薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


<   2006年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
10月30日 高校生からも「C型肝炎じゃん」
10月30日は仙台期日でした。

仙台地裁の今後の日程については、以下のとおり決まりました。

 平成19年
  2月 2日 午後3時~ 弁論準備期日 (非公開)
  2月26日 午後1時30分~4時 原告本人尋問 (公開)
  4月16日 弁論終結予定 (公開)

(情報提供:仙台弁護団・坂野)

仙台から、期日までの活動について、仙台学生支援者たちの声が届きました。

 ☆ ★ ☆ ★ ☆

8月22日、裁判の一週間前です。
ビラ配りをしました。
今回も約800枚、仙台の街頭でビラ配りをしました。
今回は、前よりも配るのに慣れてきたせいか、街の人の声を耳にすることが出来ました。
ビラを手にしてくれた高校生は「C型肝炎じゃん」、
また20代くらいの男性は「30日、行ってみようかな」と言っていました。
仙台でも認知されてきているのかなー、と思います。
これからもビラ配り、続けます!

(仙台学生の会・佐藤はるか)

 ★ ☆ ★ ☆ ★

d0081819_22535975.jpg9月30日、錦町公園で行なわれた「教育基本法を守りいかす9・30宮城のつどい」において、この事件についても知ってもらえるよう、ビラを配ってきました。

みなさん関心が高かったのか、ほぼ100%近くビラを受け取ってくださいました!
おかげで短時間だったにもかかわらず、700枚も配ることができました。
たくさんの人に関心を持ってもらえると嬉しいです。

判決が出るまで、これからもできるだけビラを配っていきたいと考えています!

(仙台学生の会・鳥羽田祐至)

d0081819_22541855.jpg

[PR]
by kanen-relay | 2006-10-30 00:00 | 仙台から
10月22日 この先の闘い
めっきり寒くなりました。 
ふと、母から受け取った手紙を思い出しました。今年の春のものです。
《紅白の梅の花が咲いて、ゆきこがお婆ちゃん、花が咲いたら、今年もカメラに修めたいからと、多忙の間を時間を作ってパチパチとカメラに修めている姿を見たときは哀れに想えてなりませんでした。

夕食はお婆ちゃんの炊き込み御飯が食べたいと云はれたので、大急ぎと作ってあげたらお婆ちゃんの美味しいねと云って、のりひろのお土産として漬物と一緒に持たせましたら、のりちゃんから、おばあちゃんの粕漬けすごく美味しいよと電話がありました。

明日も之をたべていくよ、これ本当に美味しいんだもんと。 姉弟二人で一生懸命頑張っている姿を玲子は喜んで呉れているだろうか......言葉になりません。》

母の家は花がいつもにぎやかです。 亡くなった姉はその家が好きでした。
亡くなる数年前は時々来ては母のベッドで横になっていたと聞いています。
四季折々、母の庭の季節の花のにおいを嗅いで居た事も思い出します。

姉の命の終焉は、子供達も86歳の母親も母親代わりの上姉も人生を変えさせられました。
みな、未だに亡くなった事を受け止められないまま時間が経っています。

遺された者がやる事、それは姉からしっかりバトンタッチされた事、
本人が《冗談じゃない。!》を云いたかった国・製薬会社に裁判で勝つこと、
重篤が30年先でなくても、あるのだという事実を話していく事。
闘いを長引かせないよう、医療の道を訴えていく事。

・・・・でも、・・・・姉は戻って来れない。 
子供達に母親を返してあげられない。

(東京原告13番の妹)

[PR]
by kanen-relay | 2006-10-22 00:00 | 東京から
10月7日の町田の肝炎患者会にて
 去る10月7日、町田の肝臓友の会へ裁判の報告と東京判決へむけて支援のお願いにあがりました。

 町田の患者会は、いつも熱心に裁判を傍聴に来てくださる方もいて、参加者の皆さんは今度の裁判の行方に関心を抱いていました。

 肝炎患者全体への恒久対策の内容を説明し、恒久対策要求に関するアンケートを実施すると、高額な治療費の軽減を求める声とともに「国民病なのになぜ国は応援してくれないのか。」「患者は病気は進行します、早く救ってください。」という国や政治の動きに対する不満が相次ぎました。

