃんパワーが炸裂!実に20人近いおばちゃん原告たちが各々の想いを話されました。

 どの会場でも、地元原告がこんなに話したことがないというくらい、皆の前で話されていたそうです。また、それを目の当たりにして、支援の輪が広がっていく。リレー集会は、このような形で盛り上がっていったのでした。

 私は、ハンカチ伝道師として全会場に出没して、ハンカチウェーブをおこしてまいりました。会場の盛り上がりをビジュアル化して記憶に刻む役割を果たせたものと自負しています。つながったハンカチによるウェーブは、どの会場でも、一体感が生まれて楽しかったと口々に言って頂きました。 

 そして、ファイナル東京日比谷公会堂。パワーポイントに沿って舞台壇上で原告・支援者らがコメントをしていき、ハンカチを結んでいきました。私自身は、支援の学生が言葉を詰まらせるシーンに、支援の想いの深さを垣間見た気がしました。また、著名人のメッセージが披露されるあたりは、東京ならではと思いました。そして、各地のハンカチが結ばれて「いのちのハンカチ」は一つになりました!

 ハンカチ伝道師としては、このハンカチでも是非ウェーブを起こすべきと考え、飛び入りで壇上に立っていたのでした。そして、長めのウェーブを3周。クライマックス(最高潮)を迎えました。 

 ハンカチメッセージによる運動の輪は着実に広がったと思います。
 ハンカチの神よ!この運動の輪がさらに拡がらんことを!
d0081819_23165688.jpg

(九州弁護団・中山篤志@ハンカチ伝道師)   
[PR]
by kanen-relay | 2006-09-11 18:00 | 九州から
9月9日 薬害肝炎リレー集会ファイナル!報告その3
東京の支援の大学生さんたちからの報告です。
みんな、がんばってくれました!
学生さんたちのがんばりがなければ、この集会の成功はなかったです。
本当に熱い学生さんたちです。

     ★  ☆  ★  ☆  ★
 
今回の集会で感じたのは、「被害の重さ」「たくさんの仲間」です。

原告の被害を聞いて、
改めて国・製薬企業の責任の重さを感じ、
同時に、支援活動の原点を思い起こしました。

原告が、こうして勇気をもって被害を訴えなければ、
私が支援活動をすることは、なかったであろうし
全国で、こんなに多くの仲間が集まることもなかった。
2000枚近くものハンカチも、リレー集会も、
こうして集まった仲間がいなければ、実現することは難しかった事でしょう。

勇気をもって被害を訴える「原告」がいて、
それにこたえて戦い、支える多くの「弁護士」「支援者」がいる。
三者が「仲間」となり大きな力となる。

こんな、当たり前ではあるけれど、大切なこと
を肌で再確認することのできた、とても良い集会だったと思います。

これからも、もっともっと多くの人にこの問題を知ってもらい、
支援の輪を広げていきたい。心からそう思いました。
これからも、力を合わせてがんばりましょう!

(HEARTS共同代表・中央大学法学部2年 大和田野陽子)


     ★  ☆  ★  ☆  ★

開始のギリギリまで続いた準備につぐ準備。ほぼ一週間前から連日続いた打ち合わせは緊張と焦燥ばかりでした。

HEARTSで主にやることになったのは、会場とパレードの装飾です。大きく目を引かれることになったこころくん人形や垂れ幕は、学生が一人一人役割分担して力をあわせて作りました。個人的に裁縫が大の苦手だった僕は買いだしに徹しましたが…。

集会での僕のセリフは、支援活動の経緯についてでした。ちょっとマイクのトラブルがあって台本どおり読めませんでしたが…。

予想外のできごとだったので、「失敗させちゃったかな」と不安になりましたが、終わってからたくさんの方からお誉めの言葉をいただけたので、ほっとしてます。
とにかく「急」の連続でしたが、その分、東京の結束力を高められたと実感しました。

判決まであと数カ月。HEARTSは今後もより一層、邁進していきます。

(~HEARTS~薬害肝炎訴訟を支える東京学生の会 2年 栗原賢一)