 また質疑応答では、出席者から、「裁判で、どこまで勝てると思っていますか。」という直球の質問から、「(原告は)私たちの代表者として闘っているという思いで応援しています。」という嬉しい声、「カルテがなくて原告になれない私たちも救済して欲しい。」という切実な声もあがりました。

 ハンカチ、署名用紙、ハガキを患者会へお預けして当日出席できなかった会員の方にもご協力をお願いしました。多くの肝炎患者さんに裁判への関心をもってもらい、肝炎患者全体の救済を目指すこの運動を大きなものへと育てていけるように頑張りましょう。

(東京弁護団・篠原)
[PR]
by kanen-relay | 2006-10-14 00:00 | 東京から
10月5日 厚生労働省への抗議の国会内集会
今日は,薬害肝炎,原爆症,トンネルじん肺の各訴訟の原告団・弁護団が共同で,国会内集会を行いました。
最高裁判所で全面勝訴判決を勝ち取ったB型肝炎弁護団からも奥泉弁護士が出席されました。

この集会は,各訴訟で連戦・連敗しながら,被害者である原告に会いもせずに控訴をし続けている厚労省の姿勢は問題ではないか,ということで呼びかけられたものです。

集会のなかでは,
(原告に)会わない,(原告の声を)聞かない,(政策を)変えない,(原告らを厚労省の敷地内に)入れないという,「4ない方針」はそれまでの対応と比べて明らかな後退であり,それを実践している厚生労働省の態度は倫理的に問題である。

訴訟で法的責任があると指摘されながら,それに対応する措置をとろうとしないダブルスタンダ-ドの姿勢は,三権分立原則に反するものだ。

という指摘がなされました。

自民・公明・民主・共産・社民の各党から,現職の国会議員・議員秘書が30人近く集まり,それぞれに力のこもった発言をして下さいました。

各党の議員が「党派を超えてこの問題に取り組みたい」と言っていたことが大変印象的でした。

 この集会を通じて,一方には刻々と迫ってくる死を意識しながらたたかっている原告・被害者がおり,他方では人的・経済的に体制を強化してでも何とか責任を逃れようとしている厚生労働省がある,という構図が浮彫りになりました。

そんなことしかしないのであれば一体何のために厚生労働省はあるのだろうという素朴な疑問と,国民の生命を守るという本来の仕事を果たさせなければならないという熱い思いがこみ上げて来ました。

(東京弁護団・田中)


集会に出席ないし代理出席いただいた議員の先生方、
誠に有難うございました。

【ご出席いただいた議員】
  阿部とも子(衆 社民)、岡崎トミ子(参 民主)、小川友一(衆 自民)、
  笠井亮(衆 共産)、加藤 公一(衆 民主)、郡和子(衆 民主)、 
  小宮山洋子(衆 民主)、下田敦子(参 民主)、園田康博(衆 民主)、
  田名部匡代(衆 民主)、仁比聡平(参 共産)、福島みずほ(参 社民)、
  保坂展人(衆 社民)、 山井和則(衆 民主)

【代理出席いただいた議員】
  家西悟(参 民主)、大田昌秀(参 社民)、木原誠二(衆 自民)、
  桜井充(参 民主)、清水清一朗(衆 自民)、仙谷由人(衆 民主)、
  辻泰弘(参 民主)、寺田稔(衆 自民)、原口一博(衆 民主)、
  福山哲郎(参 民主)、柚木道義(衆 民主)、渡辺孝男(参 公明)


なお、10月5日毎日新聞報道によると、厚労事務次官は同日、「お話を聞くことは大切だと思っている。」と回答したとのこと。
[PR]
by kanen-relay | 2006-10-06 00:00 | 東京から
10月5日 厚生労働省への抗議の共同声明
 厚生労働省への抗議の共同声明

 私たちは、いずれも厚生労働省の所掌事務(薬事行政、被爆者援護行政、労働安全衛生行政)に関して、国ないし厚生労働大臣を被告とする集団訴訟を提訴し、複数の地方裁判所判決において勝訴判決を得た原告弁護団である。

 この間、私たちは、勝訴判決に基づき、厚生労働大臣に対して解決に向けての話し合いを申し入れたにもかかわらず、厚生労働大臣及び担当部署は、原告団・弁護団との協議・面談の要請をほぼ全面的に拒否した。厚生労働省は、それぞれの事件の被害の深刻さと早期解決の必要性を何ら顧みることなく、機械的に控訴することを繰り返している。