     ★  ☆  ★  ☆  ★

今回の東京リレー集会で繰り返し叫ばれた「決して他人事ではないのです」という言葉に、この薬害という問題の重大さに改めて気づかされました。

そしてそれは、この問題が誰にでも起こり得るんだという意味だけでなく、支援する気持ちさえあれば誰にでも救済を勝ち取るべく一支援者になれるんだ、という思いも込められていることを、会場に集められた何千ものメッセージハンカチが1つにつなげられたとき、全員で共感し合えたのではないかと思います。

またパレードでは、一生懸命に行進する原告たち、一心不乱にビラを配りまわる支援者たちの姿に、一支援者である自分もまた大変勇気付けられました。

薬害肝炎訴訟を支える東京学生の会に所属して約一年半活動をしてきましたが、やはり原告・弁護士・支援者・学生全員の思いがひとつの形となってあらわれるときは、感慨無量の瞬間です。

そして全国原告団代表の山口美智子さんの言葉通り、今回の集会は新たなスタートになったと思います。

何代にも続いて活動してきた東京学生の会も、1つの節目となる判決に向けて、これからの活動によりいっそう気を引き締めて頑張っていきたいと思います。

(明治大学法学部3年 谷口貴章)

[PR]
by kanen-relay | 2006-09-11 12:30 | 東京から
9月9日 薬害肝炎リレー集会ファイナル!報告その2
9月9日薬害肝炎リレー集会ファイナル!in 東京の企画演出担当の弁護士からの投稿です。
この日のために、ほぼ連日、徹夜に近い状態で、がんばってきました!
担当者ならではの、ハラハラした気持ちも伝わってきます。

   ★  ☆  ★  ☆  ★

第1部「原告・支援者の言葉」は、原告10人、支援者2人、学生3人が舞台にあがり、写真のスライドをバックに、ある者は感染前の幸せな生活を、ある者は感染後の苦しみを、ある者は支援するきっかけを語りました。
短い準備期間だったためどうなるか心配でしたが、一人ひとりの言葉が会場の参加者の心に染み渡るように、話が終わるたびに拍手がありました。

司会の田中弁護士、後藤弁護士は、原告11番くんに続いて2番目に登場した原告7番さんの話に、早々と涙を流し、ナレーションの役割が最後まで果たせるのかと、ハラハラさせてくれました。

第2部「各地リレー集会報告」は、福岡判決から各地で展開されたリレー集会を映像で紹介し、福岡、東京、仙台、名古屋、大阪の各原告が、原告の数と同じ数のハンカチを手に登場しました。
各地の原告同士が次々にハンカチをつなぎ、舞台一杯に127枚のハンカチがつながる様は、壮観でした。

第3部「支援のあいさつ」は、全国ハンセン病療養所入所者協議会事務局長の神美知宏さん、B型肝炎訴訟原告の木村伸一さんから、あいさつをいただき、俳優の高橋和也さんからは、ビデオメッセージをいただきました。

他にも、ご自身C型肝炎に感染している湯川れい子さんはじめ、櫻井よしこさん、佐高信さん、東ちづるさん、大谷昭宏さんなどの著名人から、ハンカチメッセージをいただき、原告のハンカチとつなげました。

最後に、「原告団代表あいさつ」で、九州原告の山口さんからあいさつをいただき、原告のハンカチと、会場にいる参加者のハンカチをつなげ、一緒に約2000枚のハンカチを頭上にかかげ、ウェーブをしました。

そして、福岡判決前集会でも歌った「栄光の架橋」をみんなで歌いました。原告、支援者、参加者の300人が一体になる感じで、素晴らしいパフォーマンスができたと思います。

続いて、16時から、日比谷公園から銀座を通り、東京駅まで、約1時間のパレードを行いました。
約200名の参加者が色とりどりの風船、ハンカチを身につけ、学生が中心になって考えたメッセージ、
「知ってください! C型肝炎という病気を」
「知ってください! 薬害肝炎の裁判を」
「つなげよう 命のきづな」
「つなげよう 支援の輪」
など、口々に叫んで都心を練り歩きました。
沿道の関心は高く、用意した500枚のビラが足りないほどでした。

福岡判決は控訴されましたが、東京判決に向けて、全国5地域の原告、弁護士、支援者が、ともに力強い一歩を踏み出した一日でした。

(東京弁護団 はまの)
[PR]
by kanen-relay | 2006-09-11 12:00 | 東京から