 その一方、本年8月27日付読売新聞朝刊によれば、国は厚生労働省を所掌とする事件の相次ぐ敗訴に対し、被害者救済と政策転換を図るのではなく、訟務の人的物的体制の強化に乗り出すとのことであり、被害者に対する誠意ある姿勢のかけらもないと言わざるを得ない。

 このような厚生労働省の「被害者無視・問題先送り」の姿勢こそ、各事件において被害を発生・拡大せしめた最大の原因である。私たちは、事件の教訓から学ばない厚生労働省に対し憤りを禁じ得ないだけではなく、被害発生の構造が現在もなお続いていることに深い憂慮を覚える。

 私たちは、厚生労働省に対して、被害者である原告らの要請に応じて協議の場を設けることを改めて強く求める。また、厚生労働省の不当な姿勢を糾弾するとともに、各事件の全面解決を早期に実現するため相互に協力,共同していくことを、ここに宣言するものである。

  2006(平成18)年10月5日

    薬害肝炎全国弁護団
    原爆症認定集団訴訟全国弁護団連絡会
    全国トンネルじん肺根絶訴訟弁護団
[PR]
by kanen-relay | 2006-10-05 00:00 | 薬害肝炎資料室
薬害肝炎のビラを配りました☆
9月24日、仙台の支援する学生の会、いよいよ行動し始めました!
まずは出来ることからということで、街頭でビラ配り!

集まってくれた学生、弁護士の先生のおかげがあって、なんと800枚、配りました☆
もらってくれる人、くれない人、様々でしたが、
手にしてくれる人がちょっとずつでも増えるように、
続けていきます!

来週も配ります。
頑張りましょう☆

(薬害肝炎を支える仙台学生の会・佐藤はるか)

※ 写真は、街頭でビラ配りをする学生の皆さんです。

d0081819_23251763.jpg

d0081819_2326358.jpg

d0081819_2326227.jpg

d0081819_23263562.jpg
[PR]
by kanen-relay | 2006-10-03 00:00 | 仙台から
10月2日 肝炎対策に関する地方議会決議
皆さんもすでにご存じのように、この裁判では、薬害肝炎被害者の早期解決と、B型、C型ウイルス性肝炎の治療体制の確立を求めています。

この目標は、皆さんにとって「他人事」ではありません。
「薬害」は交通事故と同じように、いつ、誰が被害に遭うか分かりません。
今朝飲んだサプリメントの錠剤が、実はあなたに重大な副作用を起こすかもしれないのです。

また、日本には約200万人のC型肝炎患者と、約150万人のB型肝炎患者がいます。
そして、1年に約3万人、1日にの肝炎患者が肝癌で死亡しています。
ウイルス性肝炎は、まさに「国民病」であり、この国民病の治療体制の確立は急務なのです。

この薬害肝炎裁判は、極めて重大な社会問題を社会に問いかけています。
これに呼応するように、国民により近く、より国民の苦しみを理解している地方議会が、国に対して、薬害肝炎被害の早期調査や肝炎治療の早期確立を要求する意見書を、衆参両議院や内閣総理大臣等に提出し始めました。

私たちが把握しているだけでも、東京都長野県・愛知県・名古屋市・大阪府岸和田市・京都府福知山市で意見書が採択され、今年の9月議会で、さらに数多くの地方議会で意見書が採択される見込みです。

今こそ、全国350万人の肝炎患者の声を、全国1000万人の肝炎患者の家族の声を、
そして、全国1億2000万人の肝炎患者の友人の声を、
この地方議会の意見書に乗せて、続々と国に届けるべき時期ではないでしょうか。

薬害肝炎問題は、「他人事」ではないのです。

(大阪弁護団・西原)

【参照条文】
地方自治法第99条
 「普通地方公共団体の議会は、当該普通地方公共団体の公益に関する事件につき意見書を国会又は関係行政庁に提出することができる。 」

憲法16条
 「何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。」

地方自治法第124条
 「普通地方公共団体の議会に請願しようとする者は、議員の紹介により請願書を提出しなければならない。 」
[PR]
by kanen-relay | 2006-10-02 00:00 | 大阪から